自分ではじめる老後でも儲かる在宅仕事の成功術!

今はやりのプチ起業やビジネスで稼ぐ!年金に頼らない貧乏脱出儲ける方法を紹介しています!

DIYバイオ遺伝子変革ゲノム編集は世界を変える発明となるのか?

FC2 トラックバックテーマ:「推し活してる?」
ステーキの味がするトマト? ビールが光る? 開発しているのは市民たち。
今、高度なバイオテクノロジーを使って、発明に手軽に挑む動きが、世界で
広がっています。 愛犬の遺伝子を操作して、病を治そうとする人も…。

愛犬家は、言う。 “遺伝子を変えるコストが、随分安くなったので、これまで
出来なかった事も、出来るようになったのです”

遺伝子組み換えに、ゲノム編集。 技術がオープンになり、費用も格段に安く
なったことから、趣味として楽しむ人たちが増えているのです。

中学生の男の子は、言う。 “遺伝子変革は、ブロック遊びのようなものさ…”
世界を変える発明が、生まれるかも知れない…。 ビジネスの面から、早くも
期待が集まっています。

投資会社の役員は、言う。 “非常に大きな産業になると思っています。
バイオにおけるアップルやマイクロソフトみたいな会社が、今、もう、すでに
生まれているのかも知れません”

バイオ技術を、 Do It Yourself 手作りで! その先に、どんな世界が待って
いるのでしょうか?

都内で定期的にミーティングを行う一風変わった趣味のサークルがあります。
メンバーは、生物好きの高校生や会社員など、およそ40人。

挑んでいるのは… “自宅で肉を培養する方法を、そんな事をやっています”
自分たちで、動物の細胞を培養し、人工の食用肉を作ろうというのです。

世界の研究者たちが取り組んできた、この技術。 その味は? “本物の肉
みたい”牛の筋肉から取った幹細胞を、再生医療の技術を使って増やします。

生き物を殺す事なく、食肉を作り出せる、画期的な技術です。 これを自宅で
実践しようというのが、サークルの目的です。

メンバーの1人、外資系のコンサルティング会社に勤務している女性です。
“ここのスペースが、私の実験スペースで、ここの中で今、細胞を培養してる
ところです” リビングで鶏肉の細胞を培養。 毎日、その成長を見守るのが、
何よりの楽しみです。

“細長い線みたいなところが、生きた細胞です。頑張って、のびのび育とうと
生きようとしているのが、健気でカワイイです”

培養に使う器具は、ネットで買い集めたり、自分で作ったものです。 例えば、
この扇風機、細胞を取り出す遠心分離機の代わりです。 SFの世界を実現
するような気分を味わえるのが、魅力だといいます。

“単純に、未来のある事を、やってみたいなとか、未来を実現するために、
そういう活動をしてみたいなって…”

今、こうしたバイオテクノロジーを、趣味として楽しむ人が増えています。
日曜大工のように、気軽に楽しめる事から、Do It Yourself (DIY) バイオと、
呼ばれています。 DIYバイオが世界で最も進んでいるのが、アメリカです。

ニューヨークで会社経営をする、この男性も、5年程前からDIYバイオの魅力に
取りつかれたといいます。  “僕の実験室へ、ようこそ!”

趣味で自宅に作った、この実験室。 ここで、この世に存在しない植物を、
次々と生み出して来たといいます。 “牛肉に、最も多いタンパク質のミオグロ
ビンです。私は、これを、トマトに入れました” 変わった形の、このトマト。

牛肉の遺伝子が組み込まれていて、ステーキの味がするといいます。
今、取り組んでいるのが、自然界には存在しない、青いバラの花。 青い貝が
持つ遺伝子を、バラに組み込もうとしています。

駆使するのは、遺伝子改変の技術です。 生物の情報が詰まった遺伝子。
1つ1つの複雑な配列が色や形等、その生物の特徴を決めます。この男性は
コンピューターで、遺伝子の構造を解析。 特定の遺伝子を探し出します。

そして、それを切断。 そこに全く別の性質を持つ遺伝子を、外から組み込む
事で、自然界に存在しない植物を生み出すのです。

部屋から持ち出さない限り、アメリカでは、個人が行なっても違法ではありま
せん。 この技術を、男性は、全て、インターネットで学んだといいます。

“生き物の遺伝子を書き換える偉大な力を与えられた気分です。完全にハマ
りました。もっと色んな事を知りたいし、新しい技術にも挑戦したいと思います”

DIYバイオが、急速に広がった理由。 それは、2000年代に入り、生物学が、
より手軽になった事です。 テクノロジーが進歩して、早く、安くできるように
なった遺伝情報の解読。

例えば、ヒトの遺伝情報の解読にかかるコストは、この17年で、8万分の1に
まで下がりました。

遺伝子を扱う人が増える事で、実験に使う器具の価格も下がりました。
遺伝子改変ができる、このキットは、159ドル出せば、誰でも買えます。
こうした事が、DIYバイオを楽しむ人々の裾野を広げて来たのです。

中学生の男の子は、言う。 “遺伝子変革はブロック遊びのようなものさ…
好きな様に変えられて、色々な事を学べるんだ”

そして去年、ついに、こんな人まで現れました。 “私たちは、死ぬまで同じ
遺伝子である必要はないのです”筋肉の成長を促す遺伝子を、自分に注入。

その様子を、インターネットで公開したのです。 実験の目的は何なのか?
本人を直撃しました。 カリフォルニア州に住む、37歳の男性です。

生物化学の博士号を持っていて、遺伝子改変の実験器具を製造・販売して
います。 “ここが、注射したところです…”

自分の体を使った遺伝子実験は、今の所、特に法律で規制されていません。
半年以上経った今、目立った効果や副作用は、確認できないといいます。

なぜ、実験をしたか尋ねると…。 “僕だって、バカじゃない!本当に筋肉を
つけたければ、ジムに通えば良いのは分かっているよ!人の遺伝子が、
いかに簡単に操作できるか、世の中に伝えたかったんだ!”

以前から男性は、治療法がない難病に苦しむ人たちが多くいる事に、胸を
痛めて来ました。

筋ジストロフィーの患者は、言う。 “筋ジストロフィーは、私の体の筋肉をむし
ばんで行きます…お医者さんには、さじを投げられました…”

生物化学の博士号を持っている男性は、言う。 “彼女は遺伝子を変えて、
健康な筋肉を取り戻せないかと考えているんだ”

こうした患者の中には、遺伝子治療に希望を託す人も、少なくありません。
患者が自分の体を使って治療法を探す事も出来ると、男性は知らせたかった
といいます。
※ バイオテクノロジーの事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


“科学の力を使って、病気の治療法を、自分自身で探す事ができるかも知れ
ない。 自分の遺伝子を組み換える事で、なりたい自分になれる。 それが、
今の時代に実現するとしたら、凄い事じゃないか!”

過熱するDIYバイオ。アメリカの医学会は人体の遺伝子改変など、行き過ぎた
実験には、懸念を示しています。

アメリカ遺伝子細胞治療学会の会長は、言う。“専門的な裏付けのないまま、
個人がやみくもに実験を行う事は、リスクを伴います。予想できない副作用を
引き起こす可能性があるからです”

じつは、このDIYバイオを、日本でも体験できる場所が、でき始めています。
都心のビルの一角に、基本的なバイオ実験に必要な設備が揃う実験室が
ありました。

ここでは毎週、初心者向けの講習会や、植物の細胞を培養する実験などが
行なわれています。 リケジョじゃない私も、気軽に体験できました。

バイオクラブのマネージャーは、言う。 “バイオは、とても楽しいものなんだと
いう事を、発見できるような場所になったらいいかなと思います…”

こうした街角の実験室に集まる多様な人たちが、新しい時代を開くのでは
ないかと注目されています。

アメリカでは、DIYバイオを楽しむための団体が、すでに50以上あります。
こうした人々が資金を出し合い、共同で実験室を運営しています。

カリフォルニアにある、この施設。 月100ドルの会費を払えば誰もが、自由に
本格的な機器を使う事ができます。

学校帰りという、15歳の高校生もいました。 “人工血液を作っています。
ユーチューブで作っている動画を見て、もっと良い方法があるかも知れない
と、始めたんです…”

他にも、会社員や主婦などが気軽に立ち寄ります。 こうした場所から世界を
変えるDIYバイオが生まれるのではないかと、期待されています。

DIYバイオを推奨する人は、言う。 “これは革命です!もっと多くの人に、
この革命に参加してもらわなくてはなりません!”

共同実験室の普及を後押しして来たのは、科学を解放し、政府や企業には
できない、新しい変革を起こそうという、オープンサイエンスの動きでした。

“情報をオープンにして、誰もが利用できるようにする事が重要です!
世の中の問題を解決する生物学を、みんなで作るのです!”

オープンサイエンスが、実を結び始めているケースがあります。 病の治療に
欠かせない薬を、市民の手で製造しようというものです。

研究を始めたのは、IT関係の仕事をする男性で、13年前から糖尿病を患って
います。 毎日打つインスリンの費用に、悩まされて来ました。

“月500から600ドル(5万円~6万円ちょっと)は、払っています。アメリカでは
保険に入っているか、金持ちでないと、インスリンを買う事ができません。
インスリンを買えず、亡くなる人までいるのです”

糖尿病の治療に欠かせないインスリンは、一般的に、微生物を利用して製造
します。 人間の体内でも作られるインスリン。

それを生み出す遺伝子を微生物に組み込みます。 その微生物を増殖させて
精製するのです。 インスリンの製造技術は、大企業が独占しており、価格が
下がらない要因になっています。

自分たちで、安く製造する方法を探し、世界中に公開したいと考えた男性。
3年前、ネットで呼びかけたところ、寄付や協力の申し出が相次ぎました。

技術者や元大学院生など、さまざまな経歴を持った人が知識や人脈を生かし
ながら、研究に当たっています。 数年以内には各国の安全基準をクリアして
技術を公開したいと考えています。

IT関係の仕事をする男性で、13年前から糖尿病を患っている人は、言う。
“誰でも作れる手軽な技術を生み出すのが、私たちのモチベーションです。
人類は、これまで、必要なものは、何でも自分自身で作って来ました。
それはこれからも変わりません。 明るい未来を作る最善の方法なのです”

こうした市民が自由に使えるDIYバイオの実験室。 今では、世界中に作られ
ています。

アメリカの研究機関の調査によりますと、DIYバイオを運営する団体は、
アメリカ以外にも、ヨーロッパに55、アフリカに4、オセアニアに9、北米に62、
中南米に16、アジアには22など、世界に168あります。

こうした動きの中から今、社会に貢献する共同プロジェクトやイノベーションが
次々に生まれています。

一方で、多くの人にオープンにすることで、例えば、生態系への影響とか、
出来たモノの安全性、またテロリストが生物兵器を作ってしまうような懸念は
ないのか?

そこは非常に重要な点で、実際、先進国でこういった事をやろうと思う時には
遺伝子の組み換え技術や、生殖細胞の扱い方、あるいは病原菌の扱い方に
関して規制があります。

そのため、ルールを順守する事が非常に大切ですし、ルールがどうやって
できたのかという経緯を学ぶ事が重要です。

また、リスクに関しては色々な面があり、安全面とか、倫理面とか、文化面等
いくつかのものがあるのですが大事なものは情報だと思っています。

こういったオープンに色々な情報がでてくるという事は逆にフェイクであるとか
信憑性のない情報がどんどん出て来る可能性もあるのです。

そこに、どう対応するかが非常に重要という事になってきます。ではオープン
である事と、リスクである事を、どう両立させれば良いのか?

特に、フェイクが混ざりやすい情報のリスクを避けるためにも、オープンサイエ
ンスでシェアする文化というものを積極的に利用して、そこで議論を深めて行く
という事が、実際にものづくりなどと一緒にタイアップして、連動することが、
今後につながるかどうかが、かかってくると思います。

研究をどう進めるかだけでなく、どう使いこなすか、リスクも含めてオープンに
議論して行くことが重要で、そこに未来がかかっていると思います。

熱を帯びるDIYバイオ。 多くの人がオープンに参加する事で、これまでにない
アイデアが生まれる期待を感じます。

一方で、それが、安全で、本当に人々の暮らしを豊かなものにするために、
議論をオープンに高めて行く事も必要だと思いました。
※ バイオテクノロジーの事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


まるまると太った、このタイ。 今、注目の、ゲノム編集と呼ばれる技術で生み
出されました。通常のものと比べて身の量が1.2倍もあるマッスルマダイです。
生命の設計図である、遺伝子を操作して、誕生しました。

近畿大学水産研究所の教授は、言う。 “筋肉量を増やす事で、同じように
養殖して、たくさん食べられる。値段は下がります”

このゲノム編集食品、街の人は、どう受け止めているのでしょうか?
“安全だとなっているのなら、私は、ゲノム編集の方ですかね…”

“やっぱりタイは、日本人が好む魚なので、こういう事で少しでも安くなれば
いいんじやないですかね” “私は不安なので、通常の方ですね…”
“子供に、何か影響があるとと怖いので、普通のタイの方が食べたいかな…”

実は、タイの他にも、血圧を下げる成分を多く含むトマトや、アレルギー物質が
少ないタマゴなど、ゲノム編集食品の研究が相次いでいます。

最先端の技術で開発した新たな食品。 国は近日中にも、ゲノム編集食品の
販売を解禁すると決めました。 ゲノム編集食品は、安全なのか?

すでに販売されている遺伝子組み換え食品とは、何が違うのか?
皆さんの疑問に答えます。

そもそもゲノム編集食品は、どのように作られるのか? リポーターは、言う。
‘ここは、佐賀県の唐津市です。あちらの海沿いに見える建物が、今回、
私たちが取材する研究所です’

ゲノム編集を使った魚の養殖技術を開発している、九州大学の助教です。
実験場は、厳重に管理された建物の中にあります。

今回、特別にカメラが入りました。 九州大学大学院の助教は、言う。
“これが、ゲノム編集のサバになります”

‘私、今、初めてゲノム編集サバと対面しているわけですが、普通のサバと
ゲノム編集サバの違いが、見たところ全然、分かりません’

“はい。 姿・形は、普通のサバと全く同じで、我々が行っているゲノム編集は
サバの攻撃性を抑えようというものです”

実はサバは、強い攻撃性を持っています。 通常のサバの稚魚にエサを与え
ると… バシャバシャと飛び跳ねています。 “非常にアグレッシブですよね…”

この攻撃性のため、サバの稚魚は共食いをしてしまいます。 こちらは、その
瞬間を捉えた映像。 水槽で飼育すると、生存率は僅か1割。

これまで養殖は難しいとされて来ました。 そこで研究が進められて来たのが
ゲノム編集の技術です。 ‘この液体は、どんな役割をするものなのですか?’

“これは目的とする遺伝子を探し出して、そこにくっついて、遺伝子をチョキッと
真っ二つに切ってしまう。 いわゆるハサミの役割をするものなのです”

助教がハサミと呼ぶのは特殊な酵素です。 顕微鏡を使いながら、この酵素を
魚の受精卵へ注入して行きます。

すると受精卵の内部では、遺伝子に変化が起きます。 サバの遺伝子にある
攻撃性をつかさどる部分を、酵素がピンポイントで切断するのです。

すると、攻撃性が抑えられ、共食いをしにくい性質になるといいます。
まだ研究段階ですが、1割だった稚魚の生存率が、4割にまで上昇。
難しいとされて来た、サバの養殖の可能性を広げると、期待されています。

“日本や世界の水産の未来を救うかも知れない。そういった、すごいサバです
よね…まさに、革命と言ってもいい技術ですね!”

こうしたゲノム編集食品は海外から輸入される可能性もあります。日本以上に
開発が進むアメリカ。ベンチャー企業が、こぞって実用化に乗り出しています。

ベンチャー企業の開発担当者は、言う。 “この温室ではトウモロコシや大豆を
栽培しています。全て、ゲノム編集したものです”

通常より収穫量が多いトウモロコシや、ビタミンを多く含むベリーなど50種類に
のぼるゲノム編集食品を開発中です。

ベンチャー企業のCEOは、言う。 “ゲノム編集食品に不安を感じる人もいま
すが、直に受け入れられるでしょう。スマホの仕組みは分からなくても使いま
すよね?それと同じですよ!もちろん、日本にも輸出しますよ!”

ところで、遺伝子を操作すると聞いて、遺伝子組み換え食品を思い出した人も
いるのではないでしょうか?  この両者、一体、何が違うのでしょうか?

例えば害虫に強い遺伝子組み換えのトウモロコシの場合。 害虫を駆除する
タンパク質を作る、バクテリアに着目。 その遺伝子を組み込みました。

このように、遺伝子組み換え食品では、遺伝子を入れるのに対し、今、開発
されているゲノム編集食品では遺伝子を切ります。これが大きく違うのです!

違いは販売のルールにも。 新たに遺伝子を入れる遺伝子組み換え食品は
それによって人間に害を及ぼす事がないか?国の安全性審査を受ける事が
義務付けられています。

企業は成分解析や動物実験などを行い、アレルギーの原因物質や発がん性
物質等が新たに生み出されていない事を確認します。そのデータを国の食品
安全委員会に提出。厳格な審査を受けた上で許可を得る必要があるのです。

一方、今、開発されているゲノム編集食品は、もともとある遺伝子を切るだけ
だとして、今回、国は、安全性審査は必要ないと決定しました。

一体、なぜなのか? その背景には、遺伝子を切るという手法が、これまでの
品種改良で使われて来た事があります。

味がよく、病気に強い事で知られる梨。 ゴールド二十世紀も、遺伝子を切る
事で生まれた品種の1つです。 ここは、ゴールド二十世紀が作られた、実験
農場。 品種改良は、放射性物質を利用して行われました。

農研機構・放射線育種場の博士は、言う。 “この中にあったのです。線量の
大きさでいったら、88.8テラベクレルという、かなり大きな…ガンマ線を出す
線源(放射性物質)が、この中に入っていました”

実験農場の中心に設置されたタワーから出る放射線によって、作物の遺伝子
の一部が切られ、突然変異を引き起こしたのです。

“放射線による突然変異とゲノム編集では、変異の遺伝子が変わる仕組みは
同じ部分があるわけです。機能喪失というところで…長年の突然変異に関係
する食品を食べて来たという食経験もありますので、これまでのところ、何か
問題が発生した事は聞いていませんので…”

一方、ゲノム編集食品には、未知のリスクがあるという指摘もあります。

消費者団体のアナリストは、言う。 “ゲノム編集食品にはオフターゲットという
リスクがあります。食べ物の毒性やアレルギー成分が増えてしまわないか?
懸念しています”

オフターゲットとは、ねらった遺伝子を切るはずのゲノム編集のハサミが別の
遺伝子を切ってしまう事です。 これが起きると、どうなるのか?
※ ゲノム編集食品の事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


例にあげたのは、ジャガイモです。 日光にさらされると、ジャガイモは、毒を
生成します。 緑色に変色する事が、その印です。

もし、オフターゲットによって、緑色にする遺伝子が切断されてしまったら…。
毒が生成されていても緑色にならず、気付かずに食べてしまう恐れがあると
いうのです。

“ゲノム編集については、まだまだ解明されていない事がたくさんあるのです。
科学者の中には、ゲノム編集は世界を飢餓から救う!この技術には良い事
しかない!リスクなども全て分かっている!という人がいます。そうした人は、
まるで自分が神だと、勘違いしているように思います”

日本では近いうちに解禁される、ゲノム編集食品。 街のみなさんに聞くと…
“味とか、本当に食べても体に影響がないのか?”
“ゲノムというのが、よく分からないので… 全く知らないので…”

私たちの食卓に上る可能性が出て来たゲノム編集食品。 現在、開発されて
いるものが、養殖しやすいサバや血圧を下げる成分が多いトマト、アレルギー
物質が少ないタマゴなどがあるのです。

こうしたゲノム編集食品について、国は、1週間後から販売を解禁するとともに
そのルールを決めました。 そのポイントが、こちらです。 まず企業には販売
を始める前に、どういうゲノム編集をしたのか等、内容の届出を求める。

遺伝子組み換え食品には義務とされていない安全性審査、これは必要ない。
そして、こうしたルールは、輸入品についても同様に課せられるという事です。

専門家会議の委員としてルールの策定にも関わられた、明治大学の教授に
話しを聞いてみたいと思います。遺伝子を入れるのが遺伝子組み換え食品。

一方、今のところは切るだけのゲノム編集食品。 この違いで、安全性審査が
必要なのかどうかというのが変わって来るというわけです。切るだけとはいえ
ゲノム編集食品は、本当に安全なのでしょうか?

実は、これまでの品種改良というのは、天然の放射線などによって、ゲノムが
切れる事によって起こっているものです。

ですが、ゲノム編集というのは、これをピンポイントで起こす事によって、品種
改良のスピードをアップするというものです。 なので結局のところ、辛抱強く
品種改良すれば、いつかは取れるものしか取れません。

現状で、出回っている食品とリスクは変わらないと考えられるので、特段の
安全性審査は必要ないのではと考えています。

ただゲノム編集でも、遺伝子を入れるという事は原理的には可能ですよね?
将来的に、これが食品に使われるようになったら、どうなるのでしょうか?

実は、厚生労働省では、企業への届出を求める前に、事前相談のシステムを
敷いているので、まず、事前相談をしてくれ。

そこで、専門家の手によって、本当に安全性審査は必要ないのか? 本当に
品種改良に比べて、リスクが上がっていないのかをチェックします。

そして、安全性審査が必要ありと、遺伝子組み換えに該当するという事に
なれば、厳密な安全性審査を要求する事になるので、これで安全性は担保
できると考えています。

例えばゲノム編集で、遺伝子組み換えのように、別の遺伝子を入れる食品が
出た場合、それは遺伝子組み換えとみなして安全性審査をすると。

ここに至る前のチェックも、ちゃんとやりますという事ですね?そういうルールに
なっています。 今、話しに出た安全性審査について、海外では対応が分か
れているのです。

まずアメリカでは、従来の品種改良と区別できないとして、日本と同じように
安全性審査は必要ないとしています。 一方のEU=ヨーロッパ連合は、遺伝子
組み換えと同じ規制を適用すべきという裁判所の判断が、去年、出ました。
そのために、安全性審査は、必要という考え方なのです。

日本消費者連盟事務局長は、現状ではゲノム編集食品の販売には不安が
残ると主張されているわけですが、アメリカ、日本も同じですが、それとEUの
対応が異なっています。 これ、どう考えていますか?

私たちは、確かに販売に不安を持っていますが、基本にあるのは、そもそも
販売は反対という立場に立っています。 それはなぜかというと、EUでは、
予防原則という考え方をとっています。

これは、日本ではなかなか馴染みがないのですが、簡単に言うと、例えば、
白か黒か分からないモノがあったとすると、黒であれば規制するという事では
なく、グレーでも、それは規制すべきというのは、とても重要な考え方です。
日本も、その考え方を、とるべきだと思っています。

確か、懸念している事というのが、先ほどの話しにもあったオフターゲット、
狙った遺伝子ではない、別の遺伝子を切ってしまう事などをはじめとする
未知のリスクという事ですが、具体的にはどんな事を考えていますか?

ゲノム編集技術そのものがかなり新しい技術なのです。よって、まだ分かって
いない事がたくさんあると思っているので、まだ分かっていないモノを、食品に
適用して、それを流通させるという事に、私たちは反対していますし、懸念を
持っています。

しかも、なぜ、こそまで食べ物というモノに反対するかというと、私たちには
食経験がないのです。 そういったモノを食べるというのは、今の私たちの
体だけではなく、私たちの子供や孫などの未来の世代にも影響するとい事で
とても重要な問題だと思っています。

では実際に販売が始まると、どうなるのか?今年2月からゲノム編集食品の
販売が始まったアメリカを取材すると、消費者の立場から気になる点が見え
て来ました。 まず訪ねたのは、ゲノム編集食品を生産している農家です。

ゲノム編集した大豆を生産しています。食用油の原料として利用されています。
この大豆を生産する農家は急増し栽培面積はこの2年で30倍に増えました。

ゲノム編集大豆の栽培面積
2017年800ヘクタール、 2018年6800ヘクタール、 2019年22000ヘクタール

ゲノム編集した大豆を生産している農家は、言う。 “通常の大豆が8ドルほど
の時、ゲノム編集した大豆は、10ドルほどで買い取ってもらえます。収入が全
然違います” 肉厚のステーキに塗っている、この油。

この農家が栽培している、ゲノム編集した大豆から作られたものです。
油は、体に良いとされるオレイン酸が多く、酸化しにくいため、通常より3倍
長持ちするとされています。

油のラベルを見ると、書かれていたのは、Non-GMO、遺伝子組み換えでは
ないこと。 そして、オレイン酸が多い(High Oleic)という商品のメリット。

ゲノム編集食品である事は、書かれていませんでした。 実はアメリカでは、
ゲノム編集食品である事の表示は、義務付けられていません。
※ ゲノム編集食品の事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


消費者は、この商品が、ゲノム編集食品であるかどうか、ラベルから知る事は
できないのです。  街の人に聞いてみると…。

Q: 気付かずにゲノム編集食品を食べていたとしたら、どう思いますか?
“そうだったとしても、僕は別に気にしないよ! 死ぬわけじゃあるまいし…”
“私たちには、どんなモノを口にしているのか?知る権利があります”

食用油を開発した企業は、消費者への情報発信のあり方を、どのように考え
ているのか?  社長に話しを聞く事ができました。

“消費者はNon-GMO(遺伝子組み換えでない)の商品を求めています。この
商品はNon-GMOであり体にも良いと表示する事には何の問題もありません。
政府も、それで良いという立場ですし、弊社は正しい手続きをとっています”

では、ゲノム編集食品かどうか、知る術はないのか? この消費者団体では
企業に頼らず独自のやり方でゲノム編集食品の表示をしようとしています。

現在、アメリカでは、遺伝子組み換え食品も、表示の義務はありません。
そこで、スーパーの商品を独自に調査し、遺伝子組み換え食品でない事が
確認できた場合に、独自の認証マークを付けて来ました。

Non-GMOプロジェクト広報は、言う。 “このマークが付いていれば、遺伝子
組み換え食品ではありません。消費者にとっての安全地帯です”

この表示を、ゲノム編集食品にも拡大しようとしています。 そのやり方は、
商品の流通経路をさかのぼり開発したバイオ企業の特許を調べるというもの。

調査には、時間とコストが掛かりますが、こうする事で、消費者の選ぶ権利を
守ろうとしているといいます。

“ゲノム編集食品は、確かにNon-GMO(遺伝子組み換えでない)かも知れま
せんが、そう表示するのは消費者を欺く行為です。ゲノム編集食品が本当に
良い技術と考えるなら、表示をして消費者に判断を委ねるべきです”

日本でも、近いうちに、ゲノム編集食品の販売が解禁されます。 こちらは、
日本で最初に、ゲノム編集食品を販売するとみられる企業です。

開発しているのは、血圧を下げるとされる成分GABAを多く含んだトマトです。
国が決めた販売ルールでは、アメリカと同じようにゲノム編集食品である事を
表示する義務はありません。 どう対応しようとしているのか?聞きました。

最高技術責任者で筑波大学の教授は、言う。 “必要な情報を提供するという
意味ではゲノム編集食品です。ゲノム編集トマトですみたいな表示というのは
ありかなと…情報を知りたいという皆さんがいるのであれば、それは情報と
して、ちゃんと提供して行くべきだろうと思います”

いよいよ始まる、ゲノム編集食品の販売。 私たちのもとには、どのように
届けられるのでしょうか?

アメリカの現状を取材したリポーターには、どんな事が見えて来ましたか?

まずゲノム編集食品の生産というのが、取材に入る前に想像していた以上に
大規模に行われている、進んでいるなという風に感じました。 このままだと、
今後、日本にも入って来るだろうなと感じたというのが、率直な感想です。

2点目には、アメリカでもゲノム編集食品が表示されないという事についての
懸念が一定程度、大きいなと感じました。 先ほどの話しでもあったように、
民間の消費者団体が、表示を独自で行うという仕組み。

国の制度に頼らないという点で、注目される動きだなとも思いました。
ゲノム編集食品が、これから日本で流通して行く時に、やはり、表示が曖昧
だと、それを不安に感じる消費者の方も、出て来るだろうなとも思います。

表示するかどうか?という事なのですが、企業によって対応が変わって来て
いるようですね。

企業は表示するメリット、それとデメリットについて、考えていると思います。
メリットというのは、ゲノム編集による付加価値を、アピールする事ができる。
一方、デメリットは、不安を感じている消費者が、離れてしまうという事です。

メリット、デメリットの2つを天秤にかけて、表示する企業、表示しない企業とに
分かれると思います。

また収量がアップするというような、消費者に付加価値を、なかなかアピール
しにくい食品に関しては、表示をためらう企業も出て来る可能性があります。

遺伝子組み換え食品というものが出て来た時に、安全性審査や食品表示の
ルール作りが遅れました。 これによって、消費者には不信感というものが
残っているという風に思います。

ゲノム編集食品の開発企業は、ゲノム編集食品が、遺伝子組み換え食品と
同じだと消費者に思われる事を懸念しています。 なので、今は消費者の
受け止めを慎重に見極めている段階だと思います。

教授、なぜ、日本でも表示義務がないという事にしたのでしょうか?

それは、ゲノム編集の場合は、他の生物由来の遺伝子が含まれるわけでは
ないので科学的にゲノム編集か従来の品種改良か区別する事ができません。

分析しても、分からないものなのですか? はい、どうしても分かりません。
なので、義務化しても、実効性が担保できない。

つまり違反したものの、証拠を握る事ができないので、摘発する事ができない
というのが、大きな理由になっています。

ただ、やはりこれは、表示義務はした方が良いという考えは、あるのですか?

はい、ゲノム編集というのは新しい技術なので、これを皆さんに理解して頂く
ためには、開発した方々が、自主的にゲノム編集であるという事を表示して、
メリットを説明していただくのが望ましいと考えています。

一方、日本消費者連盟は、消費者にとっては、どういう事が望ましい状況に
なると考えていますか?

最優先されるべきは、選ぶ権利を保障するという事だと思います。 つまり、
食べたくなければ、食べなくて済むような、そういったためには、表示は必ず
必要です。

国は表示は義務化しないという事にしてしまいましたが、義務化にしてもらわ
なければ、私たち消費者は食べたくなくても避ける事ができない状況なのが
問題だと思っています。

ただ、なかなか科学的に区別できない現状があるわけですよね?

それについては、例えば社会的な検証という方法があり、これは流通・生産
段階をさかのぼって履歴を見る事によって、それがゲノム編集食品かどうか
分かるのです。

こういった、いわゆる社会的な検証ができるかどうかという事を、国の方でも
きちんと時間をかけて議論しいてないという事が非常に問題だと思ってます。

最後に、国や企業に望みたい事は、例えば、どんな事でしょうか?

ゲノム編集が、今、最先端の技術として、とても急ピッチで進んでいますが、
ゲノム編集という技術が内包するリスクというのが、日本では、ほとんど議論
されていないという事が、とても問題だと思います。

やはり、ゲノム、遺伝子をいじるという事は、非常に危険な事なので、きちんと
社会的な議論を作って行くという事が非常に重要ではないかと思っています。
※ ゲノム編集食品の事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


今回のテーマは、ズバリ、昆虫食!  ‘うん、おいしい!’
‘見た目は、ちょっと抵抗ありましたけど、食べられるものだなと思って…’

今、昆虫は世界中が注目する、スーパーフード! アメリカでは、昆虫料理の
パーティーが開かれたり、フランスでは、昆虫をトッピングしたお菓子が発売。
日本でも、ひそかなブームに!

世界が昆虫食に注目するキッカケとなったのは、2013年、国連食糧農業機関
が出した報告書です。 2050年には人口が90億を超え、深刻な食糧不足に
陥り、家畜生産による環境負荷も、大きくなると指摘。

その課題を解決する一手として、昆虫食の可能性を提示したのです。
でも、どうして昆虫なの? 実は、昆虫は栄養価が高く、しかも超エコな方法で
タンパク質を作り出せるのです!

昆虫の持つポテンシャルに、科学者たちも大注目! ゲノム編集による品種
改良や、魚のエサとして利用する研究が始まっています。

“昆虫の可能性は、無限大である。昆虫で地球を救って行く”

もう、ムシできない! 世界の未来を救う、昆虫食の魅力に迫ります!

ムシ… できませんか? アハハハッ。 ええ。 考えていきましょうよ。
ちょっと抵抗あるのですが…。 今回、用意しました。 はい、目の前に、多種
多様な。 こちら側は、もう、ちょっと、形がそのままで…。

これは、スズメバチとコオロギです。 あ~、盛り合わせですね…。 こちらの
お皿は、これも昆虫のものなのですか? こちらのクッキーは、コオロギの
粉末状のものを使っているそうです。

まぁ、ただ、抵抗感というのは、やっぱり、ありますよね? そうですね。
ありますが、世界を救うというところまで、言ってましたからね。

そうなのです。 皆さんもきっと、見え方が変わってきますよ。 そうですかね。
という事で、食べ物としての驚きの実力を見てみましょう!

30年以上、フタホシコオロギの研究を行って来た徳島大学。 そのノウハウを
生かし、6年前に食用コオロギの研究に乗り出しました。

今、世界に先駆けて挑戦しているのが… 
“コオロギは、エビ・カニアレルギーと同じ、アレルゲンを持っているのです。
除去して行かなければ、全世界の人が食べられる状況にならない”

アレルゲンのないコオロギを作る、品種改良です。 そのために用いるのが、
ゲノム編集技術。 ゲノム編集とは、DNAの特定の場所を狙って切断し、
生物の元の性質を変化させる技術です。

この研究室では、編集を行う酵素をコオロギの受精卵、1つ1つに注入。
特定の遺伝子が働かなくなるような、ゲノム編集を行います。

コオロギでのゲノム編集技術を確立するため、まずは、比較的、操作しやすい
目の色を変える事に取り組みました。 目には、赤から黒になる色素があり、
黒にするための遺伝子を働かなくしたのです。

見事、成功! 赤目のコオロギが生まれました! しかしアレルゲンの除去は
こう容易ではありません。 原因となるのは、トロポミオシンというタンパク質。

そのアミノ酸配列の、どこを変化させればよいかは、既に突き止めていると
いいます。 ただ、トロポミオシン自体は、生存に関わる重要な物質。 本来の
機能を失わないよう正確に狙った部位だけを変化させる必要があるのです。

まず、目指すのは、低アレルゲン化。 誰もが食べられるコオロギを作るため
1つずつ、着実に研究を進めています。

この、全世界の人が食べられる状態にするというのに、ここまで情熱を燃やし
てる方が、いるとなると… 昆虫食は、リアルなのですね。

徳島大学は、他にも、栄養価を高めたり、生産効率を上げるような品種を
作ったり、色んな面で、品種改良を行っているみたいです。

Q: 昆虫食が実際に、世の中に、ゴー! みんなで、やろうってなるのって、
どれぐらいのイメージで、思ってるといいですか?

“そうですね。もう10年以内には、人々が口にしているのではないかと期待し
ています”

そんなタイムスケジュールで、どんどんメジャーになって行くのですね。

“そうですね。もう既に、さまざまな企業が参入していますし、ムーンショット・
プロジェクト(ムーンショット型研究開発制度→重要な社会課題に対し、挑戦的
な研究開発を推進する内閣府主導の大型研究プログラム)といった国家事業
が走っておりまして、その中の1つが、この昆虫食のプロジェクトです”

はぁ~、そうか… これだけ全部そろってて、優秀だとなると…。
食べてみますか?  食べ…させてもらえますか?
ちょっと、とても、いい機会を頂いたので、トライしてみます!

という事で、昆虫食を、ご用意しました。
まずは、クッキーの方を頂きます。 すごく美味しいです!
今、分かったけど、虫の姿が見えてなくて味付けが美味しければ、その中に
ある機能は最高なのだから、何も嫌な事はないです。

問題は… 虫の姿のままの… こっちですよ。
“これはローストだと思いますけど非常に濃厚な味に仕上げたコオロギです”

う~ん… 姿を見ないようにして食べると… うん、美味しい。 濃厚な、いい
香りが… え~?

“やはり虫は、フレッシュな状態で調理したものというのが、とても美味しいの
です”  Q: コオロギは、どうやって食べるのですか?

“竜田揚げが非常に美味しくて。 これは、私の学生が開発したレシピです”
お~、虫にもフレッシュさが大事なのですね。  “とっても重要ですね”

“やはり見た目は、どうしてもハードルが、最初、あるかも知れません。食べて
みて美味しいとなると、だんだん変わって行くのかなと思いますので、既存の
家畜を食べずに虫を食べましょうではなくて、いろんな食材の1つに、虫という
カテゴリーが入る事で、より食が豊かになるのではないかと期待しています”

でも昆虫は、私たちのおなかを満たすだけではありません。 昆虫で、海の
資源を守ろうという研究も始まっているのです。
※ ゲノム編集食品の事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


天才ピアノ少女。 コンクールでは、いつも賞を総なめ。 でも、その才能は、
ゲノム編集でつくられたものだった…。

‘お母さんは、才能なくて諦めちゃったけど、あなたが夢を叶えて’
“うん…私は、そうやって作られた。私の夢は、ママの夢”

何で、こんな話をするのかというと今、実際にゲノム編集という技術が食品や
医療など、あらゆる分野にイノベーションを起こしていて、近い将来、人間の
ありようを一変させてしまうかも…? という、スゴイ話なのです!

いきなりですけど、ちょっと、これ見て。 マッチョなキン肉マンに、鯛の顔?
これは肉厚マダイ。 マッチョだね~。 実はこれ、2021年に、世界で初めて
販売された、動物性のゲノム編集食品。

マダイの遺伝子を操作する事で、食べられる部分を、通常の1.6倍に増やした
というものです。 他にも、成長速度が1.9倍のトラフグなんてものも。 これを
可能にしたのが、クリスパー・キャスナインといわれるゲノム編集技術。

何万年かけ、自然界で偶然起こる進化を、僅か数時間で、人の手で、狙い
通りに起こす事が出来てしまうという、ノーベル化学賞を受賞した、驚異的な
技術なのです。

今や医療分野でも研究が進んでいて、テキサス大学などのチームは、筋ジス
トロフィーの犬を治療する事に成功。

更にゲノム編集でマラリアを媒介する蚊を激減させるプロジェクトや、ネズミの
臓器をヒト化させて新薬の開発に役立てる研究、ジュラシック・パークみたいに
マンモスを復活させる計画も進行中で、その裾野は広がり続けている。

世界が注目する、この技術は、2028年には市場規模は2.5兆円に達すると
予測されているそうです。

一方で、アメリカのユーチューバーがゲノム編集による人体実験をライブ配信
したり、中国の研究者がデザイナーベビーを誕生させたりと、すごすぎるけど、
ちょっとヤバそうな、ゲノム編集の世界。

実際、安全なの?倫理的な問題は?知りたい事は、いっぱいありますよね?
でも、この技術を知れば、人体の神秘に気付けちゃったり、諦めていた病気に
希望を見い出せちゃったり、とにかく世界の見え方が変わってしまうという話。

え?それって今からでも見た目や能力を変えられるって事?まぁ、ゲノム編集
なら、できちゃうかも? なんですよ! 実は、このゲノム編集、ものすごーく
難しいから、これだけは知っておいてほしいという話を、させてもらいます。

生物は、無数の細胞からできていて、1つ1つの細胞の中にDNAが入っている
のです。 そこには遺伝情報が刻まれていて、その1つ1つが、僕らの容姿や
能力・性格などを決定しているのです。

その遺伝情報の総体をゲノムと呼び、ピンポイントで改変してしまうのが、
ゲノム編集。 人間の場合、30億もの遺伝情報があるというのだから、めちゃ
くちゃミクロな世界の話だよね!

この世界で革命を起こした1人が、フランス人の微生物学者。30代の時、無名
の微生物学者だった彼女は研究室を転々とする冴えない生活を送っていた。

そんなある日。 細菌の免疫システムを研究していた彼女は、細胞の中に、
あるものを発見する。 それはトレイサーRNA。 これが後の革新的な技術に
つながって行くのですが、これが、どれだけスゴイ事なのか!

細菌の免疫システムを、マフィアと警察の攻防という設定で、お伝えします。
ここは細菌シティ。常にウイルスという色んなマフィアたちから狙われている。

でもマフィアたちが来たら、警察も応戦。 血で血を洗う泥沼の戦いが続いて
いた。 警察側で、唯一、殺しのライセンスを持っていたのが、キャス。

この暴れん坊刑事が、マフィアをズタズタに切り裂き、体の一部を回収。
クリスパーと呼ばれる保管庫に、ファイリングしているのです。 このファイルの
分析官が、クリスパーRNA。

次にマフィアが侵入して来た時には、彼が保管庫のファイルから、マフィアが
何者か特定。 キャスを呼びつけ、現場に向かおうとするのです。 ところが、
気難しいキャスは、パトカーに乗ってくれない。

そこで登場するのが、トレイサーRNA。 彼は、キャスとクリスパーRNAを
パトカーに押し込み、3人で現場に急行。

そのマフィアを発見すると、キャスがズタズタにして、排除するというワケ。
これまではキャスが、どうやって標的まで向かうのか分かっていなかったが、
微生物学者がトレイサーRNAを発見した事で、この仕組みが解明されたのです。

この免疫システムに気付いた時、彼女は、1つの仮説を立てた。 この細菌の
習性を、人や動物にも応用できるのではないか?と。

つまり、ガイド役のクリスパーRNAの持つファイルに、切り取りたい遺伝子の
情報を人工的に書き込めば、あらゆる生物の遺伝子をカットして、見た目や
能力を変える事ができるかも知れないと、考えたワケ。

その後、彼女は、アメリカの構造生物学者と共同研究を開始すると、僅か、
1年半で、この仮説を証明。

更に、クリスパーRNAとトレイサーRNAを一体化させた、ガイドRNAを作成し、
より正確に、早くゲノム編集ができるシステムを開発した。

クリスパー・キャスナイン(CRISPR-Cas9)と名付けられた、この技術は、
これまで数年かけて行われていたゲノム編集を、僅か数週間で誰でもできる
汎用性の高い技術に激変させたのです。

2020年に、彼女たちは、見事、ノーベル化学賞を受賞。 この技術は、我々、
人類の進化を大きく変えるだろうと、高い評価を受けた。

実際、クリスパー・キャスナインは、医療や農業・エネルギーなど、あらゆる
分野で応用され始めている。 中でも私たちに身近なのが、ゲノム編集食品。

2021年9月。 日本のベンチャー企業が、世界で初めて、動物性ゲノム編集
食品の販売を開始。

どこがスゴイかというと、受精卵の段階で、ミオスタチンという筋肉細菌の
成長を抑える働きがあるDNAをカットするのです。 すると、通常の8割程度の
餌で、最大1.6倍も大きく育つ、マッチョなマダイになったのです。
※ ゲノム編集の事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


こんな風にゲノム編集を使えば、資源を節約できるから、環境に優しいし、
大きくて成長が早いから、食糧不足の解決にも役立つと期待されている。

それ以外に農作物では、トマトをゲノム編集し、血圧の上昇を抑えるGABAと
いう成分を、通常の5倍から6倍含ませ、販売している。

ゲノム編集は、健康促進にも役立つというワケ。 でも、安全性は、どうなの?
と思いますよね? それを理解するため、従来の品種改良・遺伝子組み換え・
ゲノム編集。 この3つの食品改良の方法を比較してみると…。

まずは、従来の品種改良。 これは、農家の人がやっているような手法で、
例えば、イチゴを交配させて、その年に採れた1番、美味しいものだけを選び、
人工的に繁殖させる、やり方。

続いて、遺伝子組み換え。 本来、その生物が持っていない遺伝子を外から
組み込んで、食品を改良するというもの。

そして、ゲノム編集食品。 これは、もともと、その生物が持っている遺伝子を
ピンポイントでカットし、変異を起こすというもの。

日本では厚生労働省に届け出を出せば、安全性検査は必要なく、表示義務
もないそうです。 実際、どうなのでしょう? 教授に聞いてみました。

“ゲノム編集は、遺伝子組み換えのように、外から遺伝子を組み込むのでは
なくて、たくさんの遺伝子の中から、狙った遺伝子だけに変異を起こす。
ある意味、従来の品種改良で作られて来たような作物よりも、より安全性が
高いといえるかも知れません。ただ、ごくまれに、狙った遺伝子以外を傷つけ
てしまう事がある。そういった意味からも、消費者の知る権利を守るうえで、
表示義務が必要だという意見もある”

慎重な対応を求める声もあるのですね。 世界に目を向けると、その対応は、
さまざま。 EUは、ゲノム編集食品を厳しく規制しているし、アメリカも農作物は
OKだけど、家畜など動物性の食品に関しては、FDAが厳しい審査が必要だと
している。 でもゲノム編集への期待は高く、意外な分野でも活用されている。

その1つが、感染症対策だ。 例えばアフリカでは、マラリアを撲滅させるプロ
ジェクトが進んでいる。 マラリアは世界で年間2億人以上が感染し、60万人
以上が死亡しているという、世界最強レベルの感染症。

最近、厄介な事に、マラリアを媒介する蚊が、殺虫剤の耐性を持ち始めて、
手に負えなくなって来たそう。 そこで使う技術というのが、遺伝子ドライブ。

どうやるのかというと、まず蚊の性発達に関係するダブルセックスと呼ばれる
遺伝子を改変し、生殖能力の低い蚊を作った。

生物は両親からDNAを半分ずつ受け継ぐから、通常、その変異が子孫に伝わ
る確率は、50%。 世代を経るごとに、変異は、どんどん薄まって行くよね。

でも遺伝子ドライブを使えば生殖能力の低い遺伝子が100%子孫に伝わって
行くというワケ。 そうやって、激減させてしまおうという事です。

地域社会などから理解されれば、将来的に実現する可能性があるそうです。
スゴすぎるでしょ? でも、まだ驚いちゃダメ! ゲノム編集なら、生物を復活
させる事も出来てしまう?

2021年9月。 ハーバード大学の教授が率いるベンチャー企業が、マンモスを
復活させて、北極のツンドラ地域に放つという計画を発表。

アジアゾウのDNA配列が99.6%、マンモスと一致している事から、残り0.4%を
書き換えて復活させるそう。 遅くとも5年から10年以内には、マンモスを見る
事ができるだろうというのだから、ビックリだよね!

一方で、遺伝子ドライブやマンモス復活計画には批判の声も。 人間のエゴで
生物を激減させていいのか?とか生態系に悪影響を及ぼすのではないか?
とか、いろんな意見がある。

そんな中、ゲノム編集技術は医療にも応用され始めている。 アメリカのペン
シルベニア大学の博士は、ある患者のがん細胞を50%縮小する事に成功。

更に研究が進めばゲノム編集で、がんを根治できるのではないか?と、期待
されています。 でも、ちょっと信じられない話もあります。 それは今、アメリカ
を中心に広まっている、DIYバイオ。

大腸菌などをゲノム編集する遺伝子工作キットを使って自宅で手軽に実験を
行う人が増えているというのです。

遺伝子工作キットを販売する会社のCEOが、自分の体にクリスパー・キャス
ナインを注射し、筋肉量を増やすという人体実験をユーチューブでライブ配信。
これをマネして、映像をアップする人が続出。

その状況にFDAが、安全性が確認できないとして、警告する事態にまで発展
したのです。 (FDA→アメリカ食品医薬品局)

もっと信じられない話もあって中国では、ある科学者が受精卵をゲノム編集。
エイズウイルスに感染しにくいように遺伝子を改変した、デザイナーベイビーを
誕生させた(双子で)。 ちょっと待って! それって、やっていいの?

そのデザイナーベイビーを発表した中国人科学者には、世界中から非難が
殺到。 不法な医療行為を理由に、懲役3年の実刑判決が下った。

今のところ、世界の共通認識は、たとえ治療目的であっても受精卵や精子の
ゲノム編集は許されないというもの。でも、何で治療目的でもいけないのか?
その理由について、また、教授に聞いてみた。

“万が一、オフターゲットのような変異が起きてしまうと、その変異はその後の
子孫にも伝わるという事になります。また、生まれてくる子供には意思がない
ので、治療を選べません。更に問題なのは、差別や格差など社会的な分断を
生む可能性がある。治療を受けられる人と受けられない人がいるというような
不平等な社会にならないように、今後、注意して行く必要があります”

こうして見てくると、僕らの未来にとってゲノム編集とは、ものすごい可能性を
秘めた技術だけど、使い方を間違えれば、人権問題や、社会の分断を招いて
しまう、危険な技術にもなりうるという事は、忘れてはいけないね!

これまで、夢の技術と考えられて来たゲノム編集。 見た目や能力を自在に
改変し、生死までをも操れるようになった時、人類は、その欲望を抑える事が
できるのだろうか? いや、待てよ… その人間の欲深い遺伝子を、ゲノム
編集でカットしたら… そんな世界って、ユートピア? ディストピア?



驚異のゲノム編集テクノロジーで世界でも大注目の生物工場とは?

FC2 トラックバックテーマ:「推し活してる?」
最近、歯周病にお悩みの、6歳になるワンちゃん。 歯ぐきに塗っているのは、
最新の治療薬! この薬、これまでの概念を覆す工場で作られています!

それは…なんと、イチゴ! イチゴが工場って、どういう事かというと、イチゴの
細胞に、犬の遺伝子の一部を組み込みます。 炎症を抑える物質を作るもの
なのだとか… すると、炎症を抑える物質が、たくさん作られるのだそうです。

これをすり潰して凍結乾燥すると… 犬の歯周病薬になるのです!このように
生物に、別の生き物の遺伝子を組み込み、有用な物質を作る工場に変えて
しまう技術。 生物工場と呼ばれています。

ほかにも、大豆(アルツハイマー病ワクチン)や、ヤギ(抗凝血剤)が薬の工場に
なったり、大腸菌がプラスチック工場になったり…。 驚くような事が、すでに
実現し、画期的な医薬品や素材が、続々と作りだされているのです。

生物工場は、世界でも大注目! 2020年には、4兆円規模の市場になると
試算されています。 米バイオベンチャーの研究員は、言う。 “非常に、興奮
しています。 生物による、新たな産業革命です!”

驚異のテクノロジー、生物工場! その最前線に迫ります!

これらの動物や植物(お米→ノロウィルスワクチン、ニンジン→難病治療薬、
ニワトリ→難病治療薬など)、これ全て、生物工場として実際に使われている
生き物なのです。

冒頭でご紹介したイチゴ以外にも、例えばヤギの場合、ヤギの遺伝子に、
私達人間の血液サラサラ成分を作り出す遺伝子を組み込むと… ミルクの中に
血液が固まって血栓ができるのを防ぐ抗凝血剤を作る事ができます。 また、
微生物である大腸菌も、生物工場になるのです。

この遺伝子に樹脂を作る特殊な菌の遺伝子を組み込むと… なんと大腸菌が
プラスチックを作り出すようになるのです。

薬もモノも、何でも作り出してしまうという生物工場。 私たちの身近なところ
にも、どんどん広がって来ているのです。

こちらは、千葉県にお住いの一家。 今日も、家族4人で、揃って夕食です。
あれ? お父さんだけ、パックのごはんですか? 実は、この米が生物工場。
花粉症予防が期待される成分が入っているのです。

“これで花粉症が治ったら、ラッキーかな…と、思います” 重度の花粉症に
悩むお父さんは、その臨床研究に参加しています。 (私も試してみたい!)

米を生物工場にしたのが、こちらの研究所。(農研機構) 実際に、その米を
見せてもらいました。“ここにあるお米が去年収穫したスギ花粉米になります”

見た目は、ごく普通の、この米。 実は、その名のとおり、含まれているのは、
スギ花粉の成分です。

花粉成分を摂取する従来の治療(舌下免疫治療・皮下免疫治療)にも花粉の
成分を少しずつ摂取して、体を慣れさせ、発症を抑えるやり方がありました。

生物工場で、その成分を含む米を作れば、毎日の食事が、そのまま予防に
つながると考えたのです。

この米の作り方、やはり稲に、別の生物の遺伝子を組み込むのだそうです。
まず、稲の遺伝子に、スギの細胞から取った花粉成分を作る遺伝子を組み
込みます。

これを育てて行くと、収穫したコメの中に大量の花粉成分が作られるのです。
出来たお米を電子顕微鏡で見ると、黒い点が(花粉成分を着色)、たくさん
浮かび上がりました。

1度、遺伝子を組み込んでしまえば、後は稲を普通に育てるだけ。 これまで
治療に使われて来た花粉成分よりも、安く簡単に生産する事が可能だといい
ます。 農研機構の主席研究員は、言う。

“本当に、もう桁違いに、たくさん出来る事が分かっています。生物の力を借り
る事によって、複雑な物質が非常に安いコストでできます。それを利用しない
手はないと思います”

私たちの暮らしを、大きく変える可能性を秘めた生物工場。 最も注目される
企業が、アメリカにあります。 カリフォルニア州にある、バイオ企業です。

売り上げは、2013~2017年のこの5年で、3倍になりました。 急成長を支え
ているのが、製品の多彩さです。

研究開発部長は、言う。 “車のオイル・タイヤ素材・ビタミン・抗マラリア薬・
化粧品成分・香料など、現在は、数百種類の製品があります”

その心臓部ともいえる開発現場を、特別に案内してもらいました。 “これが、
我々が生物工場にしている酵母です” お酒やパンなどの発酵に使われる
酵母。 じつは、この酵母を生物工場にして、全ての製品を作らせています。

例えばタイヤ素材の場合、酵母の遺伝子に、リンゴなどが持つ精油成分を
作る遺伝子を組み込みます。

すると酵母は、この精油成分を大量に作るようになります。これをゴムに混ぜ
込む事で、グリップ性能が高く、劣化しにくい新素材のタイヤが出来るのです。

“酵母を使えば、何十万種類もの化合物を作れます。この技術なら自然界の
あらゆる物質を作り出せるのです”

しかし酵母のDNAの配列は、1200万に及びます。どの部分にどんな遺伝子を
組み込むのか? その組み合わせは無限大です。

そこで、この企業では、人工知能を導入。 最適な組み合わせを予測させると
ともに、ロボットで遺伝子操作することで、スピードアップを図っています。
こうして、さらなる新製品を、生み出そうとしているのです。

“手作業では、1カ月に数種類の遺伝子操作しかできません。でも、この設備
なら、10分で、千種類の操作が可能です”

投資家や国からの資金が集まり、設備にかけた額は、12年間で1500億円。
生物工場には、それだけの価値があるといいます。

最高経営責任者は、言う。 “望むものは、何でも作れるようになります。
ものづくりの革命です。それが、世界の進むべき道だと、確信しています”

生物工場には、大きく3つの利点があるといわれています。 まずは、前半で
ご紹介したスギ花粉米のように、安く、簡単に大量生産できることです。
さらに、人間の力では作る事ができなかった物質も作れます。

例えば、こちら、アルテミシニンと呼ばれるマラリアの治療薬です。これまでは
希少な植物からしか採取できず、大量生産はできませんでした。

しかし、先ほどのアメリカの企業が、酵母に、ある植物の遺伝子を組み込んで
生物工場とし、大量に作り出す事に成功。

2014年の発売以来、3900万回分の薬が作られ、世界中の人々を救って
来ました。 そして、地球にも優しいのです。
※ ゲノムテクノロジーの事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


例えばプラスチックを作る場合、従来の方法では、原料は石油ですよね!
これを化学反応させるには、膨大なエネルギーや、処理に手間がかかる酸や
アルカリが必要でした。

一方、プラスチックを作る遺伝子を組み込んだ大腸菌なら、必要なのは、菌の
エサとなる糖。 これは、トウモロコシなどから作られるため、環境への負荷が
とても小さいのです。

他の生物の遺伝子を、別の生物に入れるという画期的な、この技術には、
例えば人体や生態系への影響は、どうなのか? やはり、口に入れるような
食べるようなモノの場合は、まだまだ、抵抗が非常に大きいようです。

ただ、これはやはり、バイオ医薬品、つまり、医療に使うような物質ですと、
それはハードルが低いですし、後は、やはり燃料や素材などに対して使うと
いう事に関しては、非常に受け入れられやすいようです。

また、これに関しては、移動に国際的なルールがあり、いかに、その遺伝子
組み換えをした生物が外に出ないか、気を付けなければなりません。

生物工場の研究は今、世界で急速に広がっています。 こちらは生物工場に
関して書かれた論文の数です。

10年ぐらい前から、一気に研究が盛んになって来た事が分かります。
国ごとに見てみると、最新のデータでは、アメリカが全体の4割を占めトップ。

それを、イギリス、ドイツ、中国が追随し、日本は5番目です。 また国を挙げて
力を入れているのが、イギリスです。

政府は生物工場をビッグデータ、再生医療、そしてロボット工学などと並ぶ、
8つの重大技術の1つに指定。 およそ223億円を投資しました。

また19の大学、研究機関、そして56の企業が一緒に研究開発をする機関を
設立し、産官学が一体となった開発に取り組んでいます。

さらにこちらは、フィンランドの公的な機関が、去年、公表した資料ですが、
洋服や生活用品など、身の回りのあらゆるものを、生物工場で作り出して
しまおうという壮大な計画が盛り込まれています。

世界は随分先を行っているような気がしますが、日本はどうなのでしょうか?

日本は古来から、お味噌や醤油、納豆やお酢などの発酵食品を食べて来た
長い歴史があります。 そういうものを使いながら参考にしながら、どうやって
バイオ産業を動かして行くのか?ではないかと思います。

ただやはり、国が、それをサポートしてくれないと、研究者が研究の継続に
困ってしまう。 実は日本には、最強の生物工場として注目されている生き物
がいます。 それは、カイコです!  でも、何で?

秘密は、カイコの吐く糸にあります。 絹糸の原料として知られる、この糸。
分子量37万を超える、極めて大きなタンパク質の集まりです。

この分子量が、とても重要! なぜなら生物工場が作り出す物質は、その
生物が、本来、作る事の出来る分子量によって、大きく左右されるからです。

それは、おもちゃのブロックの数が少ないと、単純なモノしかできないのに対し
多ければ、複雑なモノが作れるのと同じです。

カイコを酵母と比較すると、一目瞭然! 最大で、分子量10万ほどの物質しか
作れないといわれる酵母。

生物工場として作り出せるのは… タイヤの素材(分子量約200)、インスリン
(分子量約5800)、痛風の薬(分子量約34000)等、これまでのところ、分子量の
小さいモノにとどまっています。

これに対し、カイコが作る物質は、抗がん剤(分子量約15万)、血液凝固剤
(分子量約34万)、鉄鋼強度の糸(分子量約35万)等といった、分子量の大きい
複雑な物質。

酵母には作る事が難しい複雑な物質を糸の中に作り出す事ができるのです。
さらに、5千年ともいわれる長い養蚕の歴史が、生物工場としてのカイコの
能力を高めたといいます。

もともとカイコの祖先は、小さい繭しか作れない野生の虫でした。 大きな繭を
作るものだけ掛け合わせ、人の手で改良を重ねて行きました。 その結果…
糸を作るタンクのような器官は、体重の3分の1を占めるまでになりました。

分子量が大きい物質を大量に作る事のできるカイコは、最強の生物工場とも
いわれるのです。

農研機構のユニット長は、言う。 “日本がフロントランナーとなって、モノを
作れる。長い歴史をかけて、良いモノにして来た。それに、新しい技術で、
可能性が広がっている。これを活かさない手は無いと思います”

このカイコを生物工場にする取り組みは、現在、福島から沖縄まで、全国15
以上の企業に広がっています。

愛媛県にある化学メーカーの工場では、犬や猫用の風邪薬や皮膚病治療薬
を作り、国内だけでなく、世界32カ国に輸出しているのだそうです。

このカイコを使った生物工場を、一大産業につなげるために欠かせない
人たちがいます。

群馬県にある養蚕農家では、農家の経験や知恵を生かし遺伝子組み換えの
カイコを大量に作って行こうという取り組みが行なわれています。

じつは、この遺伝子組み換えを行なった動物を、一般の農家で飼育すると
いうのは、世界初なのだそうです。

と、いいますのも、こちらから動物が逃げてしまうと、外の生態系に影響を
与えてしまう恐れがあるため、これまでは厳重に管理された施設の中でしか
飼育されて来ませんでした。

しかしカイコは、なかなか動かず、活動範囲が10センチぐらいなため、逃げ
出さないという事が証明されて、国から特別に飼育許可が下りたのです。

今は、光るクラゲの遺伝子を組み込んだカイコだけの飼育なのですが、
ゆくゆくは、この技術を目印にして、血液製剤や抗がん剤など、他の遺伝子
組み換えのカイコにも応用していという期待が持たれています。

まさに、新たな産業革命という予感もするのですが、やはり、生命の根源を
操作するという怖さも感じます。

この技術を、今後、どう、進めて行けば良いのか?

今の現地点では、他の生物から持ってきた遺伝子を組み込むという、そういう
作業をせざるをえない、そういう風な状況になっています。

ただ、技術的には、どんどん進歩していて、ゲノム編集という技術も始まって
おり、これは、もともと生物が持つ機能を強める事で、その結果、その生物を
品種改良した、非常に早い形で品種改良したモノができるというものです。

生物工場を利用するには、国際ルールがとても重要で、生物工場をどの様に
守って行くかが課題です。
※ ゲノムテクノロジーの事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


“ここは、動物実験が行われる場所です”  中国・蘇州にあるバイオ企業の
研究施設。 ここで自然界には存在しない生命が次々と生み出されています。
紫外線を当てると緑色に光るマウス。 クラゲの遺伝子が組み込まれています。

テクノロジーの進化によって、人類は生命そのものを思い通りに作りかえ始め
ています。  “私たちは、あらゆる生命の遺伝子を操る技術を手にしました。
創造の可能性は、無限に広がっています”

今、人類が抱える、さまざまな課題。 最新の科学は、2030年頃に、限界に
達すると警告しています。 資源の大量消費、人口爆発と食糧問題、そして
加速する温暖化。飽くなき人間の活動が地球の運命を左右し始めています。

更に、急速に進化するテクノロジー。 使い道を誤れば、大きなリスクになる
恐れがあります。 危機を乗り越える道筋を探る、2030。 今回のテーマは、
生命そのものを操る最先端技術、ゲノム・テクノロジーです。

今、人類は膨大な遺伝情報ゲノムを解析し、思い通りに操作し始めています。
その技術は、変異を続ける新型コロナのワクチンや、治療薬の開発にも利用
され、パンデミックに立ち向かう重要な武器となっています。

更に、人類を悩ませて来たガンなど、重い病の克服や食糧危機といった地球
規模の課題解決に、大きな期待がかかっています。

“ゲノムテクノロジーは、農業・新素材・医療など、あらゆる分野で欠かせない
ものになります。 かつての産業革命に匹敵する影響を及ぼすでしょう”

これまで、膨大なコストがかかっていた、ゲノム情報の解析。 2030年には、
限りなくゼロに近付くと試算されています。

人々が、あらゆる生命を自在に操作できるようなったその先に、何が待ち受
けているのか?人類の欲望に歯止めがかからず、技術が暴走して行く未来。

誰よりも美しく。 そして、誰よりも能力が高い。 思い通りの子供を生み出す
デザイナーベビーの誕生。 人間の価値が、ゲノム情報をもとに判断され、
優れた遺伝子を持つ者と、そうでない者の格差が広がり続ける社会。

“テクノロジーの進化が、あまりにも早いため、人々の理解が追いついていま
せん。この様な強力な技術を、議論もないまま使う事は非常に危険なのです”

未来の世代の運命をも変えつつある、人類。 光と影が交錯する、この技術を
制御する事は出来るのか?  2030年までの10年、歩むべき道を探ります。

私、熱が、37度もある… もしかして、新型コロナウイルス感染症かも…?
先生の診察… ゲノム解析の結果なのですが、結論から言うと、旧型コロナ
ではないですね。 …え?旧型? あぁ、君の時代は新型か。 まぁ、とにかく
コロナではないです。  …もしかして、ここは未来の病院?

それより… あなたのゲノムには、ガンや糖尿病のリスクが見受けられます。
私たちの時代には、どれも大変な病気ではなくなるのですけどね。

あの、先生… 何で、そんな事が分かるのですか?ゲノムテクノロジーの
おかげです。 ゲノム… テクノロジー?

未来の医療に革命が起きたのです。 すごい革命です。 ただ、この技術には
光と影があります。 あなたたちは、大変な未来が待っている事に、まだ気付
いていないのです。 その革命は、まさに今、起きようとしています!

中国・杭州(杭州市腫瘤医院)。 ゲノムテクノロジーを活用した最先端治療を
行う、ガンの専門病院です。 1年間で訪れる患者は、16万人。

ほかの病院では治療が難しいとされた、末期のガン患者たちが、次々と入院
して来ます。 この6歳の男の子は、脳にガンが見つかりました。

重い副作用と闘いながら、抗がん剤治療を続けて来ました。 父親は、すがる
ような思いで、この病院を訪れたといいます。

“我が子の病気が治るなら、何だってやってあげたいと考えるのが親でしょう”

病院長は、これまで20人以上の末期ガンの患者に対してゲノムテクノロジーを
応用した臨床試験を行い、一部の患者に効果が確認されています。

“私たちは、遺伝子を操作する技術を使って、患者の体がガン細胞と戦う力を
高めています”

その治療を受けた男性です。3年前、食道ガンで余命3カ月と診断されました。
当時の男性の体内では、食道ガンが肝臓などに転移し、大きく広がっていま
した。 ところが、この治療を受け始めてからガンはコントロール可能なレベル
にまで抑えられたといいます。

こうした治療は、中国以外でも進められていて、将来の実用化が期待されて
います。  “他に、治療の手段はないと言われましたが、父には、可能な限り
生きてほしいので、臨床試験に参加しました。 初めは、ちょっとだけ怖かった
ですが、治療を頑張った結果が出て安心しています”  

ゲノムテクノロジーを活用した治療。 そのメカニズムです。 ガン患者の体内
では、キラーT細胞と呼ばれる免疫細胞が、ガン細胞と戦っています。

このキラーT細胞の遺伝情報ゲノムを、最新の技術を使って思い通りに操作。
ガン細胞への攻撃力を高め、増殖を抑え込む事が出来るというのです。

“中国では、ゲノムテクノロジーにより新しい治療が次々と生まれ、医療を変え
始めています。 1日でも長く生きたければ、この新しい治療方法を試す価値が
あるでしょう”

一体、どのようにして、ゲノムを思い通りに操作する事が可能になったのか?
ゲノムは、体の特徴や機能を細胞レベルで決める、人体の設計図です。
A・G・C・T。 4つの物質の組み合わせから成っています。

しかしゲノムの配列は何十億にも及ぶため場所を特定し、その組み合わせを
書きかえる事は、容易ではありませんでした。

2020年12月11日。 ノーベル賞 オンライン授賞式。 その壁を打ち破り生命
科学の常識を覆したのが、去年ノーベル賞を受賞した、カリフォルニア大学
バークレー校の博士です。

博士が注目したのが、チーズやヨーグルトに含まれる、乳酸菌などが持つ、
特殊なタンパク質です。 これを、細胞の中に注入すれば、簡単にゲノムの
配列を変える事ができるというのです。

ゲノム編集の可能性を広げた、クリスパー・キャス9という画期的な技術です。
このタンパク質は、特定の配列を見つけ出し、その部分を切断する能力を
持っていました。
※ ゲノムテクノロジーの事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


博士は、このタンパク質に、切断したい配列を覚えさせ、細胞に注入。 すると
膨大なゲノムの中から目的の部分を見つけ出し、切断。同時に組み込みたい
配列を注入しておけば、思い通りに配列を書き換える事が出来るのです。

ゲノム編集の技術は、既に医療以外の分野でも応用されています。食糧問題
解決のために、収穫量を飛躍的に向上させた、トウモロコシ。

更に、温暖化に強い作物の開発も進められ、人類が直面する大きな課題にも
役立てられると期待されています。

“クリスパー・キャス9は、医療や農業など、あらゆる分野で使える技術です。
私はこれを、誰にでも利用できるテクノロジーにしたいのです。これは世界を
大きく作り変える事が出来る画期的な基礎技術です。ゲノム編集はこれから
ますます加速して行くでしょう”

2021年3月。 全国人民代表大会(中国)。この技術を、急速に発展させようと
しているのが、中国です。  首相は、言う。  ‘科学技術を飛躍させる’

2030年までの10年で、科学技術の強化を目指し、ゲノムテクノロジーを成長
分野の大きな柱の1つと位置づけています。

ゲノム編集に関連する特許の数。 当初、アメリカがリードしていましたが、
2016年に逆転。 世界の最前線と、なりつつあります。

そして、世界を襲った新型コロナのパンデミック。 その中でも中国は、この
技術を用いて、更に存在感を高めようとしています。 中国のバイオ企業が
生み出す、ある生物が今、世界中で売れていると聞き、取材に向かいました。

防護服に身を包んだ作業員が案内した先… 生物実験室。 そこにはケージに
入れられた、おびただしい数の実験用のマウスが並んでいました。 社長が
持って来たマウス。 一見、普通のマウスに見えますが…。

“一部の遺伝子を人間のものに改造しました” 通常のマウスは新型コロナに
感染することはありません。 しかし、人間の遺伝子の一部を組み込まれた
このマウスは、感染するという特徴を持っています。

このマウスを使えば、変異を続ける新型コロナのワクチンや治療薬の開発に
必要な実験ができると、世界中から注文が相次いでいるのです。

“今年は新型コロナの研究用に、最新型マウスを、たくさん出荷しています。
とても忙しいです”

この企業では、ゲノム編集の技術を取り入れ、新しい特徴を持つマウスを、
次々と生み出しています。

顧客の要望に合わせ、まるでプログラミングのように、ゲノムの配列を決めて
行きます。 横たわっているのは、麻酔をかけられた母親マウス。

その子宮の中に遺伝情報の一部を書きかえた受精卵を移植します。 こうして
自然界には存在しない新たな命を、大量に生み出す事ができるのです。

“我々にとって生命とはデジタル情報の集合体なのです。私たちは、あらゆる
生命のゲノム編集を可能にする技術を手にしました。創造の可能性は無限に
広がっています”  大きな可能性を秘めた、ゲノムテクノロジー。

2030年までの10年の間に、急速に進化を遂げるといわれています。
去年、アメリカのシンクタンクが報告書を、まとめました。 背景にあるのは、
ゲノム情報を解析するコストの急速な低下。

2000年には、およそ100億円かかっていましたが、2030年には限りなくゼロに
近づくと試算されています。 人類が、あらゆる生命の設計図を手にし、操作
できる可能性が、飛躍的に高まるのです。

報告書では、大きな可能性の一方で、懸念されるリスクについても指摘して
います。その1つが、遺伝子操作によって未知のウイルスが作り出され人類の
脅威となる可能性。 そして、人間の受精卵を操作して、子供に望む特徴を
持たせる事の問題を懸念しています。

マッキンゼーグローバル研究所の所長は、言う。 “この技術は光と影が混在
するパンドラの箱です。使い方を誤れば、人間の命に関わります。 どこかで、
倫理の線引きをする必要があるのです。私たちは次の10年、よりよい選択を
するために、この問題に向き合わなければなりません”

既に、ゲノムテクノロジーのリスクを、実際に示した研究者も現れています。
カナダの科学者らが発表した、論文。 ゲノムを1から合成する事で、馬とう
ウイルスという、感染力の強いウイルスを人工的に作り出しました。

今回、その研究者が取材に応じました。 アルバータ大学の教授です。
‘人類にとって脅威となるウイルスを、人工的に作り出せる時代が、既に、
やって来ている’  世界に警鐘を鳴らしています。

“人々が危険に気付いていない事を心配しています。 この技術で、将来、
あらゆるモノを作る事が可能になります。甘い考えで作られたものが、最悪の
事態を招いてしまうのではないか?油断すると新型コロナと同じような危機に
直面する事になるでしょう”

私のいる未来の世界でも、新たなウイルスによるパンデミックの脅威にさらさ
れています。

社会の奥底に潜む不満・憎悪。 光が強いと、その分、影も濃くなるものです。
2030年が分岐点。 ゲノムテクノロジーを人類が有効に活用する明るい未来に
進むのか? それとも、使い方を誤り、暗黒の未来に進むのか?

運命が分かれます。 あと10年。 技術の進化は、もう止められません。
既に、あなたたちの命のあり方が、大きく変わり始めているのです。

少しでも命を長らえたい。 人々の欲求に応えるための研究が、既に始まって
います。 中国・雲南省にある、世界最大級の霊長類研究所。

動物実験用に、4000頭のサルが飼育され、ゲノム編集を使った研究が繰り
返されています。 ここで行われている最新の研究。 それは…。

“我々は、ヒトとサルの細胞が混ざった、キメラを作りました。 まだ細胞実験の
段階で、実際に誕生したわけではないですが、遺伝的に近い生物のキメラを
どのように作るのか?その仕組みを研究しています”

異なる遺伝情報を持つ細胞が混ざった混合体キメラ。細胞レベルでの研究は
認められていますが、実際に人間と他の生き物のキメラを誕生させる事は、
世界中の多くの国で禁止されています。
※ ゲノムテクノロジーの事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


‘教授のサルは、もはや最も人間に近い存在です!’ しかし教授は、この
研究が将来、実用化されれば、人類のためになると、その意義を語りました。

“人間と他の生物のキメラを作る理由、それは将来、他の生物の体の中で人間
の臓器を作り出すためです。これは移植用の臓器不足を補う技術なのです”

更に人間のゲノムに手を加え望み通りの子供を生み出すデザイナーベビー。
1人の科学者が、禁断の領域に足を踏み入れる発表を行いました。

“2人の美しい中国人の女の子ルルとナナが数週間前、元気に産まれました。
遺伝子を変えるために、少しだけタンパク質を注入しました”

中国の若手研究者。 人間の受精卵をゲノム編集し、エイズウイルスに感染
しにくい双子の女の子を誕生させたというのです。 公表の2日後。

若手研究者が出席を予定していた国際会議には、科学者や報道陣が、世界
から詰めかけました。

“私たちは、人間の特定の遺伝子をデザインする事が実際に可能か評価しま
した。 組織病理学の観点から、心臓・肝臓・肺・胃は、正常でした”

親の望む特徴を子供に持たせる事になる受精卵のゲノム編集。 厳しい質問が
浴びせられました。

Q: あなたは越えてはならない一線を越えてしまいました。なぜ、そんな事を
秘密裏に実行したのですか?倫理的な手続きは、どうなっているのですか?

“私は、会議室で夫婦と面会し、立会人のもとで、同意取得の書類を手渡して
います”

その後、若手研究者は、中国政府の取り調べを受け、違法医療行為の罪で
逮捕。 公の場から姿を消しました。 人間の受精卵のゲノム編集に関する
規制の議論は始まったばかり。 国際社会で合意された法規制はありません。

事件を受けて世界の科学者たちが作る国際委員会が報告書をまとめました。
この技術は、まだ安全性が確立していないとして、ゲノム編集した受精卵を、
母親の子宮に移植する事は、当面の間、行うべきでないとしました。

しかし、ゲノムテクノロジーによる、新たな医療の可能性を封じてよいのか?
研究者も葛藤を抱えています。 上海科技大学の教授も、その1人です。

“これはゲノム編集した人間の受精卵です。見た目では普通のものと区別が
できませんよね?”

この研究には正当な目的があり、それを知ってほしいと、取材に応じました。
教授が取り組んでいるのは、マルファン症候群という、先天的な病気の研究
です。 骨格などに異常が生じ、高い確率で子供にも受け継がれます。
受精卵の段階でゲノム編集を行えば、それを防げると、教授は考えました。

“私は農村で生まれ育ちました。 小学生の頃、幼なじみの女の子に遺伝病が
ありました。 それは神様が決めた事だと、ひと言で片付けられるかも知れま
せんが、患者にとっては公平ではないと思ってしまうのです”

いまだ、その是非について、議論が十分になされていない、人間の受精卵の
ゲノム編集。 しかし教授は、生物学者の仕事は、あくまで、将来に向けて
技術を高める事だといいます。

“倫理の事は倫理学者に、お任せすべきだと思います。 彼らの知恵で問題の
解決にあたるのです。 私のような生物学者は、技術的な事を研究するのが
仕事です”

淡々と質問に答えていた教授。 技術は、悪用されないのか? デザイナー
ベビーには、つながらないのか? 質問を重ねると突然、語気を強めました。

“一般の人には私の研究を、到底、理解できません!ひどい事をやっていると
思われてしまいます!もう、これ以上、話したくありません!これは、とても
デリケートな問題です!私を困らせないで下さい!技術的な質問ならともかく
デリケートなところには踏み込みたくありません。私を巻き込まないで下さい!
一般の人は、私の研究を理解できません!きっと誤解するでしょう!”

教授は、ゲノム編集した受精卵は実験後に処分しており、実際に子供を誕生
させた若手研究者とは違う!と、主張しました。

研究者の中には、人類の可能性を広げるために、むしろゲノムテクノロジーを
積極的に使って行くべきだという人もいます。

新興技術の倫理などを研究する哲学者で、オックスフォード大学の教授です。
医療の範囲を超えて、人間の能力を強化する事が、むしろ公平なチャンスを
もたらすと主張しています。

“どうして、ある人は才能を持って生まれ、ある人は不利な状況で生まれなけ
ればならないのか? 全ての人が、遺伝的に適切な人生のスタートを切り、
技術をいかして、自分の人生を設計して行く力を持つべきです。運任せにする
のではなく、自分たちで決めるのです。 私たちは、人類史上初めて、世界を
変えるだけでなく、自分自身を変える技術を手にするのです”

この技術が、歯止めなく進んで行った先に、どんな未来が待っているのか?
この問題に強い関心を抱いて来たのが、現代アーティストの女性です。

テクノロジーの進化によって人類の未来が、どう変わって行くか?芸術作品を
通して社会に問題提起して来ました。 訪ねるのはグリーフケア研究所の所長。

これまで生命科学の倫理に関する政府の委員を務めるなど、社会的・倫理的
側面から、この問題に向き合って来ました。

Q: ゲノム編集を、一体、どこまで使って行くのか? これが、どんどん進んで
行った先に、どういった事が考えられると思いますか?

“命というのは、授かるものだったわけですね。結婚したら子供を作るのよって
言うけども、作ろうと思っても、作れるものではないので、授かる。で、どういう
子供かというのは分からない。思った様な子供ではない。これは育てて行っ
ても、そうならないのですが思ったような子供を作るという、そういう事をし始
めるという事ですよね。これは命の選別と言ったりしますけども、そういう事が
起こるというのは、命を作る事になる。作る命は、壊せるのですよね。モノの
近付いてくる。 命の尊さの基本感覚というものが、怪しくなってくる可能性が
ないでしょうかね”
※ ゲノムテクノロジーの事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


Q: 科学技術って、私たちの社会のニーズだったり、欲望に、かなり忠実に
進んで行くというか、私たちの社会の映し鏡的なところが、すごく科学には
あるなって感じるのですけど。

“科学技術は前に進んで行くものなので次に、この事が出来る。それは、しな
くてはならない。でも何のため?という、そこが分からない。1人1人にとって、
実は、何が大事な事なのかという事を、今やっている事に照らして考える、
それがしにくい社会になってる。それが科学の進歩というものが、それを映し
出してしまっているというか…ただ、ただ忙しい。先へ先へ進む。どこへ向かっ
て行けばいいのか?を考える暇がないという、こういう風な危うさですね…”

飽くなき欲望が、ゲノムテクノロジーを暴走させたのです。 あれ(仮の未来)を
見て下さい。 受精卵にゲノム編集を行おうとしている夫婦です。 遺伝子
疾患・ガン・糖尿病・HIV …。 さまざまな疾患を予防します。

持久力や筋力もアップさせ、睡眠時間も少なくて済むようにする。 親たちは、
こぞって健康優良児を作ります。 いわゆる、デザイナーベビーです。

心臓や肺などの臓器は、いつでも取り替え可能です。 サルやブタが、人間の
臓器を絶えず作り続けています。 他の生命の犠牲と引き換えに、人間は命を
長らえます。 そこ(仮の未来)は、ゲノムテクノロジーに縛られた世界だった。

誰もが優秀なゲノムを持つ人を、探し求めている。 膨大なゲノム・データが
解析され、知能や容姿を向上させる傾向が解き明かされていた。

お金持ちは、ゲノム編集するために旅に出る。 クリスパー・ツーリズムとも、
呼ばれているそうだ。 規制が緩い国に行けば、思い通りの遺伝子を獲得で
きる。 優秀な遺伝子を代々、引き継ぐ、上流階級が生まれていた。

誰もが等しく、最先端の技術を享受できるわけではありません。 未来の世界
でも、物を言うのは結局、お金です。

あの人たちは、ゲノム編集できない人たちです。 能力が低いと見なされ、
定職に就く事もできない。 世間は、無用者階級などと呼び、蔑んでいます。

全ての判断は、ゲノム情報をもとに行われます。 不平等と差別が、ゲノムに
刻み込まれたのです。 人間の能力・効率・合理性が極度に優先される社会。

弱い立場の人達は未来の世界では、ますます追い詰められてしまうのです。
同じ人間なのに…。 同じ世界・同じ地球に住んでいるのに…。

私たちの未来を左右する、ゲノムテクノロジー。 2030年には、ゲノム解析の
コストが限りなくゼロに近づき、技術は増々、拡散して行くと見られています。

(ネット配信より)  ‘皆さんに、ちょっと変わった私の生活を紹介します。 1階
部分をラボに改装しました’アメリカ・カリフォルニア州に住むバイオハッカーの
男性。 ゲノム編集の技術を一般の人にも普及させたいと、活動をしています。

‘この説明書には、クリスパーの使い方が書かれています’ バクテリアの
ゲノムを、自宅で簡単に操作できるキットを全世界に販売。 10代から80代
まで、幅広い世代の人が、購入しているといいます。

“日本・韓国・ヨーロッパ・アメリカ・南米・オーストラリア・ニュージーランド…
そしてアフリカでも! このキットは、世界中で購入されています”

将来的に、自宅で高度なゲノム編集もできるようにしたいと考えている男性。
体を張った実験を行い、その様子をインターネットで公開しています。

‘皮膚の塊を手に入れたぜ!’  この実験では、皮膚の細胞にゲノム編集を
施し、光らせようとしていました。  ‘特に右端の蛍光している部分… かなり
目立っているのが分かります’

“ゲノムテクノロジーによって個人が影響力を持つ事は素晴らしいと思います。
2030年までには、自宅のガレージやアパートで新たな発見が生まれるに違い
ありません!”

技術が猛スピードで進展する中、市民の間の議論は、まだ始まったばかり
です。 ゲノム編集に詳しい、人類学者の准教授です。

“技術によって強化される人類の未来を考えた時、皆さんは、どこで線引きを
しますか?”  学生や市民を集めて、対話を続けて来ました。

‘倫理観を形成する、世界的な枠組みがありません。 そのため、倫理的な
議論が出来ないまま、技術が、ひとり歩きして行くと思います。誰もが、能力を
強化できるわけではありません。 ゲノム編集できるのは、恵まれた人たち
だけです。 平等な選択とは、言えなくなると思います’

この日の議論には、遺伝性の病気に悩む人や母親なども参加していました。
‘なりたい自分になる事ができる。 それは、とても素晴らしい事だと思います。
でも、これは優生学や排除の問題に、つながってしまいます’

‘多様性を理解する事が必要ですが必ずしも世の中は、そうなっていません。
ダウン症の子がいる親の間にはこんな言葉があります。あなたを変える事は
できないが、あなたのために世界を変える事ができる。 ですからテクノロジー
を倫理的に利用するには、多様な価値観が認められるように、世界を変えて
行く事が必要です’

この問題に強い関心を抱いて来たのが、現代アーティストの女性は、言う。
Q: 私たちは、これから10年後、2030年に向けて1人1人、一体、どういう事を
考えて行かないと、いけないと思いますか?

グリーフケア研究所所長は、言う。 “影響を受けるのは社会ですから。生活
の仕方が変わってしまう。今、生きている人だけではないのですね。まだ生ま
れてない人たちに、大きな影響を与えるかも知れない…そういう事を、一部の
人だけで決めていいはずはないですね。共通の価値に基づいて何が、いい
事かという事に基づいて、科学が進む方向を判断しなくてはならないと思う。
2030年には本当に、すぐそこまで来ているという事ですね。ですので、これを
社会的・倫理的問題として取り組む。 こういう時代になって来たと思います”

世界の専門家たちと議論を重ねている、ユネスコの国際生命倫理委員会の
議長です。 私たちの向き合い方が、問われていると語ります。

“私たちは、もはやテクノロジーの単なる消費者ではいられません。2030年に
何が起きるかは、私たち自身にかかっています。私たちは、驚くべき可能性と
同時に、とてつもなく大きな責任も背負っているのです!”

ゲノムテクノロジーは、よりよく生きたいという私たちの願いを、かなえてくれる
かも知れない! だけど、その先に、本当に幸せが待っているのだろうか?

私たちに生命を操る資格があるのだろうか? 日常の中に、当たり前のように
ある命。 その意味を今、立ち止まって考えたい未来の人類に誇れる10年に。
※ ゲノムテクノロジーの事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


今回のテーマは、ズバリ、昆虫食!  ‘うん、おいしい!’
‘見た目は、ちょっと抵抗ありましたけど、食べられるものだなと思って…’

今、昆虫は世界中が注目する、スーパーフード! アメリカでは、昆虫料理の
パーティーが開かれたり、フランスでは、昆虫をトッピングしたお菓子が発売。
日本でも、ひそかなブームに!

世界が昆虫食に注目するキッカケとなったのは、2013年、国連食糧農業機関
が出した報告書です。 2050年には人口が90億を超え、深刻な食糧不足に
陥り、家畜生産による環境負荷も、大きくなると指摘。

その課題を解決する一手として、昆虫食の可能性を提示したのです。
でも、どうして昆虫なの? 実は、昆虫は栄養価が高く、しかも超エコな方法で
タンパク質を作り出せるのです!

昆虫の持つポテンシャルに、科学者たちも大注目! ゲノム編集による品種
改良や、魚のエサとして利用する研究が始まっています。

“昆虫の可能性は、無限大である。昆虫で地球を救って行く”

もう、ムシできない! 世界の未来を救う、昆虫食の魅力に迫ります!

ムシ… できませんか? アハハハッ。 ええ。 考えていきましょうよ。
ちょっと抵抗あるのですが…。 今回、用意しました。 はい、目の前に、多種
多様な。 こちら側は、もう、ちょっと、形がそのままで…。

これは、スズメバチとコオロギです。 あ~、盛り合わせですね…。 こちらの
お皿は、これも昆虫のものなのですか? こちらのクッキーは、コオロギの
粉末状のものを使っているそうです。

まぁ、ただ、抵抗感というのは、やっぱり、ありますよね? そうですね。
ありますが、世界を救うというところまで、言ってましたからね。

そうなのです。 皆さんもきっと、見え方が変わってきますよ。 そうですかね。
という事で、食べ物としての驚きの実力を見てみましょう!

30年以上、フタホシコオロギの研究を行って来た徳島大学。 そのノウハウを
生かし、6年前に食用コオロギの研究に乗り出しました。

今、世界に先駆けて挑戦しているのが… 
“コオロギは、エビ・カニアレルギーと同じ、アレルゲンを持っているのです。
除去して行かなければ、全世界の人が食べられる状況にならない”

アレルゲンのないコオロギを作る、品種改良です。 そのために用いるのが、
ゲノム編集技術。 ゲノム編集とは、DNAの特定の場所を狙って切断し、
生物の元の性質を変化させる技術です。

この研究室では、編集を行う酵素をコオロギの受精卵、1つ1つに注入。
特定の遺伝子が働かなくなるような、ゲノム編集を行います。

コオロギでのゲノム編集技術を確立するため、まずは、比較的、操作しやすい
目の色を変える事に取り組みました。 目には、赤から黒になる色素があり、
黒にするための遺伝子を働かなくしたのです。

見事、成功! 赤目のコオロギが生まれました! しかしアレルゲンの除去は
こう容易ではありません。 原因となるのは、トロポミオシンというタンパク質。

そのアミノ酸配列の、どこを変化させればよいかは、既に突き止めていると
いいます。 ただ、トロポミオシン自体は、生存に関わる重要な物質。 本来の
機能を失わないよう正確に狙った部位だけを変化させる必要があるのです。

まず、目指すのは、低アレルゲン化。 誰もが食べられるコオロギを作るため
1つずつ、着実に研究を進めています。

この、全世界の人が食べられる状態にするというのに、ここまで情熱を燃やし
てる方が、いるとなると… 昆虫食は、リアルなのですね。

徳島大学は、他にも、栄養価を高めたり、生産効率を上げるような品種を
作ったり、色んな面で、品種改良を行っているみたいです。

Q: 昆虫食が実際に、世の中に、ゴー! みんなで、やろうってなるのって、
どれぐらいのイメージで、思ってるといいですか?

“そうですね。もう10年以内には、人々が口にしているのではないかと期待し
ています”

そんなタイムスケジュールで、どんどんメジャーになって行くのですね。

“そうですね。もう既に、さまざまな企業が参入していますし、ムーンショット・
プロジェクト(ムーンショット型研究開発制度→重要な社会課題に対し、挑戦的
な研究開発を推進する内閣府主導の大型研究プログラム)といった国家事業
が走っておりまして、その中の1つが、この昆虫食のプロジェクトです”

はぁ~、そうか… これだけ全部そろってて、優秀だとなると…。
食べてみますか?  食べ…させてもらえますか?
ちょっと、とても、いい機会を頂いたので、トライしてみます!

という事で、昆虫食を、ご用意しました。
まずは、クッキーの方を頂きます。 すごく美味しいです!
今、分かったけど、虫の姿が見えてなくて味付けが美味しければ、その中に
ある機能は最高なのだから、何も嫌な事はないです。

問題は… 虫の姿のままの… こっちですよ。
“これはローストだと思いますけど非常に濃厚な味に仕上げたコオロギです”

う~ん… 姿を見ないようにして食べると… うん、美味しい。 濃厚な、いい
香りが… え~?

“やはり虫は、フレッシュな状態で調理したものというのが、とても美味しいの
です”  Q: コオロギは、どうやって食べるのですか?

“竜田揚げが非常に美味しくて。 これは、私の学生が開発したレシピです”
お~、虫にもフレッシュさが大事なのですね。  “とっても重要ですね”

“やはり見た目は、どうしてもハードルが、最初、あるかも知れません。食べて
みて美味しいとなると、だんだん変わって行くのかなと思いますので、既存の
家畜を食べずに虫を食べましょうではなくて、いろんな食材の1つに、虫という
カテゴリーが入る事で、より食が豊かになるのではないかと期待しています”

でも昆虫は、私たちのおなかを満たすだけではありません。 昆虫で、海の
資源を守ろうという研究も始まっているのです。
※ ゲノム編集食品の事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


天才ピアノ少女。 コンクールでは、いつも賞を総なめ。 でも、その才能は、
ゲノム編集でつくられたものだった…。

‘お母さんは、才能なくて諦めちゃったけど、あなたが夢を叶えて’
“うん…私は、そうやって作られた。私の夢は、ママの夢”

何で、こんな話をするのかというと今、実際にゲノム編集という技術が食品や
医療など、あらゆる分野にイノベーションを起こしていて、近い将来、人間の
ありようを一変させてしまうかも…? という、スゴイ話なのです!

いきなりですけど、ちょっと、これ見て。 マッチョなキン肉マンに、鯛の顔?
これは肉厚マダイ。 マッチョだね~。 実はこれ、2021年に、世界で初めて
販売された、動物性のゲノム編集食品。

マダイの遺伝子を操作する事で、食べられる部分を、通常の1.6倍に増やした
というものです。 他にも、成長速度が1.9倍のトラフグなんてものも。 これを
可能にしたのが、クリスパー・キャスナインといわれるゲノム編集技術。

何万年かけ、自然界で偶然起こる進化を、僅か数時間で、人の手で、狙い
通りに起こす事が出来てしまうという、ノーベル化学賞を受賞した、驚異的な
技術なのです。

今や医療分野でも研究が進んでいて、テキサス大学などのチームは、筋ジス
トロフィーの犬を治療する事に成功。

更にゲノム編集でマラリアを媒介する蚊を激減させるプロジェクトや、ネズミの
臓器をヒト化させて新薬の開発に役立てる研究、ジュラシック・パークみたいに
マンモスを復活させる計画も進行中で、その裾野は広がり続けている。

世界が注目する、この技術は、2028年には市場規模は2.5兆円に達すると
予測されているそうです。

一方で、アメリカのユーチューバーがゲノム編集による人体実験をライブ配信
したり、中国の研究者がデザイナーベビーを誕生させたりと、すごすぎるけど、
ちょっとヤバそうな、ゲノム編集の世界。

実際、安全なの?倫理的な問題は?知りたい事は、いっぱいありますよね?
でも、この技術を知れば、人体の神秘に気付けちゃったり、諦めていた病気に
希望を見い出せちゃったり、とにかく世界の見え方が変わってしまうという話。

え?それって今からでも見た目や能力を変えられるって事?まぁ、ゲノム編集
なら、できちゃうかも? なんですよ! 実は、このゲノム編集、ものすごーく
難しいから、これだけは知っておいてほしいという話を、させてもらいます。

生物は、無数の細胞からできていて、1つ1つの細胞の中にDNAが入っている
のです。 そこには遺伝情報が刻まれていて、その1つ1つが、僕らの容姿や
能力・性格などを決定しているのです。

その遺伝情報の総体をゲノムと呼び、ピンポイントで改変してしまうのが、
ゲノム編集。 人間の場合、30億もの遺伝情報があるというのだから、めちゃ
くちゃミクロな世界の話だよね!

この世界で革命を起こした1人が、フランス人の微生物学者。30代の時、無名
の微生物学者だった彼女は研究室を転々とする冴えない生活を送っていた。

そんなある日。 細菌の免疫システムを研究していた彼女は、細胞の中に、
あるものを発見する。 それはトレイサーRNA。 これが後の革新的な技術に
つながって行くのですが、これが、どれだけスゴイ事なのか!

細菌の免疫システムを、マフィアと警察の攻防という設定で、お伝えします。
ここは細菌シティ。常にウイルスという色んなマフィアたちから狙われている。

でもマフィアたちが来たら、警察も応戦。 血で血を洗う泥沼の戦いが続いて
いた。 警察側で、唯一、殺しのライセンスを持っていたのが、キャス。

この暴れん坊刑事が、マフィアをズタズタに切り裂き、体の一部を回収。
クリスパーと呼ばれる保管庫に、ファイリングしているのです。 このファイルの
分析官が、クリスパーRNA。

次にマフィアが侵入して来た時には、彼が保管庫のファイルから、マフィアが
何者か特定。 キャスを呼びつけ、現場に向かおうとするのです。 ところが、
気難しいキャスは、パトカーに乗ってくれない。

そこで登場するのが、トレイサーRNA。 彼は、キャスとクリスパーRNAを
パトカーに押し込み、3人で現場に急行。

そのマフィアを発見すると、キャスがズタズタにして、排除するというワケ。
これまではキャスが、どうやって標的まで向かうのか分かっていなかったが、
微生物学者がトレイサーRNAを発見した事で、この仕組みが解明されたのです。

この免疫システムに気付いた時、彼女は、1つの仮説を立てた。 この細菌の
習性を、人や動物にも応用できるのではないか?と。

つまり、ガイド役のクリスパーRNAの持つファイルに、切り取りたい遺伝子の
情報を人工的に書き込めば、あらゆる生物の遺伝子をカットして、見た目や
能力を変える事ができるかも知れないと、考えたワケ。

その後、彼女は、アメリカの構造生物学者と共同研究を開始すると、僅か、
1年半で、この仮説を証明。

更に、クリスパーRNAとトレイサーRNAを一体化させた、ガイドRNAを作成し、
より正確に、早くゲノム編集ができるシステムを開発した。

クリスパー・キャスナイン(CRISPR-Cas9)と名付けられた、この技術は、
これまで数年かけて行われていたゲノム編集を、僅か数週間で誰でもできる
汎用性の高い技術に激変させたのです。

2020年に、彼女たちは、見事、ノーベル化学賞を受賞。 この技術は、我々、
人類の進化を大きく変えるだろうと、高い評価を受けた。

実際、クリスパー・キャスナインは、医療や農業・エネルギーなど、あらゆる
分野で応用され始めている。 中でも私たちに身近なのが、ゲノム編集食品。

2021年9月。 日本のベンチャー企業が、世界で初めて、動物性ゲノム編集
食品の販売を開始。

どこがスゴイかというと、受精卵の段階で、ミオスタチンという筋肉細菌の
成長を抑える働きがあるDNAをカットするのです。 すると、通常の8割程度の
餌で、最大1.6倍も大きく育つ、マッチョなマダイになったのです。
※ ゲノム編集の事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


こんな風にゲノム編集を使えば、資源を節約できるから、環境に優しいし、
大きくて成長が早いから、食糧不足の解決にも役立つと期待されている。

それ以外に農作物では、トマトをゲノム編集し、血圧の上昇を抑えるGABAと
いう成分を、通常の5倍から6倍含ませ、販売している。

ゲノム編集は、健康促進にも役立つというワケ。 でも、安全性は、どうなの?
と思いますよね? それを理解するため、従来の品種改良・遺伝子組み換え・
ゲノム編集。 この3つの食品改良の方法を比較してみると…。

まずは、従来の品種改良。 これは、農家の人がやっているような手法で、
例えば、イチゴを交配させて、その年に採れた1番、美味しいものだけを選び、
人工的に繁殖させる、やり方。

続いて、遺伝子組み換え。 本来、その生物が持っていない遺伝子を外から
組み込んで、食品を改良するというもの。

そして、ゲノム編集食品。 これは、もともと、その生物が持っている遺伝子を
ピンポイントでカットし、変異を起こすというもの。

日本では厚生労働省に届け出を出せば、安全性検査は必要なく、表示義務
もないそうです。 実際、どうなのでしょう? 教授に聞いてみました。

“ゲノム編集は、遺伝子組み換えのように、外から遺伝子を組み込むのでは
なくて、たくさんの遺伝子の中から、狙った遺伝子だけに変異を起こす。
ある意味、従来の品種改良で作られて来たような作物よりも、より安全性が
高いといえるかも知れません。ただ、ごくまれに、狙った遺伝子以外を傷つけ
てしまう事がある。そういった意味からも、消費者の知る権利を守るうえで、
表示義務が必要だという意見もある”

慎重な対応を求める声もあるのですね。 世界に目を向けると、その対応は、
さまざま。 EUは、ゲノム編集食品を厳しく規制しているし、アメリカも農作物は
OKだけど、家畜など動物性の食品に関しては、FDAが厳しい審査が必要だと
している。 でもゲノム編集への期待は高く、意外な分野でも活用されている。

その1つが、感染症対策だ。 例えばアフリカでは、マラリアを撲滅させるプロ
ジェクトが進んでいる。 マラリアは世界で年間2億人以上が感染し、60万人
以上が死亡しているという、世界最強レベルの感染症。

最近、厄介な事に、マラリアを媒介する蚊が、殺虫剤の耐性を持ち始めて、
手に負えなくなって来たそう。 そこで使う技術というのが、遺伝子ドライブ。

どうやるのかというと、まず蚊の性発達に関係するダブルセックスと呼ばれる
遺伝子を改変し、生殖能力の低い蚊を作った。

生物は両親からDNAを半分ずつ受け継ぐから、通常、その変異が子孫に伝わ
る確率は、50%。 世代を経るごとに、変異は、どんどん薄まって行くよね。

でも遺伝子ドライブを使えば生殖能力の低い遺伝子が100%子孫に伝わって
行くというワケ。 そうやって、激減させてしまおうという事です。

地域社会などから理解されれば、将来的に実現する可能性があるそうです。
スゴすぎるでしょ? でも、まだ驚いちゃダメ! ゲノム編集なら、生物を復活
させる事も出来てしまう?

2021年9月。 ハーバード大学の教授が率いるベンチャー企業が、マンモスを
復活させて、北極のツンドラ地域に放つという計画を発表。

アジアゾウのDNA配列が99.6%、マンモスと一致している事から、残り0.4%を
書き換えて復活させるそう。 遅くとも5年から10年以内には、マンモスを見る
事ができるだろうというのだから、ビックリだよね!

一方で、遺伝子ドライブやマンモス復活計画には批判の声も。 人間のエゴで
生物を激減させていいのか?とか生態系に悪影響を及ぼすのではないか?
とか、いろんな意見がある。

そんな中、ゲノム編集技術は医療にも応用され始めている。 アメリカのペン
シルベニア大学の博士は、ある患者のがん細胞を50%縮小する事に成功。

更に研究が進めばゲノム編集で、がんを根治できるのではないか?と、期待
されています。 でも、ちょっと信じられない話もあります。 それは今、アメリカ
を中心に広まっている、DIYバイオ。

大腸菌などをゲノム編集する遺伝子工作キットを使って自宅で手軽に実験を
行う人が増えているというのです。

遺伝子工作キットを販売する会社のCEOが、自分の体にクリスパー・キャス
ナインを注射し、筋肉量を増やすという人体実験をユーチューブでライブ配信。
これをマネして、映像をアップする人が続出。

その状況にFDAが、安全性が確認できないとして、警告する事態にまで発展
したのです。 (FDA→アメリカ食品医薬品局)

もっと信じられない話もあって中国では、ある科学者が受精卵をゲノム編集。
エイズウイルスに感染しにくいように遺伝子を改変した、デザイナーベイビーを
誕生させた(双子で)。 ちょっと待って! それって、やっていいの?

そのデザイナーベイビーを発表した中国人科学者には、世界中から非難が
殺到。 不法な医療行為を理由に、懲役3年の実刑判決が下った。

今のところ、世界の共通認識は、たとえ治療目的であっても受精卵や精子の
ゲノム編集は許されないというもの。でも、何で治療目的でもいけないのか?
その理由について、また、教授に聞いてみた。

“万が一、オフターゲットのような変異が起きてしまうと、その変異はその後の
子孫にも伝わるという事になります。また、生まれてくる子供には意思がない
ので、治療を選べません。更に問題なのは、差別や格差など社会的な分断を
生む可能性がある。治療を受けられる人と受けられない人がいるというような
不平等な社会にならないように、今後、注意して行く必要があります”

こうして見てくると、僕らの未来にとってゲノム編集とは、ものすごい可能性を
秘めた技術だけど、使い方を間違えれば、人権問題や、社会の分断を招いて
しまう、危険な技術にもなりうるという事は、忘れてはいけないね!

これまで、夢の技術と考えられて来たゲノム編集。 見た目や能力を自在に
改変し、生死までをも操れるようになった時、人類は、その欲望を抑える事が
できるのだろうか? いや、待てよ… その人間の欲深い遺伝子を、ゲノム
編集でカットしたら… そんな世界って、ユートピア? ディストピア?



未来の医療に革命が起きるゲノムテクノロジーの安全性と危険性

FC2トラックバックテーマ:「最近発見したことは?」
“ここは、動物実験が行われる場所です”  中国・蘇州にあるバイオ企業の
研究施設。 ここで自然界には存在しない生命が次々と生み出されています。
紫外線を当てると緑色に光るマウス。 クラゲの遺伝子が組み込まれています。

テクノロジーの進化によって、人類は生命そのものを思い通りに作りかえ始め
ています。  “私たちは、あらゆる生命の遺伝子を操る技術を手にしました。
創造の可能性は、無限に広がっています”

今、人類が抱える、さまざまな課題。 最新の科学は、2030年頃に、限界に
達すると警告しています。 資源の大量消費、人口爆発と食糧問題、そして
加速する温暖化。飽くなき人間の活動が地球の運命を左右し始めています。

更に、急速に進化するテクノロジー。 使い道を誤れば、大きなリスクになる
恐れがあります。 危機を乗り越える道筋を探る、2030。 今回のテーマは、
生命そのものを操る最先端技術、ゲノム・テクノロジーです。

今、人類は膨大な遺伝情報ゲノムを解析し、思い通りに操作し始めています。
その技術は、変異を続ける新型コロナのワクチンや、治療薬の開発にも利用
され、パンデミックに立ち向かう重要な武器となっています。

更に、人類を悩ませて来たガンなど、重い病の克服や食糧危機といった地球
規模の課題解決に、大きな期待がかかっています。

“ゲノムテクノロジーは、農業・新素材・医療など、あらゆる分野で欠かせない
ものになります。 かつての産業革命に匹敵する影響を及ぼすでしょう”

これまで、膨大なコストがかかっていた、ゲノム情報の解析。 2030年には、
限りなくゼロに近付くと試算されています。

人々が、あらゆる生命を自在に操作できるようなったその先に、何が待ち受
けているのか?人類の欲望に歯止めがかからず、技術が暴走して行く未来。

誰よりも美しく。 そして、誰よりも能力が高い。 思い通りの子供を生み出す
デザイナーベビーの誕生。 人間の価値が、ゲノム情報をもとに判断され、
優れた遺伝子を持つ者と、そうでない者の格差が広がり続ける社会。

“テクノロジーの進化が、あまりにも早いため、人々の理解が追いついていま
せん。この様な強力な技術を、議論もないまま使う事は非常に危険なのです”

未来の世代の運命をも変えつつある、人類。 光と影が交錯する、この技術を
制御する事は出来るのか?  2030年までの10年、歩むべき道を探ります。

私、熱が、37度もある… もしかして、新型コロナウイルス感染症かも…?
先生の診察… ゲノム解析の結果なのですが、結論から言うと、旧型コロナ
ではないですね。 …え?旧型? あぁ、君の時代は新型か。 まぁ、とにかく
コロナではないです。  …もしかして、ここは未来の病院?

それより… あなたのゲノムには、ガンや糖尿病のリスクが見受けられます。
私たちの時代には、どれも大変な病気ではなくなるのですけどね。

あの、先生… 何で、そんな事が分かるのですか?ゲノムテクノロジーの
おかげです。 ゲノム… テクノロジー?

未来の医療に革命が起きたのです。 すごい革命です。 ただ、この技術には
光と影があります。 あなたたちは、大変な未来が待っている事に、まだ気付
いていないのです。 その革命は、まさに今、起きようとしています!

中国・杭州(杭州市腫瘤医院)。 ゲノムテクノロジーを活用した最先端治療を
行う、ガンの専門病院です。 1年間で訪れる患者は、16万人。

ほかの病院では治療が難しいとされた、末期のガン患者たちが、次々と入院
して来ます。 この6歳の男の子は、脳にガンが見つかりました。

重い副作用と闘いながら、抗がん剤治療を続けて来ました。 父親は、すがる
ような思いで、この病院を訪れたといいます。

“我が子の病気が治るなら、何だってやってあげたいと考えるのが親でしょう”

病院長は、これまで20人以上の末期ガンの患者に対してゲノムテクノロジーを
応用した臨床試験を行い、一部の患者に効果が確認されています。

“私たちは、遺伝子を操作する技術を使って、患者の体がガン細胞と戦う力を
高めています”

その治療を受けた男性です。3年前、食道ガンで余命3カ月と診断されました。
当時の男性の体内では、食道ガンが肝臓などに転移し、大きく広がっていま
した。 ところが、この治療を受け始めてからガンはコントロール可能なレベル
にまで抑えられたといいます。

こうした治療は、中国以外でも進められていて、将来の実用化が期待されて
います。  “他に、治療の手段はないと言われましたが、父には、可能な限り
生きてほしいので、臨床試験に参加しました。 初めは、ちょっとだけ怖かった
ですが、治療を頑張った結果が出て安心しています”  

ゲノムテクノロジーを活用した治療。 そのメカニズムです。 ガン患者の体内
では、キラーT細胞と呼ばれる免疫細胞が、ガン細胞と戦っています。

このキラーT細胞の遺伝情報ゲノムを、最新の技術を使って思い通りに操作。
ガン細胞への攻撃力を高め、増殖を抑え込む事が出来るというのです。

“中国では、ゲノムテクノロジーにより新しい治療が次々と生まれ、医療を変え
始めています。 1日でも長く生きたければ、この新しい治療方法を試す価値が
あるでしょう”

一体、どのようにして、ゲノムを思い通りに操作する事が可能になったのか?
ゲノムは、体の特徴や機能を細胞レベルで決める、人体の設計図です。
A・G・C・T。 4つの物質の組み合わせから成っています。

しかしゲノムの配列は何十億にも及ぶため場所を特定し、その組み合わせを
書きかえる事は、容易ではありませんでした。

2020年12月11日。 ノーベル賞 オンライン授賞式。 その壁を打ち破り生命
科学の常識を覆したのが、去年ノーベル賞を受賞した、カリフォルニア大学
バークレー校の博士です。

博士が注目したのが、チーズやヨーグルトに含まれる、乳酸菌などが持つ、
特殊なタンパク質です。 これを、細胞の中に注入すれば、簡単にゲノムの
配列を変える事ができるというのです。

ゲノム編集の可能性を広げた、クリスパー・キャス9という画期的な技術です。
このタンパク質は、特定の配列を見つけ出し、その部分を切断する能力を
持っていました。
※ ゲノムテクノロジーの事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


博士は、このタンパク質に、切断したい配列を覚えさせ、細胞に注入。 すると
膨大なゲノムの中から目的の部分を見つけ出し、切断。同時に組み込みたい
配列を注入しておけば、思い通りに配列を書き換える事が出来るのです。

ゲノム編集の技術は、既に医療以外の分野でも応用されています。食糧問題
解決のために、収穫量を飛躍的に向上させた、トウモロコシ。

更に、温暖化に強い作物の開発も進められ、人類が直面する大きな課題にも
役立てられると期待されています。

“クリスパー・キャス9は、医療や農業など、あらゆる分野で使える技術です。
私はこれを、誰にでも利用できるテクノロジーにしたいのです。これは世界を
大きく作り変える事が出来る画期的な基礎技術です。ゲノム編集はこれから
ますます加速して行くでしょう”

2021年3月。 全国人民代表大会(中国)。この技術を、急速に発展させようと
しているのが、中国です。  首相は、言う。  ‘科学技術を飛躍させる’

2030年までの10年で、科学技術の強化を目指し、ゲノムテクノロジーを成長
分野の大きな柱の1つと位置づけています。

ゲノム編集に関連する特許の数。 当初、アメリカがリードしていましたが、
2016年に逆転。 世界の最前線と、なりつつあります。

そして、世界を襲った新型コロナのパンデミック。 その中でも中国は、この
技術を用いて、更に存在感を高めようとしています。 中国のバイオ企業が
生み出す、ある生物が今、世界中で売れていると聞き、取材に向かいました。

防護服に身を包んだ作業員が案内した先… 生物実験室。 そこにはケージに
入れられた、おびただしい数の実験用のマウスが並んでいました。 社長が
持って来たマウス。 一見、普通のマウスに見えますが…。

“一部の遺伝子を人間のものに改造しました” 通常のマウスは新型コロナに
感染することはありません。 しかし、人間の遺伝子の一部を組み込まれた
このマウスは、感染するという特徴を持っています。

このマウスを使えば、変異を続ける新型コロナのワクチンや治療薬の開発に
必要な実験ができると、世界中から注文が相次いでいるのです。

“今年は新型コロナの研究用に、最新型マウスを、たくさん出荷しています。
とても忙しいです”

この企業では、ゲノム編集の技術を取り入れ、新しい特徴を持つマウスを、
次々と生み出しています。

顧客の要望に合わせ、まるでプログラミングのように、ゲノムの配列を決めて
行きます。 横たわっているのは、麻酔をかけられた母親マウス。

その子宮の中に遺伝情報の一部を書きかえた受精卵を移植します。 こうして
自然界には存在しない新たな命を、大量に生み出す事ができるのです。

“我々にとって生命とはデジタル情報の集合体なのです。私たちは、あらゆる
生命のゲノム編集を可能にする技術を手にしました。創造の可能性は無限に
広がっています”  大きな可能性を秘めた、ゲノムテクノロジー。

2030年までの10年の間に、急速に進化を遂げるといわれています。
去年、アメリカのシンクタンクが報告書を、まとめました。 背景にあるのは、
ゲノム情報を解析するコストの急速な低下。

2000年には、およそ100億円かかっていましたが、2030年には限りなくゼロに
近づくと試算されています。 人類が、あらゆる生命の設計図を手にし、操作
できる可能性が、飛躍的に高まるのです。

報告書では、大きな可能性の一方で、懸念されるリスクについても指摘して
います。その1つが、遺伝子操作によって未知のウイルスが作り出され人類の
脅威となる可能性。 そして、人間の受精卵を操作して、子供に望む特徴を
持たせる事の問題を懸念しています。

マッキンゼーグローバル研究所の所長は、言う。 “この技術は光と影が混在
するパンドラの箱です。使い方を誤れば、人間の命に関わります。 どこかで、
倫理の線引きをする必要があるのです。私たちは次の10年、よりよい選択を
するために、この問題に向き合わなければなりません”

既に、ゲノムテクノロジーのリスクを、実際に示した研究者も現れています。
カナダの科学者らが発表した、論文。 ゲノムを1から合成する事で、馬とう
ウイルスという、感染力の強いウイルスを人工的に作り出しました。

今回、その研究者が取材に応じました。 アルバータ大学の教授です。
‘人類にとって脅威となるウイルスを、人工的に作り出せる時代が、既に、
やって来ている’  世界に警鐘を鳴らしています。

“人々が危険に気付いていない事を心配しています。 この技術で、将来、
あらゆるモノを作る事が可能になります。甘い考えで作られたものが、最悪の
事態を招いてしまうのではないか?油断すると新型コロナと同じような危機に
直面する事になるでしょう”

私のいる未来の世界でも、新たなウイルスによるパンデミックの脅威にさらさ
れています。

社会の奥底に潜む不満・憎悪。 光が強いと、その分、影も濃くなるものです。
2030年が分岐点。 ゲノムテクノロジーを人類が有効に活用する明るい未来に
進むのか? それとも、使い方を誤り、暗黒の未来に進むのか?

運命が分かれます。 あと10年。 技術の進化は、もう止められません。
既に、あなたたちの命のあり方が、大きく変わり始めているのです。

少しでも命を長らえたい。 人々の欲求に応えるための研究が、既に始まって
います。 中国・雲南省にある、世界最大級の霊長類研究所。

動物実験用に、4000頭のサルが飼育され、ゲノム編集を使った研究が繰り
返されています。 ここで行われている最新の研究。 それは…。

“我々は、ヒトとサルの細胞が混ざった、キメラを作りました。 まだ細胞実験の
段階で、実際に誕生したわけではないですが、遺伝的に近い生物のキメラを
どのように作るのか?その仕組みを研究しています”

異なる遺伝情報を持つ細胞が混ざった混合体キメラ。細胞レベルでの研究は
認められていますが、実際に人間と他の生き物のキメラを誕生させる事は、
世界中の多くの国で禁止されています。
※ ゲノムテクノロジーの事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


‘教授のサルは、もはや最も人間に近い存在です!’ しかし教授は、この
研究が将来、実用化されれば、人類のためになると、その意義を語りました。

“人間と他の生物のキメラを作る理由、それは将来、他の生物の体の中で人間
の臓器を作り出すためです。これは移植用の臓器不足を補う技術なのです”

更に人間のゲノムに手を加え望み通りの子供を生み出すデザイナーベビー。
1人の科学者が、禁断の領域に足を踏み入れる発表を行いました。

“2人の美しい中国人の女の子ルルとナナが数週間前、元気に産まれました。
遺伝子を変えるために、少しだけタンパク質を注入しました”

中国の若手研究者。 人間の受精卵をゲノム編集し、エイズウイルスに感染
しにくい双子の女の子を誕生させたというのです。 公表の2日後。

若手研究者が出席を予定していた国際会議には、科学者や報道陣が、世界
から詰めかけました。

“私たちは、人間の特定の遺伝子をデザインする事が実際に可能か評価しま
した。 組織病理学の観点から、心臓・肝臓・肺・胃は、正常でした”

親の望む特徴を子供に持たせる事になる受精卵のゲノム編集。 厳しい質問が
浴びせられました。

Q: あなたは越えてはならない一線を越えてしまいました。なぜ、そんな事を
秘密裏に実行したのですか?倫理的な手続きは、どうなっているのですか?

“私は、会議室で夫婦と面会し、立会人のもとで、同意取得の書類を手渡して
います”

その後、若手研究者は、中国政府の取り調べを受け、違法医療行為の罪で
逮捕。 公の場から姿を消しました。 人間の受精卵のゲノム編集に関する
規制の議論は始まったばかり。 国際社会で合意された法規制はありません。

事件を受けて世界の科学者たちが作る国際委員会が報告書をまとめました。
この技術は、まだ安全性が確立していないとして、ゲノム編集した受精卵を、
母親の子宮に移植する事は、当面の間、行うべきでないとしました。

しかし、ゲノムテクノロジーによる、新たな医療の可能性を封じてよいのか?
研究者も葛藤を抱えています。 上海科技大学の教授も、その1人です。

“これはゲノム編集した人間の受精卵です。見た目では普通のものと区別が
できませんよね?”

この研究には正当な目的があり、それを知ってほしいと、取材に応じました。
教授が取り組んでいるのは、マルファン症候群という、先天的な病気の研究
です。 骨格などに異常が生じ、高い確率で子供にも受け継がれます。
受精卵の段階でゲノム編集を行えば、それを防げると、教授は考えました。

“私は農村で生まれ育ちました。 小学生の頃、幼なじみの女の子に遺伝病が
ありました。 それは神様が決めた事だと、ひと言で片付けられるかも知れま
せんが、患者にとっては公平ではないと思ってしまうのです”

いまだ、その是非について、議論が十分になされていない、人間の受精卵の
ゲノム編集。 しかし教授は、生物学者の仕事は、あくまで、将来に向けて
技術を高める事だといいます。

“倫理の事は倫理学者に、お任せすべきだと思います。 彼らの知恵で問題の
解決にあたるのです。 私のような生物学者は、技術的な事を研究するのが
仕事です”

淡々と質問に答えていた教授。 技術は、悪用されないのか? デザイナー
ベビーには、つながらないのか? 質問を重ねると突然、語気を強めました。

“一般の人には私の研究を、到底、理解できません!ひどい事をやっていると
思われてしまいます!もう、これ以上、話したくありません!これは、とても
デリケートな問題です!私を困らせないで下さい!技術的な質問ならともかく
デリケートなところには踏み込みたくありません。私を巻き込まないで下さい!
一般の人は、私の研究を理解できません!きっと誤解するでしょう!”

教授は、ゲノム編集した受精卵は実験後に処分しており、実際に子供を誕生
させた若手研究者とは違う!と、主張しました。

研究者の中には、人類の可能性を広げるために、むしろゲノムテクノロジーを
積極的に使って行くべきだという人もいます。

新興技術の倫理などを研究する哲学者で、オックスフォード大学の教授です。
医療の範囲を超えて、人間の能力を強化する事が、むしろ公平なチャンスを
もたらすと主張しています。

“どうして、ある人は才能を持って生まれ、ある人は不利な状況で生まれなけ
ればならないのか? 全ての人が、遺伝的に適切な人生のスタートを切り、
技術をいかして、自分の人生を設計して行く力を持つべきです。運任せにする
のではなく、自分たちで決めるのです。 私たちは、人類史上初めて、世界を
変えるだけでなく、自分自身を変える技術を手にするのです”

この技術が、歯止めなく進んで行った先に、どんな未来が待っているのか?
この問題に強い関心を抱いて来たのが、現代アーティストの女性です。

テクノロジーの進化によって人類の未来が、どう変わって行くか?芸術作品を
通して社会に問題提起して来ました。 訪ねるのはグリーフケア研究所の所長。

これまで生命科学の倫理に関する政府の委員を務めるなど、社会的・倫理的
側面から、この問題に向き合って来ました。

Q: ゲノム編集を、一体、どこまで使って行くのか? これが、どんどん進んで
行った先に、どういった事が考えられると思いますか?

“命というのは、授かるものだったわけですね。結婚したら子供を作るのよって
言うけども、作ろうと思っても、作れるものではないので、授かる。で、どういう
子供かというのは分からない。思った様な子供ではない。これは育てて行っ
ても、そうならないのですが思ったような子供を作るという、そういう事をし始
めるという事ですよね。これは命の選別と言ったりしますけども、そういう事が
起こるというのは、命を作る事になる。作る命は、壊せるのですよね。モノの
近付いてくる。 命の尊さの基本感覚というものが、怪しくなってくる可能性が
ないでしょうかね”
※ ゲノムテクノロジーの事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


Q: 科学技術って、私たちの社会のニーズだったり、欲望に、かなり忠実に
進んで行くというか、私たちの社会の映し鏡的なところが、すごく科学には
あるなって感じるのですけど。

“科学技術は前に進んで行くものなので次に、この事が出来る。それは、しな
くてはならない。でも何のため?という、そこが分からない。1人1人にとって、
実は、何が大事な事なのかという事を、今やっている事に照らして考える、
それがしにくい社会になってる。それが科学の進歩というものが、それを映し
出してしまっているというか…ただ、ただ忙しい。先へ先へ進む。どこへ向かっ
て行けばいいのか?を考える暇がないという、こういう風な危うさですね…”

飽くなき欲望が、ゲノムテクノロジーを暴走させたのです。 あれ(仮の未来)を
見て下さい。 受精卵にゲノム編集を行おうとしている夫婦です。 遺伝子
疾患・ガン・糖尿病・HIV …。 さまざまな疾患を予防します。

持久力や筋力もアップさせ、睡眠時間も少なくて済むようにする。 親たちは、
こぞって健康優良児を作ります。 いわゆる、デザイナーベビーです。

心臓や肺などの臓器は、いつでも取り替え可能です。 サルやブタが、人間の
臓器を絶えず作り続けています。 他の生命の犠牲と引き換えに、人間は命を
長らえます。 そこ(仮の未来)は、ゲノムテクノロジーに縛られた世界だった。

誰もが優秀なゲノムを持つ人を、探し求めている。 膨大なゲノム・データが
解析され、知能や容姿を向上させる傾向が解き明かされていた。

お金持ちは、ゲノム編集するために旅に出る。 クリスパー・ツーリズムとも、
呼ばれているそうだ。 規制が緩い国に行けば、思い通りの遺伝子を獲得で
きる。 優秀な遺伝子を代々、引き継ぐ、上流階級が生まれていた。

誰もが等しく、最先端の技術を享受できるわけではありません。 未来の世界
でも、物を言うのは結局、お金です。

あの人たちは、ゲノム編集できない人たちです。 能力が低いと見なされ、
定職に就く事もできない。 世間は、無用者階級などと呼び、蔑んでいます。

全ての判断は、ゲノム情報をもとに行われます。 不平等と差別が、ゲノムに
刻み込まれたのです。 人間の能力・効率・合理性が極度に優先される社会。

弱い立場の人達は未来の世界では、ますます追い詰められてしまうのです。
同じ人間なのに…。 同じ世界・同じ地球に住んでいるのに…。

私たちの未来を左右する、ゲノムテクノロジー。 2030年には、ゲノム解析の
コストが限りなくゼロに近づき、技術は増々、拡散して行くと見られています。

(ネット配信より)  ‘皆さんに、ちょっと変わった私の生活を紹介します。 1階
部分をラボに改装しました’アメリカ・カリフォルニア州に住むバイオハッカーの
男性。 ゲノム編集の技術を一般の人にも普及させたいと、活動をしています。

‘この説明書には、クリスパーの使い方が書かれています’ バクテリアの
ゲノムを、自宅で簡単に操作できるキットを全世界に販売。 10代から80代
まで、幅広い世代の人が、購入しているといいます。

“日本・韓国・ヨーロッパ・アメリカ・南米・オーストラリア・ニュージーランド…
そしてアフリカでも! このキットは、世界中で購入されています”

将来的に、自宅で高度なゲノム編集もできるようにしたいと考えている男性。
体を張った実験を行い、その様子をインターネットで公開しています。

‘皮膚の塊を手に入れたぜ!’  この実験では、皮膚の細胞にゲノム編集を
施し、光らせようとしていました。  ‘特に右端の蛍光している部分… かなり
目立っているのが分かります’

“ゲノムテクノロジーによって個人が影響力を持つ事は素晴らしいと思います。
2030年までには、自宅のガレージやアパートで新たな発見が生まれるに違い
ありません!”

技術が猛スピードで進展する中、市民の間の議論は、まだ始まったばかり
です。 ゲノム編集に詳しい、人類学者の准教授です。

“技術によって強化される人類の未来を考えた時、皆さんは、どこで線引きを
しますか?”  学生や市民を集めて、対話を続けて来ました。

‘倫理観を形成する、世界的な枠組みがありません。 そのため、倫理的な
議論が出来ないまま、技術が、ひとり歩きして行くと思います。誰もが、能力を
強化できるわけではありません。 ゲノム編集できるのは、恵まれた人たち
だけです。 平等な選択とは、言えなくなると思います’

この日の議論には、遺伝性の病気に悩む人や母親なども参加していました。
‘なりたい自分になる事ができる。 それは、とても素晴らしい事だと思います。
でも、これは優生学や排除の問題に、つながってしまいます’

‘多様性を理解する事が必要ですが必ずしも世の中は、そうなっていません。
ダウン症の子がいる親の間にはこんな言葉があります。あなたを変える事は
できないが、あなたのために世界を変える事ができる。 ですからテクノロジー
を倫理的に利用するには、多様な価値観が認められるように、世界を変えて
行く事が必要です’

この問題に強い関心を抱いて来たのが、現代アーティストの女性は、言う。
Q: 私たちは、これから10年後、2030年に向けて1人1人、一体、どういう事を
考えて行かないと、いけないと思いますか?

グリーフケア研究所所長は、言う。 “影響を受けるのは社会ですから。生活
の仕方が変わってしまう。今、生きている人だけではないのですね。まだ生ま
れてない人たちに、大きな影響を与えるかも知れない…そういう事を、一部の
人だけで決めていいはずはないですね。共通の価値に基づいて何が、いい
事かという事に基づいて、科学が進む方向を判断しなくてはならないと思う。
2030年には本当に、すぐそこまで来ているという事ですね。ですので、これを
社会的・倫理的問題として取り組む。 こういう時代になって来たと思います”

世界の専門家たちと議論を重ねている、ユネスコの国際生命倫理委員会の
議長です。 私たちの向き合い方が、問われていると語ります。

“私たちは、もはやテクノロジーの単なる消費者ではいられません。2030年に
何が起きるかは、私たち自身にかかっています。私たちは、驚くべき可能性と
同時に、とてつもなく大きな責任も背負っているのです!”

ゲノムテクノロジーは、よりよく生きたいという私たちの願いを、かなえてくれる
かも知れない! だけど、その先に、本当に幸せが待っているのだろうか?

私たちに生命を操る資格があるのだろうか? 日常の中に、当たり前のように
ある命。 その意味を今、立ち止まって考えたい未来の人類に誇れる10年に。
※ ゲノムテクノロジーの事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


ステーキの味がするトマト? ビールが光る? 開発しているのは市民たち。
今、高度なバイオテクノロジーを使って、発明に手軽に挑む動きが、世界で
広がっています。 愛犬の遺伝子を操作して、病を治そうとする人も…。

愛犬家は、言う。 “遺伝子を変えるコストが、随分安くなったので、これまで
出来なかった事も、出来るようになったのです”

遺伝子組み換えに、ゲノム編集。 技術がオープンになり、費用も格段に安く
なったことから、趣味として楽しむ人たちが増えているのです。

中学生の男の子は、言う。 “遺伝子変革は、ブロック遊びのようなものさ…”
世界を変える発明が、生まれるかも知れない…。 ビジネスの面から、早くも
期待が集まっています。

投資会社の役員は、言う。 “非常に大きな産業になると思っています。
バイオにおけるアップルやマイクロソフトみたいな会社が、今、もう、すでに
生まれているのかも知れません”

バイオ技術を、 Do It Yourself 手作りで! その先に、どんな世界が待って
いるのでしょうか?

都内で定期的にミーティングを行う一風変わった趣味のサークルがあります。
メンバーは、生物好きの高校生や会社員など、およそ40人。

挑んでいるのは… “自宅で肉を培養する方法を、そんな事をやっています”
自分たちで、動物の細胞を培養し、人工の食用肉を作ろうというのです。

世界の研究者たちが取り組んできた、この技術。 その味は? “本物の肉
みたい”牛の筋肉から取った幹細胞を、再生医療の技術を使って増やします。

生き物を殺す事なく、食肉を作り出せる、画期的な技術です。 これを自宅で
実践しようというのが、サークルの目的です。

メンバーの1人、外資系のコンサルティング会社に勤務している女性です。
“ここのスペースが、私の実験スペースで、ここの中で今、細胞を培養してる
ところです” リビングで鶏肉の細胞を培養。 毎日、その成長を見守るのが、
何よりの楽しみです。

“細長い線みたいなところが、生きた細胞です。頑張って、のびのび育とうと
生きようとしているのが、健気でカワイイです”

培養に使う器具は、ネットで買い集めたり、自分で作ったものです。 例えば、
この扇風機、細胞を取り出す遠心分離機の代わりです。 SFの世界を実現
するような気分を味わえるのが、魅力だといいます。

“単純に、未来のある事を、やってみたいなとか、未来を実現するために、
そういう活動をしてみたいなって…”

今、こうしたバイオテクノロジーを、趣味として楽しむ人が増えています。
日曜大工のように、気軽に楽しめる事から、Do It Yourself (DIY) バイオと、
呼ばれています。 DIYバイオが世界で最も進んでいるのが、アメリカです。

ニューヨークで会社経営をする、この男性も、5年程前からDIYバイオの魅力に
取りつかれたといいます。  “僕の実験室へ、ようこそ!”

趣味で自宅に作った、この実験室。 ここで、この世に存在しない植物を、
次々と生み出して来たといいます。 “牛肉に、最も多いタンパク質のミオグロ
ビンです。私は、これを、トマトに入れました” 変わった形の、このトマト。

牛肉の遺伝子が組み込まれていて、ステーキの味がするといいます。
今、取り組んでいるのが、自然界には存在しない、青いバラの花。 青い貝が
持つ遺伝子を、バラに組み込もうとしています。

駆使するのは、遺伝子改変の技術です。 生物の情報が詰まった遺伝子。
1つ1つの複雑な配列が色や形等、その生物の特徴を決めます。この男性は
コンピューターで、遺伝子の構造を解析。 特定の遺伝子を探し出します。

そして、それを切断。 そこに全く別の性質を持つ遺伝子を、外から組み込む
事で、自然界に存在しない植物を生み出すのです。

部屋から持ち出さない限り、アメリカでは、個人が行なっても違法ではありま
せん。 この技術を、男性は、全て、インターネットで学んだといいます。

“生き物の遺伝子を書き換える偉大な力を与えられた気分です。完全にハマ
りました。もっと色んな事を知りたいし、新しい技術にも挑戦したいと思います”

DIYバイオが、急速に広がった理由。 それは、2000年代に入り、生物学が、
より手軽になった事です。 テクノロジーが進歩して、早く、安くできるように
なった遺伝情報の解読。

例えば、ヒトの遺伝情報の解読にかかるコストは、この17年で、8万分の1に
まで下がりました。

遺伝子を扱う人が増える事で、実験に使う器具の価格も下がりました。
遺伝子改変ができる、このキットは、159ドル出せば、誰でも買えます。
こうした事が、DIYバイオを楽しむ人々の裾野を広げて来たのです。

中学生の男の子は、言う。 “遺伝子変革はブロック遊びのようなものさ…
好きな様に変えられて、色々な事を学べるんだ”

そして去年、ついに、こんな人まで現れました。 “私たちは、死ぬまで同じ
遺伝子である必要はないのです”筋肉の成長を促す遺伝子を、自分に注入。

その様子を、インターネットで公開したのです。 実験の目的は何なのか?
本人を直撃しました。 カリフォルニア州に住む、37歳の男性です。

生物化学の博士号を持っていて、遺伝子改変の実験器具を製造・販売して
います。 “ここが、注射したところです…”

自分の体を使った遺伝子実験は、今の所、特に法律で規制されていません。
半年以上経った今、目立った効果や副作用は、確認できないといいます。

なぜ、実験をしたか尋ねると…。 “僕だって、バカじゃない!本当に筋肉を
つけたければ、ジムに通えば良いのは分かっているよ!人の遺伝子が、
いかに簡単に操作できるか、世の中に伝えたかったんだ!”

以前から男性は、治療法がない難病に苦しむ人たちが多くいる事に、胸を
痛めて来ました。

筋ジストロフィーの患者は、言う。 “筋ジストロフィーは、私の体の筋肉をむし
ばんで行きます…お医者さんには、さじを投げられました…”

生物化学の博士号を持っている男性は、言う。 “彼女は遺伝子を変えて、
健康な筋肉を取り戻せないかと考えているんだ”

こうした患者の中には、遺伝子治療に希望を託す人も、少なくありません。
患者が自分の体を使って治療法を探す事も出来ると、男性は知らせたかった
といいます。
※ バイオテクノロジーの事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


“科学の力を使って、病気の治療法を、自分自身で探す事ができるかも知れ
ない。 自分の遺伝子を組み換える事で、なりたい自分になれる。 それが、
今の時代に実現するとしたら、凄い事じゃないか!”

過熱するDIYバイオ。アメリカの医学会は人体の遺伝子改変など、行き過ぎた
実験には、懸念を示しています。

アメリカ遺伝子細胞治療学会の会長は、言う。“専門的な裏付けのないまま、
個人がやみくもに実験を行う事は、リスクを伴います。予想できない副作用を
引き起こす可能性があるからです”

じつは、このDIYバイオを、日本でも体験できる場所が、でき始めています。
都心のビルの一角に、基本的なバイオ実験に必要な設備が揃う実験室が
ありました。

ここでは毎週、初心者向けの講習会や、植物の細胞を培養する実験などが
行なわれています。 リケジョじゃない私も、気軽に体験できました。

バイオクラブのマネージャーは、言う。 “バイオは、とても楽しいものなんだと
いう事を、発見できるような場所になったらいいかなと思います…”

こうした街角の実験室に集まる多様な人たちが、新しい時代を開くのでは
ないかと注目されています。

アメリカでは、DIYバイオを楽しむための団体が、すでに50以上あります。
こうした人々が資金を出し合い、共同で実験室を運営しています。

カリフォルニアにある、この施設。 月100ドルの会費を払えば誰もが、自由に
本格的な機器を使う事ができます。

学校帰りという、15歳の高校生もいました。 “人工血液を作っています。
ユーチューブで作っている動画を見て、もっと良い方法があるかも知れない
と、始めたんです…”

他にも、会社員や主婦などが気軽に立ち寄ります。 こうした場所から世界を
変えるDIYバイオが生まれるのではないかと、期待されています。

DIYバイオを推奨する人は、言う。 “これは革命です!もっと多くの人に、
この革命に参加してもらわなくてはなりません!”

共同実験室の普及を後押しして来たのは、科学を解放し、政府や企業には
できない、新しい変革を起こそうという、オープンサイエンスの動きでした。

“情報をオープンにして、誰もが利用できるようにする事が重要です!
世の中の問題を解決する生物学を、みんなで作るのです!”

オープンサイエンスが、実を結び始めているケースがあります。 病の治療に
欠かせない薬を、市民の手で製造しようというものです。

研究を始めたのは、IT関係の仕事をする男性で、13年前から糖尿病を患って
います。 毎日打つインスリンの費用に、悩まされて来ました。

“月500から600ドル(5万円~6万円ちょっと)は、払っています。アメリカでは
保険に入っているか、金持ちでないと、インスリンを買う事ができません。
インスリンを買えず、亡くなる人までいるのです”

糖尿病の治療に欠かせないインスリンは、一般的に、微生物を利用して製造
します。 人間の体内でも作られるインスリン。

それを生み出す遺伝子を微生物に組み込みます。 その微生物を増殖させて
精製するのです。 インスリンの製造技術は、大企業が独占しており、価格が
下がらない要因になっています。

自分たちで、安く製造する方法を探し、世界中に公開したいと考えた男性。
3年前、ネットで呼びかけたところ、寄付や協力の申し出が相次ぎました。

技術者や元大学院生など、さまざまな経歴を持った人が知識や人脈を生かし
ながら、研究に当たっています。 数年以内には各国の安全基準をクリアして
技術を公開したいと考えています。

IT関係の仕事をする男性で、13年前から糖尿病を患っている人は、言う。
“誰でも作れる手軽な技術を生み出すのが、私たちのモチベーションです。
人類は、これまで、必要なものは、何でも自分自身で作って来ました。
それはこれからも変わりません。 明るい未来を作る最善の方法なのです”

こうした市民が自由に使えるDIYバイオの実験室。 今では、世界中に作られ
ています。

アメリカの研究機関の調査によりますと、DIYバイオを運営する団体は、
アメリカ以外にも、ヨーロッパに55、アフリカに4、オセアニアに9、北米に62、
中南米に16、アジアには22など、世界に168あります。

こうした動きの中から今、社会に貢献する共同プロジェクトやイノベーションが
次々に生まれています。

一方で、多くの人にオープンにすることで、例えば、生態系への影響とか、
出来たモノの安全性、またテロリストが生物兵器を作ってしまうような懸念は
ないのか?

そこは非常に重要な点で、実際、先進国でこういった事をやろうと思う時には
遺伝子の組み換え技術や、生殖細胞の扱い方、あるいは病原菌の扱い方に
関して規制があります。

そのため、ルールを順守する事が非常に大切ですし、ルールがどうやって
できたのかという経緯を学ぶ事が重要です。

また、リスクに関しては色々な面があり、安全面とか、倫理面とか、文化面等
いくつかのものがあるのですが大事なものは情報だと思っています。

こういったオープンに色々な情報がでてくるという事は逆にフェイクであるとか
信憑性のない情報がどんどん出て来る可能性もあるのです。

そこに、どう対応するかが非常に重要という事になってきます。ではオープン
である事と、リスクである事を、どう両立させれば良いのか?

特に、フェイクが混ざりやすい情報のリスクを避けるためにも、オープンサイエ
ンスでシェアする文化というものを積極的に利用して、そこで議論を深めて行く
という事が、実際にものづくりなどと一緒にタイアップして、連動することが、
今後につながるかどうかが、かかってくると思います。

研究をどう進めるかだけでなく、どう使いこなすか、リスクも含めてオープンに
議論して行くことが重要で、そこに未来がかかっていると思います。

熱を帯びるDIYバイオ。 多くの人がオープンに参加する事で、これまでにない
アイデアが生まれる期待を感じます。

一方で、それが、安全で、本当に人々の暮らしを豊かなものにするために、
議論をオープンに高めて行く事も必要だと思いました。
※ バイオテクノロジーの事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


今回のテーマは、ズバリ、昆虫食!  ‘うん、おいしい!’
‘見た目は、ちょっと抵抗ありましたけど、食べられるものだなと思って…’

今、昆虫は世界中が注目する、スーパーフード! アメリカでは、昆虫料理の
パーティーが開かれたり、フランスでは、昆虫をトッピングしたお菓子が発売。
日本でも、ひそかなブームに!

世界が昆虫食に注目するキッカケとなったのは、2013年、国連食糧農業機関
が出した報告書です。 2050年には人口が90億を超え、深刻な食糧不足に
陥り、家畜生産による環境負荷も、大きくなると指摘。

その課題を解決する一手として、昆虫食の可能性を提示したのです。
でも、どうして昆虫なの? 実は、昆虫は栄養価が高く、しかも超エコな方法で
タンパク質を作り出せるのです!

昆虫の持つポテンシャルに、科学者たちも大注目! ゲノム編集による品種
改良や、魚のエサとして利用する研究が始まっています。

“昆虫の可能性は、無限大である。昆虫で地球を救って行く”

もう、ムシできない! 世界の未来を救う、昆虫食の魅力に迫ります!

ムシ… できませんか? アハハハッ。 ええ。 考えていきましょうよ。
ちょっと抵抗あるのですが…。 今回、用意しました。 はい、目の前に、多種
多様な。 こちら側は、もう、ちょっと、形がそのままで…。

これは、スズメバチとコオロギです。 あ~、盛り合わせですね…。 こちらの
お皿は、これも昆虫のものなのですか? こちらのクッキーは、コオロギの
粉末状のものを使っているそうです。

まぁ、ただ、抵抗感というのは、やっぱり、ありますよね? そうですね。
ありますが、世界を救うというところまで、言ってましたからね。

そうなのです。 皆さんもきっと、見え方が変わってきますよ。 そうですかね。
という事で、食べ物としての驚きの実力を見てみましょう!

30年以上、フタホシコオロギの研究を行って来た徳島大学。 そのノウハウを
生かし、6年前に食用コオロギの研究に乗り出しました。

今、世界に先駆けて挑戦しているのが… 
“コオロギは、エビ・カニアレルギーと同じ、アレルゲンを持っているのです。
除去して行かなければ、全世界の人が食べられる状況にならない”

アレルゲンのないコオロギを作る、品種改良です。 そのために用いるのが、
ゲノム編集技術。 ゲノム編集とは、DNAの特定の場所を狙って切断し、
生物の元の性質を変化させる技術です。

この研究室では、編集を行う酵素をコオロギの受精卵、1つ1つに注入。
特定の遺伝子が働かなくなるような、ゲノム編集を行います。

コオロギでのゲノム編集技術を確立するため、まずは、比較的、操作しやすい
目の色を変える事に取り組みました。 目には、赤から黒になる色素があり、
黒にするための遺伝子を働かなくしたのです。

見事、成功! 赤目のコオロギが生まれました! しかしアレルゲンの除去は
こう容易ではありません。 原因となるのは、トロポミオシンというタンパク質。

そのアミノ酸配列の、どこを変化させればよいかは、既に突き止めていると
いいます。 ただ、トロポミオシン自体は、生存に関わる重要な物質。 本来の
機能を失わないよう正確に狙った部位だけを変化させる必要があるのです。

まず、目指すのは、低アレルゲン化。 誰もが食べられるコオロギを作るため
1つずつ、着実に研究を進めています。

この、全世界の人が食べられる状態にするというのに、ここまで情熱を燃やし
てる方が、いるとなると… 昆虫食は、リアルなのですね。

徳島大学は、他にも、栄養価を高めたり、生産効率を上げるような品種を
作ったり、色んな面で、品種改良を行っているみたいです。

Q: 昆虫食が実際に、世の中に、ゴー! みんなで、やろうってなるのって、
どれぐらいのイメージで、思ってるといいですか?

“そうですね。もう10年以内には、人々が口にしているのではないかと期待し
ています”

そんなタイムスケジュールで、どんどんメジャーになって行くのですね。

“そうですね。もう既に、さまざまな企業が参入していますし、ムーンショット・
プロジェクト(ムーンショット型研究開発制度→重要な社会課題に対し、挑戦的
な研究開発を推進する内閣府主導の大型研究プログラム)といった国家事業
が走っておりまして、その中の1つが、この昆虫食のプロジェクトです”

はぁ~、そうか… これだけ全部そろってて、優秀だとなると…。
食べてみますか?  食べ…させてもらえますか?
ちょっと、とても、いい機会を頂いたので、トライしてみます!

という事で、昆虫食を、ご用意しました。
まずは、クッキーの方を頂きます。 すごく美味しいです!
今、分かったけど、虫の姿が見えてなくて味付けが美味しければ、その中に
ある機能は最高なのだから、何も嫌な事はないです。

問題は… 虫の姿のままの… こっちですよ。
“これはローストだと思いますけど非常に濃厚な味に仕上げたコオロギです”

う~ん… 姿を見ないようにして食べると… うん、美味しい。 濃厚な、いい
香りが… え~?

“やはり虫は、フレッシュな状態で調理したものというのが、とても美味しいの
です”  Q: コオロギは、どうやって食べるのですか?

“竜田揚げが非常に美味しくて。 これは、私の学生が開発したレシピです”
お~、虫にもフレッシュさが大事なのですね。  “とっても重要ですね”

“やはり見た目は、どうしてもハードルが、最初、あるかも知れません。食べて
みて美味しいとなると、だんだん変わって行くのかなと思いますので、既存の
家畜を食べずに虫を食べましょうではなくて、いろんな食材の1つに、虫という
カテゴリーが入る事で、より食が豊かになるのではないかと期待しています”

でも昆虫は、私たちのおなかを満たすだけではありません。 昆虫で、海の
資源を守ろうという研究も始まっているのです。
※ ゲノム編集食品の事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


天才ピアノ少女。 コンクールでは、いつも賞を総なめ。 でも、その才能は、
ゲノム編集でつくられたものだった…。

‘お母さんは、才能なくて諦めちゃったけど、あなたが夢を叶えて’
“うん…私は、そうやって作られた。私の夢は、ママの夢”

何で、こんな話をするのかというと今、実際にゲノム編集という技術が食品や
医療など、あらゆる分野にイノベーションを起こしていて、近い将来、人間の
ありようを一変させてしまうかも…? という、スゴイ話なのです!

いきなりですけど、ちょっと、これ見て。 マッチョなキン肉マンに、鯛の顔?
これは肉厚マダイ。 マッチョだね~。 実はこれ、2021年に、世界で初めて
販売された、動物性のゲノム編集食品。

マダイの遺伝子を操作する事で、食べられる部分を、通常の1.6倍に増やした
というものです。 他にも、成長速度が1.9倍のトラフグなんてものも。 これを
可能にしたのが、クリスパー・キャスナインといわれるゲノム編集技術。

何万年かけ、自然界で偶然起こる進化を、僅か数時間で、人の手で、狙い
通りに起こす事が出来てしまうという、ノーベル化学賞を受賞した、驚異的な
技術なのです。

今や医療分野でも研究が進んでいて、テキサス大学などのチームは、筋ジス
トロフィーの犬を治療する事に成功。

更にゲノム編集でマラリアを媒介する蚊を激減させるプロジェクトや、ネズミの
臓器をヒト化させて新薬の開発に役立てる研究、ジュラシック・パークみたいに
マンモスを復活させる計画も進行中で、その裾野は広がり続けている。

世界が注目する、この技術は、2028年には市場規模は2.5兆円に達すると
予測されているそうです。

一方で、アメリカのユーチューバーがゲノム編集による人体実験をライブ配信
したり、中国の研究者がデザイナーベビーを誕生させたりと、すごすぎるけど、
ちょっとヤバそうな、ゲノム編集の世界。

実際、安全なの?倫理的な問題は?知りたい事は、いっぱいありますよね?
でも、この技術を知れば、人体の神秘に気付けちゃったり、諦めていた病気に
希望を見い出せちゃったり、とにかく世界の見え方が変わってしまうという話。

え?それって今からでも見た目や能力を変えられるって事?まぁ、ゲノム編集
なら、できちゃうかも? なんですよ! 実は、このゲノム編集、ものすごーく
難しいから、これだけは知っておいてほしいという話を、させてもらいます。

生物は、無数の細胞からできていて、1つ1つの細胞の中にDNAが入っている
のです。 そこには遺伝情報が刻まれていて、その1つ1つが、僕らの容姿や
能力・性格などを決定しているのです。

その遺伝情報の総体をゲノムと呼び、ピンポイントで改変してしまうのが、
ゲノム編集。 人間の場合、30億もの遺伝情報があるというのだから、めちゃ
くちゃミクロな世界の話だよね!

この世界で革命を起こした1人が、フランス人の微生物学者。30代の時、無名
の微生物学者だった彼女は研究室を転々とする冴えない生活を送っていた。

そんなある日。 細菌の免疫システムを研究していた彼女は、細胞の中に、
あるものを発見する。 それはトレイサーRNA。 これが後の革新的な技術に
つながって行くのですが、これが、どれだけスゴイ事なのか!

細菌の免疫システムを、マフィアと警察の攻防という設定で、お伝えします。
ここは細菌シティ。常にウイルスという色んなマフィアたちから狙われている。

でもマフィアたちが来たら、警察も応戦。 血で血を洗う泥沼の戦いが続いて
いた。 警察側で、唯一、殺しのライセンスを持っていたのが、キャス。

この暴れん坊刑事が、マフィアをズタズタに切り裂き、体の一部を回収。
クリスパーと呼ばれる保管庫に、ファイリングしているのです。 このファイルの
分析官が、クリスパーRNA。

次にマフィアが侵入して来た時には、彼が保管庫のファイルから、マフィアが
何者か特定。 キャスを呼びつけ、現場に向かおうとするのです。 ところが、
気難しいキャスは、パトカーに乗ってくれない。

そこで登場するのが、トレイサーRNA。 彼は、キャスとクリスパーRNAを
パトカーに押し込み、3人で現場に急行。

そのマフィアを発見すると、キャスがズタズタにして、排除するというワケ。
これまではキャスが、どうやって標的まで向かうのか分かっていなかったが、
微生物学者がトレイサーRNAを発見した事で、この仕組みが解明されたのです。

この免疫システムに気付いた時、彼女は、1つの仮説を立てた。 この細菌の
習性を、人や動物にも応用できるのではないか?と。

つまり、ガイド役のクリスパーRNAの持つファイルに、切り取りたい遺伝子の
情報を人工的に書き込めば、あらゆる生物の遺伝子をカットして、見た目や
能力を変える事ができるかも知れないと、考えたワケ。

その後、彼女は、アメリカの構造生物学者と共同研究を開始すると、僅か、
1年半で、この仮説を証明。

更に、クリスパーRNAとトレイサーRNAを一体化させた、ガイドRNAを作成し、
より正確に、早くゲノム編集ができるシステムを開発した。

クリスパー・キャスナイン(CRISPR-Cas9)と名付けられた、この技術は、
これまで数年かけて行われていたゲノム編集を、僅か数週間で誰でもできる
汎用性の高い技術に激変させたのです。

2020年に、彼女たちは、見事、ノーベル化学賞を受賞。 この技術は、我々、
人類の進化を大きく変えるだろうと、高い評価を受けた。

実際、クリスパー・キャスナインは、医療や農業・エネルギーなど、あらゆる
分野で応用され始めている。 中でも私たちに身近なのが、ゲノム編集食品。

2021年9月。 日本のベンチャー企業が、世界で初めて、動物性ゲノム編集
食品の販売を開始。

どこがスゴイかというと、受精卵の段階で、ミオスタチンという筋肉細菌の
成長を抑える働きがあるDNAをカットするのです。 すると、通常の8割程度の
餌で、最大1.6倍も大きく育つ、マッチョなマダイになったのです。
※ ゲノム編集の事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


こんな風にゲノム編集を使えば、資源を節約できるから、環境に優しいし、
大きくて成長が早いから、食糧不足の解決にも役立つと期待されている。

それ以外に農作物では、トマトをゲノム編集し、血圧の上昇を抑えるGABAと
いう成分を、通常の5倍から6倍含ませ、販売している。

ゲノム編集は、健康促進にも役立つというワケ。 でも、安全性は、どうなの?
と思いますよね? それを理解するため、従来の品種改良・遺伝子組み換え・
ゲノム編集。 この3つの食品改良の方法を比較してみると…。

まずは、従来の品種改良。 これは、農家の人がやっているような手法で、
例えば、イチゴを交配させて、その年に採れた1番、美味しいものだけを選び、
人工的に繁殖させる、やり方。

続いて、遺伝子組み換え。 本来、その生物が持っていない遺伝子を外から
組み込んで、食品を改良するというもの。

そして、ゲノム編集食品。 これは、もともと、その生物が持っている遺伝子を
ピンポイントでカットし、変異を起こすというもの。

日本では厚生労働省に届け出を出せば、安全性検査は必要なく、表示義務
もないそうです。 実際、どうなのでしょう? 教授に聞いてみました。

“ゲノム編集は、遺伝子組み換えのように、外から遺伝子を組み込むのでは
なくて、たくさんの遺伝子の中から、狙った遺伝子だけに変異を起こす。
ある意味、従来の品種改良で作られて来たような作物よりも、より安全性が
高いといえるかも知れません。ただ、ごくまれに、狙った遺伝子以外を傷つけ
てしまう事がある。そういった意味からも、消費者の知る権利を守るうえで、
表示義務が必要だという意見もある”

慎重な対応を求める声もあるのですね。 世界に目を向けると、その対応は、
さまざま。 EUは、ゲノム編集食品を厳しく規制しているし、アメリカも農作物は
OKだけど、家畜など動物性の食品に関しては、FDAが厳しい審査が必要だと
している。 でもゲノム編集への期待は高く、意外な分野でも活用されている。

その1つが、感染症対策だ。 例えばアフリカでは、マラリアを撲滅させるプロ
ジェクトが進んでいる。 マラリアは世界で年間2億人以上が感染し、60万人
以上が死亡しているという、世界最強レベルの感染症。

最近、厄介な事に、マラリアを媒介する蚊が、殺虫剤の耐性を持ち始めて、
手に負えなくなって来たそう。 そこで使う技術というのが、遺伝子ドライブ。

どうやるのかというと、まず蚊の性発達に関係するダブルセックスと呼ばれる
遺伝子を改変し、生殖能力の低い蚊を作った。

生物は両親からDNAを半分ずつ受け継ぐから、通常、その変異が子孫に伝わ
る確率は、50%。 世代を経るごとに、変異は、どんどん薄まって行くよね。

でも遺伝子ドライブを使えば生殖能力の低い遺伝子が100%子孫に伝わって
行くというワケ。 そうやって、激減させてしまおうという事です。

地域社会などから理解されれば、将来的に実現する可能性があるそうです。
スゴすぎるでしょ? でも、まだ驚いちゃダメ! ゲノム編集なら、生物を復活
させる事も出来てしまう?

2021年9月。 ハーバード大学の教授が率いるベンチャー企業が、マンモスを
復活させて、北極のツンドラ地域に放つという計画を発表。

アジアゾウのDNA配列が99.6%、マンモスと一致している事から、残り0.4%を
書き換えて復活させるそう。 遅くとも5年から10年以内には、マンモスを見る
事ができるだろうというのだから、ビックリだよね!

一方で、遺伝子ドライブやマンモス復活計画には批判の声も。 人間のエゴで
生物を激減させていいのか?とか生態系に悪影響を及ぼすのではないか?
とか、いろんな意見がある。

そんな中、ゲノム編集技術は医療にも応用され始めている。 アメリカのペン
シルベニア大学の博士は、ある患者のがん細胞を50%縮小する事に成功。

更に研究が進めばゲノム編集で、がんを根治できるのではないか?と、期待
されています。 でも、ちょっと信じられない話もあります。 それは今、アメリカ
を中心に広まっている、DIYバイオ。

大腸菌などをゲノム編集する遺伝子工作キットを使って自宅で手軽に実験を
行う人が増えているというのです。

遺伝子工作キットを販売する会社のCEOが、自分の体にクリスパー・キャス
ナインを注射し、筋肉量を増やすという人体実験をユーチューブでライブ配信。
これをマネして、映像をアップする人が続出。

その状況にFDAが、安全性が確認できないとして、警告する事態にまで発展
したのです。 (FDA→アメリカ食品医薬品局)

もっと信じられない話もあって中国では、ある科学者が受精卵をゲノム編集。
エイズウイルスに感染しにくいように遺伝子を改変した、デザイナーベイビーを
誕生させた(双子で)。 ちょっと待って! それって、やっていいの?

そのデザイナーベイビーを発表した中国人科学者には、世界中から非難が
殺到。 不法な医療行為を理由に、懲役3年の実刑判決が下った。

今のところ、世界の共通認識は、たとえ治療目的であっても受精卵や精子の
ゲノム編集は許されないというもの。でも、何で治療目的でもいけないのか?
その理由について、また、教授に聞いてみた。

“万が一、オフターゲットのような変異が起きてしまうと、その変異はその後の
子孫にも伝わるという事になります。また、生まれてくる子供には意思がない
ので、治療を選べません。更に問題なのは、差別や格差など社会的な分断を
生む可能性がある。治療を受けられる人と受けられない人がいるというような
不平等な社会にならないように、今後、注意して行く必要があります”

こうして見てくると、僕らの未来にとってゲノム編集とは、ものすごい可能性を
秘めた技術だけど、使い方を間違えれば、人権問題や、社会の分断を招いて
しまう、危険な技術にもなりうるという事は、忘れてはいけないね!

これまで、夢の技術と考えられて来たゲノム編集。 見た目や能力を自在に
改変し、生死までをも操れるようになった時、人類は、その欲望を抑える事が
できるのだろうか? いや、待てよ… その人間の欲深い遺伝子を、ゲノム
編集でカットしたら… そんな世界って、ユートピア? ディストピア?



最先端技術のゲノム編集食品は、どのように作られているのか?

FC2 トラックバックテーマ:「小さなものから大きなものまで!なにか才能はありますか?」
まるまると太った、このタイ。 今、注目の、ゲノム編集と呼ばれる技術で生み
出されました。通常のものと比べて身の量が1.2倍もあるマッスルマダイです。
生命の設計図である、遺伝子を操作して、誕生しました。

近畿大学水産研究所の教授は、言う。 “筋肉量を増やす事で、同じように
養殖して、たくさん食べられる。値段は下がります”

このゲノム編集食品、街の人は、どう受け止めているのでしょうか?
“安全だとなっているのなら、私は、ゲノム編集の方ですかね…”

“やっぱりタイは、日本人が好む魚なので、こういう事で少しでも安くなれば
いいんじやないですかね” “私は不安なので、通常の方ですね…”
“子供に、何か影響があるとと怖いので、普通のタイの方が食べたいかな…”

実は、タイの他にも、血圧を下げる成分を多く含むトマトや、アレルギー物質が
少ないタマゴなど、ゲノム編集食品の研究が相次いでいます。

最先端の技術で開発した新たな食品。 国は近日中にも、ゲノム編集食品の
販売を解禁すると決めました。 ゲノム編集食品は、安全なのか?

すでに販売されている遺伝子組み換え食品とは、何が違うのか?
皆さんの疑問に答えます。

そもそもゲノム編集食品は、どのように作られるのか? リポーターは、言う。
‘ここは、佐賀県の唐津市です。あちらの海沿いに見える建物が、今回、
私たちが取材する研究所です’

ゲノム編集を使った魚の養殖技術を開発している、九州大学の助教です。
実験場は、厳重に管理された建物の中にあります。

今回、特別にカメラが入りました。 九州大学大学院の助教は、言う。
“これが、ゲノム編集のサバになります”

‘私、今、初めてゲノム編集サバと対面しているわけですが、普通のサバと
ゲノム編集サバの違いが、見たところ全然、分かりません’

“はい。 姿・形は、普通のサバと全く同じで、我々が行っているゲノム編集は
サバの攻撃性を抑えようというものです”

実はサバは、強い攻撃性を持っています。 通常のサバの稚魚にエサを与え
ると… バシャバシャと飛び跳ねています。 “非常にアグレッシブですよね…”

この攻撃性のため、サバの稚魚は共食いをしてしまいます。 こちらは、その
瞬間を捉えた映像。 水槽で飼育すると、生存率は僅か1割。

これまで養殖は難しいとされて来ました。 そこで研究が進められて来たのが
ゲノム編集の技術です。 ‘この液体は、どんな役割をするものなのですか?’

“これは目的とする遺伝子を探し出して、そこにくっついて、遺伝子をチョキッと
真っ二つに切ってしまう。 いわゆるハサミの役割をするものなのです”

助教がハサミと呼ぶのは特殊な酵素です。 顕微鏡を使いながら、この酵素を
魚の受精卵へ注入して行きます。

すると受精卵の内部では、遺伝子に変化が起きます。 サバの遺伝子にある
攻撃性をつかさどる部分を、酵素がピンポイントで切断するのです。

すると、攻撃性が抑えられ、共食いをしにくい性質になるといいます。
まだ研究段階ですが、1割だった稚魚の生存率が、4割にまで上昇。
難しいとされて来た、サバの養殖の可能性を広げると、期待されています。

“日本や世界の水産の未来を救うかも知れない。そういった、すごいサバです
よね…まさに、革命と言ってもいい技術ですね!”

こうしたゲノム編集食品は海外から輸入される可能性もあります。日本以上に
開発が進むアメリカ。ベンチャー企業が、こぞって実用化に乗り出しています。

ベンチャー企業の開発担当者は、言う。 “この温室ではトウモロコシや大豆を
栽培しています。全て、ゲノム編集したものです”

通常より収穫量が多いトウモロコシや、ビタミンを多く含むベリーなど50種類に
のぼるゲノム編集食品を開発中です。

ベンチャー企業のCEOは、言う。 “ゲノム編集食品に不安を感じる人もいま
すが、直に受け入れられるでしょう。スマホの仕組みは分からなくても使いま
すよね?それと同じですよ!もちろん、日本にも輸出しますよ!”

ところで、遺伝子を操作すると聞いて、遺伝子組み換え食品を思い出した人も
いるのではないでしょうか?  この両者、一体、何が違うのでしょうか?

例えば害虫に強い遺伝子組み換えのトウモロコシの場合。 害虫を駆除する
タンパク質を作る、バクテリアに着目。 その遺伝子を組み込みました。

このように、遺伝子組み換え食品では、遺伝子を入れるのに対し、今、開発
されているゲノム編集食品では遺伝子を切ります。これが大きく違うのです!

違いは販売のルールにも。 新たに遺伝子を入れる遺伝子組み換え食品は
それによって人間に害を及ぼす事がないか?国の安全性審査を受ける事が
義務付けられています。

企業は成分解析や動物実験などを行い、アレルギーの原因物質や発がん性
物質等が新たに生み出されていない事を確認します。そのデータを国の食品
安全委員会に提出。厳格な審査を受けた上で許可を得る必要があるのです。

一方、今、開発されているゲノム編集食品は、もともとある遺伝子を切るだけ
だとして、今回、国は、安全性審査は必要ないと決定しました。

一体、なぜなのか? その背景には、遺伝子を切るという手法が、これまでの
品種改良で使われて来た事があります。

味がよく、病気に強い事で知られる梨。 ゴールド二十世紀も、遺伝子を切る
事で生まれた品種の1つです。 ここは、ゴールド二十世紀が作られた、実験
農場。 品種改良は、放射性物質を利用して行われました。

農研機構・放射線育種場の博士は、言う。 “この中にあったのです。線量の
大きさでいったら、88.8テラベクレルという、かなり大きな…ガンマ線を出す
線源(放射性物質)が、この中に入っていました”

実験農場の中心に設置されたタワーから出る放射線によって、作物の遺伝子
の一部が切られ、突然変異を引き起こしたのです。

“放射線による突然変異とゲノム編集では、変異の遺伝子が変わる仕組みは
同じ部分があるわけです。機能喪失というところで…長年の突然変異に関係
する食品を食べて来たという食経験もありますので、これまでのところ、何か
問題が発生した事は聞いていませんので…”

一方、ゲノム編集食品には、未知のリスクがあるという指摘もあります。

消費者団体のアナリストは、言う。 “ゲノム編集食品にはオフターゲットという
リスクがあります。食べ物の毒性やアレルギー成分が増えてしまわないか?
懸念しています”

オフターゲットとは、ねらった遺伝子を切るはずのゲノム編集のハサミが別の
遺伝子を切ってしまう事です。 これが起きると、どうなるのか?
※ ゲノム編集食品の事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


例にあげたのは、ジャガイモです。 日光にさらされると、ジャガイモは、毒を
生成します。 緑色に変色する事が、その印です。

もし、オフターゲットによって、緑色にする遺伝子が切断されてしまったら…。
毒が生成されていても緑色にならず、気付かずに食べてしまう恐れがあると
いうのです。

“ゲノム編集については、まだまだ解明されていない事がたくさんあるのです。
科学者の中には、ゲノム編集は世界を飢餓から救う!この技術には良い事
しかない!リスクなども全て分かっている!という人がいます。そうした人は、
まるで自分が神だと、勘違いしているように思います”

日本では近いうちに解禁される、ゲノム編集食品。 街のみなさんに聞くと…
“味とか、本当に食べても体に影響がないのか?”
“ゲノムというのが、よく分からないので… 全く知らないので…”

私たちの食卓に上る可能性が出て来たゲノム編集食品。 現在、開発されて
いるものが、養殖しやすいサバや血圧を下げる成分が多いトマト、アレルギー
物質が少ないタマゴなどがあるのです。

こうしたゲノム編集食品について、国は、1週間後から販売を解禁するとともに
そのルールを決めました。 そのポイントが、こちらです。 まず企業には販売
を始める前に、どういうゲノム編集をしたのか等、内容の届出を求める。

遺伝子組み換え食品には義務とされていない安全性審査、これは必要ない。
そして、こうしたルールは、輸入品についても同様に課せられるという事です。

専門家会議の委員としてルールの策定にも関わられた、明治大学の教授に
話しを聞いてみたいと思います。遺伝子を入れるのが遺伝子組み換え食品。

一方、今のところは切るだけのゲノム編集食品。 この違いで、安全性審査が
必要なのかどうかというのが変わって来るというわけです。切るだけとはいえ
ゲノム編集食品は、本当に安全なのでしょうか?

実は、これまでの品種改良というのは、天然の放射線などによって、ゲノムが
切れる事によって起こっているものです。

ですが、ゲノム編集というのは、これをピンポイントで起こす事によって、品種
改良のスピードをアップするというものです。 なので結局のところ、辛抱強く
品種改良すれば、いつかは取れるものしか取れません。

現状で、出回っている食品とリスクは変わらないと考えられるので、特段の
安全性審査は必要ないのではと考えています。

ただゲノム編集でも、遺伝子を入れるという事は原理的には可能ですよね?
将来的に、これが食品に使われるようになったら、どうなるのでしょうか?

実は、厚生労働省では、企業への届出を求める前に、事前相談のシステムを
敷いているので、まず、事前相談をしてくれ。

そこで、専門家の手によって、本当に安全性審査は必要ないのか? 本当に
品種改良に比べて、リスクが上がっていないのかをチェックします。

そして、安全性審査が必要ありと、遺伝子組み換えに該当するという事に
なれば、厳密な安全性審査を要求する事になるので、これで安全性は担保
できると考えています。

例えばゲノム編集で、遺伝子組み換えのように、別の遺伝子を入れる食品が
出た場合、それは遺伝子組み換えとみなして安全性審査をすると。

ここに至る前のチェックも、ちゃんとやりますという事ですね?そういうルールに
なっています。 今、話しに出た安全性審査について、海外では対応が分か
れているのです。

まずアメリカでは、従来の品種改良と区別できないとして、日本と同じように
安全性審査は必要ないとしています。 一方のEU=ヨーロッパ連合は、遺伝子
組み換えと同じ規制を適用すべきという裁判所の判断が、去年、出ました。
そのために、安全性審査は、必要という考え方なのです。

日本消費者連盟事務局長は、現状ではゲノム編集食品の販売には不安が
残ると主張されているわけですが、アメリカ、日本も同じですが、それとEUの
対応が異なっています。 これ、どう考えていますか?

私たちは、確かに販売に不安を持っていますが、基本にあるのは、そもそも
販売は反対という立場に立っています。 それはなぜかというと、EUでは、
予防原則という考え方をとっています。

これは、日本ではなかなか馴染みがないのですが、簡単に言うと、例えば、
白か黒か分からないモノがあったとすると、黒であれば規制するという事では
なく、グレーでも、それは規制すべきというのは、とても重要な考え方です。
日本も、その考え方を、とるべきだと思っています。

確か、懸念している事というのが、先ほどの話しにもあったオフターゲット、
狙った遺伝子ではない、別の遺伝子を切ってしまう事などをはじめとする
未知のリスクという事ですが、具体的にはどんな事を考えていますか?

ゲノム編集技術そのものがかなり新しい技術なのです。よって、まだ分かって
いない事がたくさんあると思っているので、まだ分かっていないモノを、食品に
適用して、それを流通させるという事に、私たちは反対していますし、懸念を
持っています。

しかも、なぜ、こそまで食べ物というモノに反対するかというと、私たちには
食経験がないのです。 そういったモノを食べるというのは、今の私たちの
体だけではなく、私たちの子供や孫などの未来の世代にも影響するとい事で
とても重要な問題だと思っています。

では実際に販売が始まると、どうなるのか?今年2月からゲノム編集食品の
販売が始まったアメリカを取材すると、消費者の立場から気になる点が見え
て来ました。 まず訪ねたのは、ゲノム編集食品を生産している農家です。

ゲノム編集した大豆を生産しています。食用油の原料として利用されています。
この大豆を生産する農家は急増し栽培面積はこの2年で30倍に増えました。

ゲノム編集大豆の栽培面積
2017年800ヘクタール、 2018年6800ヘクタール、 2019年22000ヘクタール

ゲノム編集した大豆を生産している農家は、言う。 “通常の大豆が8ドルほど
の時、ゲノム編集した大豆は、10ドルほどで買い取ってもらえます。収入が全
然違います” 肉厚のステーキに塗っている、この油。

この農家が栽培している、ゲノム編集した大豆から作られたものです。
油は、体に良いとされるオレイン酸が多く、酸化しにくいため、通常より3倍
長持ちするとされています。

油のラベルを見ると、書かれていたのは、Non-GMO、遺伝子組み換えでは
ないこと。 そして、オレイン酸が多い(High Oleic)という商品のメリット。

ゲノム編集食品である事は、書かれていませんでした。 実はアメリカでは、
ゲノム編集食品である事の表示は、義務付けられていません。
※ ゲノム編集食品の事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


消費者は、この商品が、ゲノム編集食品であるかどうか、ラベルから知る事は
できないのです。  街の人に聞いてみると…。

Q: 気付かずにゲノム編集食品を食べていたとしたら、どう思いますか?
“そうだったとしても、僕は別に気にしないよ! 死ぬわけじゃあるまいし…”
“私たちには、どんなモノを口にしているのか?知る権利があります”

食用油を開発した企業は、消費者への情報発信のあり方を、どのように考え
ているのか?  社長に話しを聞く事ができました。

“消費者はNon-GMO(遺伝子組み換えでない)の商品を求めています。この
商品はNon-GMOであり体にも良いと表示する事には何の問題もありません。
政府も、それで良いという立場ですし、弊社は正しい手続きをとっています”

では、ゲノム編集食品かどうか、知る術はないのか? この消費者団体では
企業に頼らず独自のやり方でゲノム編集食品の表示をしようとしています。

現在、アメリカでは、遺伝子組み換え食品も、表示の義務はありません。
そこで、スーパーの商品を独自に調査し、遺伝子組み換え食品でない事が
確認できた場合に、独自の認証マークを付けて来ました。

Non-GMOプロジェクト広報は、言う。 “このマークが付いていれば、遺伝子
組み換え食品ではありません。消費者にとっての安全地帯です”

この表示を、ゲノム編集食品にも拡大しようとしています。 そのやり方は、
商品の流通経路をさかのぼり開発したバイオ企業の特許を調べるというもの。

調査には、時間とコストが掛かりますが、こうする事で、消費者の選ぶ権利を
守ろうとしているといいます。

“ゲノム編集食品は、確かにNon-GMO(遺伝子組み換えでない)かも知れま
せんが、そう表示するのは消費者を欺く行為です。ゲノム編集食品が本当に
良い技術と考えるなら、表示をして消費者に判断を委ねるべきです”

日本でも、近いうちに、ゲノム編集食品の販売が解禁されます。 こちらは、
日本で最初に、ゲノム編集食品を販売するとみられる企業です。

開発しているのは、血圧を下げるとされる成分GABAを多く含んだトマトです。
国が決めた販売ルールでは、アメリカと同じようにゲノム編集食品である事を
表示する義務はありません。 どう対応しようとしているのか?聞きました。

最高技術責任者で筑波大学の教授は、言う。 “必要な情報を提供するという
意味ではゲノム編集食品です。ゲノム編集トマトですみたいな表示というのは
ありかなと…情報を知りたいという皆さんがいるのであれば、それは情報と
して、ちゃんと提供して行くべきだろうと思います”

いよいよ始まる、ゲノム編集食品の販売。 私たちのもとには、どのように
届けられるのでしょうか?

アメリカの現状を取材したリポーターには、どんな事が見えて来ましたか?

まずゲノム編集食品の生産というのが、取材に入る前に想像していた以上に
大規模に行われている、進んでいるなという風に感じました。 このままだと、
今後、日本にも入って来るだろうなと感じたというのが、率直な感想です。

2点目には、アメリカでもゲノム編集食品が表示されないという事についての
懸念が一定程度、大きいなと感じました。 先ほどの話しでもあったように、
民間の消費者団体が、表示を独自で行うという仕組み。

国の制度に頼らないという点で、注目される動きだなとも思いました。
ゲノム編集食品が、これから日本で流通して行く時に、やはり、表示が曖昧
だと、それを不安に感じる消費者の方も、出て来るだろうなとも思います。

表示するかどうか?という事なのですが、企業によって対応が変わって来て
いるようですね。

企業は表示するメリット、それとデメリットについて、考えていると思います。
メリットというのは、ゲノム編集による付加価値を、アピールする事ができる。
一方、デメリットは、不安を感じている消費者が、離れてしまうという事です。

メリット、デメリットの2つを天秤にかけて、表示する企業、表示しない企業とに
分かれると思います。

また収量がアップするというような、消費者に付加価値を、なかなかアピール
しにくい食品に関しては、表示をためらう企業も出て来る可能性があります。

遺伝子組み換え食品というものが出て来た時に、安全性審査や食品表示の
ルール作りが遅れました。 これによって、消費者には不信感というものが
残っているという風に思います。

ゲノム編集食品の開発企業は、ゲノム編集食品が、遺伝子組み換え食品と
同じだと消費者に思われる事を懸念しています。 なので、今は消費者の
受け止めを慎重に見極めている段階だと思います。

教授、なぜ、日本でも表示義務がないという事にしたのでしょうか?

それは、ゲノム編集の場合は、他の生物由来の遺伝子が含まれるわけでは
ないので科学的にゲノム編集か従来の品種改良か区別する事ができません。

分析しても、分からないものなのですか? はい、どうしても分かりません。
なので、義務化しても、実効性が担保できない。

つまり違反したものの、証拠を握る事ができないので、摘発する事ができない
というのが、大きな理由になっています。

ただ、やはりこれは、表示義務はした方が良いという考えは、あるのですか?

はい、ゲノム編集というのは新しい技術なので、これを皆さんに理解して頂く
ためには、開発した方々が、自主的にゲノム編集であるという事を表示して、
メリットを説明していただくのが望ましいと考えています。

一方、日本消費者連盟は、消費者にとっては、どういう事が望ましい状況に
なると考えていますか?

最優先されるべきは、選ぶ権利を保障するという事だと思います。 つまり、
食べたくなければ、食べなくて済むような、そういったためには、表示は必ず
必要です。

国は表示は義務化しないという事にしてしまいましたが、義務化にしてもらわ
なければ、私たち消費者は食べたくなくても避ける事ができない状況なのが
問題だと思っています。

ただ、なかなか科学的に区別できない現状があるわけですよね?

それについては、例えば社会的な検証という方法があり、これは流通・生産
段階をさかのぼって履歴を見る事によって、それがゲノム編集食品かどうか
分かるのです。

こういった、いわゆる社会的な検証ができるかどうかという事を、国の方でも
きちんと時間をかけて議論しいてないという事が非常に問題だと思ってます。

最後に、国や企業に望みたい事は、例えば、どんな事でしょうか?

ゲノム編集が、今、最先端の技術として、とても急ピッチで進んでいますが、
ゲノム編集という技術が内包するリスクというのが、日本では、ほとんど議論
されていないという事が、とても問題だと思います。

やはり、ゲノム、遺伝子をいじるという事は、非常に危険な事なので、きちんと
社会的な議論を作って行くという事が非常に重要ではないかと思っています。
※ ゲノム編集食品の事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


最近、歯周病にお悩みの、6歳になるワンちゃん。 歯ぐきに塗っているのは、
最新の治療薬! この薬、これまでの概念を覆す工場で作られています!

それは…なんと、イチゴ! イチゴが工場って、どういう事かというと、イチゴの
細胞に、犬の遺伝子の一部を組み込みます。 炎症を抑える物質を作るもの
なのだとか… すると、炎症を抑える物質が、たくさん作られるのだそうです。

これをすり潰して凍結乾燥すると… 犬の歯周病薬になるのです!このように
生物に、別の生き物の遺伝子を組み込み、有用な物質を作る工場に変えて
しまう技術。 生物工場と呼ばれています。

ほかにも、大豆(アルツハイマー病ワクチン)や、ヤギ(抗凝血剤)が薬の工場に
なったり、大腸菌がプラスチック工場になったり…。 驚くような事が、すでに
実現し、画期的な医薬品や素材が、続々と作りだされているのです。

生物工場は、世界でも大注目! 2020年には、4兆円規模の市場になると
試算されています。 米バイオベンチャーの研究員は、言う。 “非常に、興奮
しています。 生物による、新たな産業革命です!”

驚異のテクノロジー、生物工場! その最前線に迫ります!

これらの動物や植物(お米→ノロウィルスワクチン、ニンジン→難病治療薬、
ニワトリ→難病治療薬など)、これ全て、生物工場として実際に使われている
生き物なのです。

冒頭でご紹介したイチゴ以外にも、例えばヤギの場合、ヤギの遺伝子に、
私達人間の血液サラサラ成分を作り出す遺伝子を組み込むと… ミルクの中に
血液が固まって血栓ができるのを防ぐ抗凝血剤を作る事ができます。 また、
微生物である大腸菌も、生物工場になるのです。

この遺伝子に樹脂を作る特殊な菌の遺伝子を組み込むと… なんと大腸菌が
プラスチックを作り出すようになるのです。

薬もモノも、何でも作り出してしまうという生物工場。 私たちの身近なところ
にも、どんどん広がって来ているのです。

こちらは、千葉県にお住いの一家。 今日も、家族4人で、揃って夕食です。
あれ? お父さんだけ、パックのごはんですか? 実は、この米が生物工場。
花粉症予防が期待される成分が入っているのです。

“これで花粉症が治ったら、ラッキーかな…と、思います” 重度の花粉症に
悩むお父さんは、その臨床研究に参加しています。 (私も試してみたい!)

米を生物工場にしたのが、こちらの研究所。(農研機構) 実際に、その米を
見せてもらいました。“ここにあるお米が去年収穫したスギ花粉米になります”

見た目は、ごく普通の、この米。 実は、その名のとおり、含まれているのは、
スギ花粉の成分です。

花粉成分を摂取する従来の治療(舌下免疫治療・皮下免疫治療)にも花粉の
成分を少しずつ摂取して、体を慣れさせ、発症を抑えるやり方がありました。

生物工場で、その成分を含む米を作れば、毎日の食事が、そのまま予防に
つながると考えたのです。

この米の作り方、やはり稲に、別の生物の遺伝子を組み込むのだそうです。
まず、稲の遺伝子に、スギの細胞から取った花粉成分を作る遺伝子を組み
込みます。

これを育てて行くと、収穫したコメの中に大量の花粉成分が作られるのです。
出来たお米を電子顕微鏡で見ると、黒い点が(花粉成分を着色)、たくさん
浮かび上がりました。

1度、遺伝子を組み込んでしまえば、後は稲を普通に育てるだけ。 これまで
治療に使われて来た花粉成分よりも、安く簡単に生産する事が可能だといい
ます。 農研機構の主席研究員は、言う。

“本当に、もう桁違いに、たくさん出来る事が分かっています。生物の力を借り
る事によって、複雑な物質が非常に安いコストでできます。それを利用しない
手はないと思います”

私たちの暮らしを、大きく変える可能性を秘めた生物工場。 最も注目される
企業が、アメリカにあります。 カリフォルニア州にある、バイオ企業です。

売り上げは、2013~2017年のこの5年で、3倍になりました。 急成長を支え
ているのが、製品の多彩さです。

研究開発部長は、言う。 “車のオイル・タイヤ素材・ビタミン・抗マラリア薬・
化粧品成分・香料など、現在は、数百種類の製品があります”

その心臓部ともいえる開発現場を、特別に案内してもらいました。 “これが、
我々が生物工場にしている酵母です” お酒やパンなどの発酵に使われる
酵母。 じつは、この酵母を生物工場にして、全ての製品を作らせています。

例えばタイヤ素材の場合、酵母の遺伝子に、リンゴなどが持つ精油成分を
作る遺伝子を組み込みます。

すると酵母は、この精油成分を大量に作るようになります。これをゴムに混ぜ
込む事で、グリップ性能が高く、劣化しにくい新素材のタイヤが出来るのです。

“酵母を使えば、何十万種類もの化合物を作れます。この技術なら自然界の
あらゆる物質を作り出せるのです”

しかし酵母のDNAの配列は、1200万に及びます。どの部分にどんな遺伝子を
組み込むのか? その組み合わせは無限大です。

そこで、この企業では、人工知能を導入。 最適な組み合わせを予測させると
ともに、ロボットで遺伝子操作することで、スピードアップを図っています。
こうして、さらなる新製品を、生み出そうとしているのです。

“手作業では、1カ月に数種類の遺伝子操作しかできません。でも、この設備
なら、10分で、千種類の操作が可能です”

投資家や国からの資金が集まり、設備にかけた額は、12年間で1500億円。
生物工場には、それだけの価値があるといいます。

最高経営責任者は、言う。 “望むものは、何でも作れるようになります。
ものづくりの革命です。それが、世界の進むべき道だと、確信しています”

生物工場には、大きく3つの利点があるといわれています。 まずは、前半で
ご紹介したスギ花粉米のように、安く、簡単に大量生産できることです。
さらに、人間の力では作る事ができなかった物質も作れます。

例えば、こちら、アルテミシニンと呼ばれるマラリアの治療薬です。これまでは
希少な植物からしか採取できず、大量生産はできませんでした。

しかし、先ほどのアメリカの企業が、酵母に、ある植物の遺伝子を組み込んで
生物工場とし、大量に作り出す事に成功。

2014年の発売以来、3900万回分の薬が作られ、世界中の人々を救って
来ました。 そして、地球にも優しいのです。
※ ゲノム編集の事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


例えばプラスチックを作る場合、従来の方法では、原料は石油ですよね!
これを化学反応させるには、膨大なエネルギーや、処理に手間がかかる酸や
アルカリが必要でした。

一方、プラスチックを作る遺伝子を組み込んだ大腸菌なら、必要なのは、菌の
エサとなる糖。 これは、トウモロコシなどから作られるため、環境への負荷が
とても小さいのです。

他の生物の遺伝子を、別の生物に入れるという画期的な、この技術には、
例えば人体や生態系への影響は、どうなのか? やはり、口に入れるような
食べるようなモノの場合は、まだまだ、抵抗が非常に大きいようです。

ただ、これはやはり、バイオ医薬品、つまり、医療に使うような物質ですと、
それはハードルが低いですし、後は、やはり燃料や素材などに対して使うと
いう事に関しては、非常に受け入れられやすいようです。

また、これに関しては、移動に国際的なルールがあり、いかに、その遺伝子
組み換えをした生物が外に出ないか、気を付けなければなりません。

生物工場の研究は今、世界で急速に広がっています。 こちらは生物工場に
関して書かれた論文の数です。

10年ぐらい前から、一気に研究が盛んになって来た事が分かります。
国ごとに見てみると、最新のデータでは、アメリカが全体の4割を占めトップ。

それを、イギリス、ドイツ、中国が追随し、日本は5番目です。 また国を挙げて
力を入れているのが、イギリスです。

政府は生物工場をビッグデータ、再生医療、そしてロボット工学などと並ぶ、
8つの重大技術の1つに指定。 およそ223億円を投資しました。

また19の大学、研究機関、そして56の企業が一緒に研究開発をする機関を
設立し、産官学が一体となった開発に取り組んでいます。

さらにこちらは、フィンランドの公的な機関が、去年、公表した資料ですが、
洋服や生活用品など、身の回りのあらゆるものを、生物工場で作り出して
しまおうという壮大な計画が盛り込まれています。

世界は随分先を行っているような気がしますが、日本はどうなのでしょうか?

日本は古来から、お味噌や醤油、納豆やお酢などの発酵食品を食べて来た
長い歴史があります。 そういうものを使いながら参考にしながら、どうやって
バイオ産業を動かして行くのか?ではないかと思います。

ただやはり、国が、それをサポートしてくれないと、研究者が研究の継続に
困ってしまう。 実は日本には、最強の生物工場として注目されている生き物
がいます。 それは、カイコです!  でも、何で?

秘密は、カイコの吐く糸にあります。 絹糸の原料として知られる、この糸。
分子量37万を超える、極めて大きなタンパク質の集まりです。

この分子量が、とても重要! なぜなら生物工場が作り出す物質は、その
生物が、本来、作る事の出来る分子量によって、大きく左右されるからです。

それは、おもちゃのブロックの数が少ないと、単純なモノしかできないのに対し
多ければ、複雑なモノが作れるのと同じです。

カイコを酵母と比較すると、一目瞭然! 最大で、分子量10万ほどの物質しか
作れないといわれる酵母。

生物工場として作り出せるのは… タイヤの素材(分子量約200)、インスリン
(分子量約5800)、痛風の薬(分子量約34000)等、これまでのところ、分子量の
小さいモノにとどまっています。

これに対し、カイコが作る物質は、抗がん剤(分子量約15万)、血液凝固剤
(分子量約34万)、鉄鋼強度の糸(分子量約35万)等といった、分子量の大きい
複雑な物質。

酵母には作る事が難しい複雑な物質を糸の中に作り出す事ができるのです。
さらに、5千年ともいわれる長い養蚕の歴史が、生物工場としてのカイコの
能力を高めたといいます。

もともとカイコの祖先は、小さい繭しか作れない野生の虫でした。 大きな繭を
作るものだけ掛け合わせ、人の手で改良を重ねて行きました。 その結果…
糸を作るタンクのような器官は、体重の3分の1を占めるまでになりました。

分子量が大きい物質を大量に作る事のできるカイコは、最強の生物工場とも
いわれるのです。

農研機構のユニット長は、言う。 “日本がフロントランナーとなって、モノを
作れる。長い歴史をかけて、良いモノにして来た。それに、新しい技術で、
可能性が広がっている。これを活かさない手は無いと思います”

このカイコを生物工場にする取り組みは、現在、福島から沖縄まで、全国15
以上の企業に広がっています。

愛媛県にある化学メーカーの工場では、犬や猫用の風邪薬や皮膚病治療薬
を作り、国内だけでなく、世界32カ国に輸出しているのだそうです。

このカイコを使った生物工場を、一大産業につなげるために欠かせない
人たちがいます。

群馬県にある養蚕農家では、農家の経験や知恵を生かし遺伝子組み換えの
カイコを大量に作って行こうという取り組みが行なわれています。

じつは、この遺伝子組み換えを行なった動物を、一般の農家で飼育すると
いうのは、世界初なのだそうです。

と、いいますのも、こちらから動物が逃げてしまうと、外の生態系に影響を
与えてしまう恐れがあるため、これまでは厳重に管理された施設の中でしか
飼育されて来ませんでした。

しかしカイコは、なかなか動かず、活動範囲が10センチぐらいなため、逃げ
出さないという事が証明されて、国から特別に飼育許可が下りたのです。

今は、光るクラゲの遺伝子を組み込んだカイコだけの飼育なのですが、
ゆくゆくは、この技術を目印にして、血液製剤や抗がん剤など、他の遺伝子
組み換えのカイコにも応用していという期待が持たれています。

まさに、新たな産業革命という予感もするのですが、やはり、生命の根源を
操作するという怖さも感じます。

この技術を、今後、どう、進めて行けば良いのか?

今の現地点では、他の生物から持ってきた遺伝子を組み込むという、そういう
作業をせざるをえない、そういう風な状況になっています。

ただ、技術的には、どんどん進歩していて、ゲノム編集という技術も始まって
おり、これは、もともと生物が持つ機能を強める事で、その結果、その生物を
品種改良した、非常に早い形で品種改良したモノができるというものです。

生物工場を利用するには、国際ルールがとても重要で、生物工場をどの様に
守って行くかが課題です。
※ ゲノム編集の事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


今回のテーマは、ズバリ、昆虫食!  ‘うん、おいしい!’
‘見た目は、ちょっと抵抗ありましたけど、食べられるものだなと思って…’

今、昆虫は世界中が注目する、スーパーフード! アメリカでは、昆虫料理の
パーティーが開かれたり、フランスでは、昆虫をトッピングしたお菓子が発売。
日本でも、ひそかなブームに!

世界が昆虫食に注目するキッカケとなったのは、2013年、国連食糧農業機関
が出した報告書です。 2050年には人口が90億を超え、深刻な食糧不足に
陥り、家畜生産による環境負荷も、大きくなると指摘。

その課題を解決する一手として、昆虫食の可能性を提示したのです。
でも、どうして昆虫なの? 実は、昆虫は栄養価が高く、しかも超エコな方法で
タンパク質を作り出せるのです!

昆虫の持つポテンシャルに、科学者たちも大注目! ゲノム編集による品種
改良や、魚のエサとして利用する研究が始まっています。

“昆虫の可能性は、無限大である。昆虫で地球を救って行く”

もう、ムシできない! 世界の未来を救う、昆虫食の魅力に迫ります!

ムシ… できませんか? アハハハッ。 ええ。 考えていきましょうよ。
ちょっと抵抗あるのですが…。 今回、用意しました。 はい、目の前に、多種
多様な。 こちら側は、もう、ちょっと、形がそのままで…。

これは、スズメバチとコオロギです。 あ~、盛り合わせですね…。 こちらの
お皿は、これも昆虫のものなのですか? こちらのクッキーは、コオロギの
粉末状のものを使っているそうです。

まぁ、ただ、抵抗感というのは、やっぱり、ありますよね? そうですね。
ありますが、世界を救うというところまで、言ってましたからね。

そうなのです。 皆さんもきっと、見え方が変わってきますよ。 そうですかね。
という事で、食べ物としての驚きの実力を見てみましょう!

30年以上、フタホシコオロギの研究を行って来た徳島大学。 そのノウハウを
生かし、6年前に食用コオロギの研究に乗り出しました。

今、世界に先駆けて挑戦しているのが… 
“コオロギは、エビ・カニアレルギーと同じ、アレルゲンを持っているのです。
除去して行かなければ、全世界の人が食べられる状況にならない”

アレルゲンのないコオロギを作る、品種改良です。 そのために用いるのが、
ゲノム編集技術。 ゲノム編集とは、DNAの特定の場所を狙って切断し、
生物の元の性質を変化させる技術です。

この研究室では、編集を行う酵素をコオロギの受精卵、1つ1つに注入。
特定の遺伝子が働かなくなるような、ゲノム編集を行います。

コオロギでのゲノム編集技術を確立するため、まずは、比較的、操作しやすい
目の色を変える事に取り組みました。 目には、赤から黒になる色素があり、
黒にするための遺伝子を働かなくしたのです。

見事、成功! 赤目のコオロギが生まれました! しかしアレルゲンの除去は
こう容易ではありません。 原因となるのは、トロポミオシンというタンパク質。

そのアミノ酸配列の、どこを変化させればよいかは、既に突き止めていると
いいます。 ただ、トロポミオシン自体は、生存に関わる重要な物質。 本来の
機能を失わないよう正確に狙った部位だけを変化させる必要があるのです。

まず、目指すのは、低アレルゲン化。 誰もが食べられるコオロギを作るため
1つずつ、着実に研究を進めています。

この、全世界の人が食べられる状態にするというのに、ここまで情熱を燃やし
てる方が、いるとなると… 昆虫食は、リアルなのですね。

徳島大学は、他にも、栄養価を高めたり、生産効率を上げるような品種を
作ったり、色んな面で、品種改良を行っているみたいです。

Q: 昆虫食が実際に、世の中に、ゴー! みんなで、やろうってなるのって、
どれぐらいのイメージで、思ってるといいですか?

“そうですね。もう10年以内には、人々が口にしているのではないかと期待し
ています”

そんなタイムスケジュールで、どんどんメジャーになって行くのですね。

“そうですね。もう既に、さまざまな企業が参入していますし、ムーンショット・
プロジェクト(ムーンショット型研究開発制度→重要な社会課題に対し、挑戦的
な研究開発を推進する内閣府主導の大型研究プログラム)といった国家事業
が走っておりまして、その中の1つが、この昆虫食のプロジェクトです”

はぁ~、そうか… これだけ全部そろってて、優秀だとなると…。
食べてみますか?  食べ…させてもらえますか?
ちょっと、とても、いい機会を頂いたので、トライしてみます!

という事で、昆虫食を、ご用意しました。
まずは、クッキーの方を頂きます。 すごく美味しいです!
今、分かったけど、虫の姿が見えてなくて味付けが美味しければ、その中に
ある機能は最高なのだから、何も嫌な事はないです。

問題は… 虫の姿のままの… こっちですよ。
“これはローストだと思いますけど非常に濃厚な味に仕上げたコオロギです”

う~ん… 姿を見ないようにして食べると… うん、美味しい。 濃厚な、いい
香りが… え~?

“やはり虫は、フレッシュな状態で調理したものというのが、とても美味しいの
です”  Q: コオロギは、どうやって食べるのですか?

“竜田揚げが非常に美味しくて。 これは、私の学生が開発したレシピです”
お~、虫にもフレッシュさが大事なのですね。  “とっても重要ですね”

“やはり見た目は、どうしてもハードルが、最初、あるかも知れません。食べて
みて美味しいとなると、だんだん変わって行くのかなと思いますので、既存の
家畜を食べずに虫を食べましょうではなくて、いろんな食材の1つに、虫という
カテゴリーが入る事で、より食が豊かになるのではないかと期待しています”

でも昆虫は、私たちのおなかを満たすだけではありません。 昆虫で、海の
資源を守ろうという研究も始まっているのです。
※ ゲノム編集食品の事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


天才ピアノ少女。 コンクールでは、いつも賞を総なめ。 でも、その才能は、
ゲノム編集でつくられたものだった…。

‘お母さんは、才能なくて諦めちゃったけど、あなたが夢を叶えて’
“うん…私は、そうやって作られた。私の夢は、ママの夢”

何で、こんな話をするのかというと今、実際にゲノム編集という技術が食品や
医療など、あらゆる分野にイノベーションを起こしていて、近い将来、人間の
ありようを一変させてしまうかも…? という、スゴイ話なのです!

いきなりですけど、ちょっと、これ見て。 マッチョなキン肉マンに、鯛の顔?
これは肉厚マダイ。 マッチョだね~。 実はこれ、2021年に、世界で初めて
販売された、動物性のゲノム編集食品。

マダイの遺伝子を操作する事で、食べられる部分を、通常の1.6倍に増やした
というものです。 他にも、成長速度が1.9倍のトラフグなんてものも。 これを
可能にしたのが、クリスパー・キャスナインといわれるゲノム編集技術。

何万年かけ、自然界で偶然起こる進化を、僅か数時間で、人の手で、狙い
通りに起こす事が出来てしまうという、ノーベル化学賞を受賞した、驚異的な
技術なのです。

今や医療分野でも研究が進んでいて、テキサス大学などのチームは、筋ジス
トロフィーの犬を治療する事に成功。

更にゲノム編集でマラリアを媒介する蚊を激減させるプロジェクトや、ネズミの
臓器をヒト化させて新薬の開発に役立てる研究、ジュラシック・パークみたいに
マンモスを復活させる計画も進行中で、その裾野は広がり続けている。

世界が注目する、この技術は、2028年には市場規模は2.5兆円に達すると
予測されているそうです。

一方で、アメリカのユーチューバーがゲノム編集による人体実験をライブ配信
したり、中国の研究者がデザイナーベビーを誕生させたりと、すごすぎるけど、
ちょっとヤバそうな、ゲノム編集の世界。

実際、安全なの?倫理的な問題は?知りたい事は、いっぱいありますよね?
でも、この技術を知れば、人体の神秘に気付けちゃったり、諦めていた病気に
希望を見い出せちゃったり、とにかく世界の見え方が変わってしまうという話。

え?それって今からでも見た目や能力を変えられるって事?まぁ、ゲノム編集
なら、できちゃうかも? なんですよ! 実は、このゲノム編集、ものすごーく
難しいから、これだけは知っておいてほしいという話を、させてもらいます。

生物は、無数の細胞からできていて、1つ1つの細胞の中にDNAが入っている
のです。 そこには遺伝情報が刻まれていて、その1つ1つが、僕らの容姿や
能力・性格などを決定しているのです。

その遺伝情報の総体をゲノムと呼び、ピンポイントで改変してしまうのが、
ゲノム編集。 人間の場合、30億もの遺伝情報があるというのだから、めちゃ
くちゃミクロな世界の話だよね!

この世界で革命を起こした1人が、フランス人の微生物学者。30代の時、無名
の微生物学者だった彼女は研究室を転々とする冴えない生活を送っていた。

そんなある日。 細菌の免疫システムを研究していた彼女は、細胞の中に、
あるものを発見する。 それはトレイサーRNA。 これが後の革新的な技術に
つながって行くのですが、これが、どれだけスゴイ事なのか!

細菌の免疫システムを、マフィアと警察の攻防という設定で、お伝えします。
ここは細菌シティ。常にウイルスという色んなマフィアたちから狙われている。

でもマフィアたちが来たら、警察も応戦。 血で血を洗う泥沼の戦いが続いて
いた。 警察側で、唯一、殺しのライセンスを持っていたのが、キャス。

この暴れん坊刑事が、マフィアをズタズタに切り裂き、体の一部を回収。
クリスパーと呼ばれる保管庫に、ファイリングしているのです。 このファイルの
分析官が、クリスパーRNA。

次にマフィアが侵入して来た時には、彼が保管庫のファイルから、マフィアが
何者か特定。 キャスを呼びつけ、現場に向かおうとするのです。 ところが、
気難しいキャスは、パトカーに乗ってくれない。

そこで登場するのが、トレイサーRNA。 彼は、キャスとクリスパーRNAを
パトカーに押し込み、3人で現場に急行。

そのマフィアを発見すると、キャスがズタズタにして、排除するというワケ。
これまではキャスが、どうやって標的まで向かうのか分かっていなかったが、
微生物学者がトレイサーRNAを発見した事で、この仕組みが解明されたのです。

この免疫システムに気付いた時、彼女は、1つの仮説を立てた。 この細菌の
習性を、人や動物にも応用できるのではないか?と。

つまり、ガイド役のクリスパーRNAの持つファイルに、切り取りたい遺伝子の
情報を人工的に書き込めば、あらゆる生物の遺伝子をカットして、見た目や
能力を変える事ができるかも知れないと、考えたワケ。

その後、彼女は、アメリカの構造生物学者と共同研究を開始すると、僅か、
1年半で、この仮説を証明。

更に、クリスパーRNAとトレイサーRNAを一体化させた、ガイドRNAを作成し、
より正確に、早くゲノム編集ができるシステムを開発した。

クリスパー・キャスナイン(CRISPR-Cas9)と名付けられた、この技術は、
これまで数年かけて行われていたゲノム編集を、僅か数週間で誰でもできる
汎用性の高い技術に激変させたのです。

2020年に、彼女たちは、見事、ノーベル化学賞を受賞。 この技術は、我々、
人類の進化を大きく変えるだろうと、高い評価を受けた。

実際、クリスパー・キャスナインは、医療や農業・エネルギーなど、あらゆる
分野で応用され始めている。 中でも私たちに身近なのが、ゲノム編集食品。

2021年9月。 日本のベンチャー企業が、世界で初めて、動物性ゲノム編集
食品の販売を開始。

どこがスゴイかというと、受精卵の段階で、ミオスタチンという筋肉細菌の
成長を抑える働きがあるDNAをカットするのです。 すると、通常の8割程度の
餌で、最大1.6倍も大きく育つ、マッチョなマダイになったのです。
※ ゲノム編集の事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


こんな風にゲノム編集を使えば、資源を節約できるから、環境に優しいし、
大きくて成長が早いから、食糧不足の解決にも役立つと期待されている。

それ以外に農作物では、トマトをゲノム編集し、血圧の上昇を抑えるGABAと
いう成分を、通常の5倍から6倍含ませ、販売している。

ゲノム編集は、健康促進にも役立つというワケ。 でも、安全性は、どうなの?
と思いますよね? それを理解するため、従来の品種改良・遺伝子組み換え・
ゲノム編集。 この3つの食品改良の方法を比較してみると…。

まずは、従来の品種改良。 これは、農家の人がやっているような手法で、
例えば、イチゴを交配させて、その年に採れた1番、美味しいものだけを選び、
人工的に繁殖させる、やり方。

続いて、遺伝子組み換え。 本来、その生物が持っていない遺伝子を外から
組み込んで、食品を改良するというもの。

そして、ゲノム編集食品。 これは、もともと、その生物が持っている遺伝子を
ピンポイントでカットし、変異を起こすというもの。

日本では厚生労働省に届け出を出せば、安全性検査は必要なく、表示義務
もないそうです。 実際、どうなのでしょう? 教授に聞いてみました。

“ゲノム編集は、遺伝子組み換えのように、外から遺伝子を組み込むのでは
なくて、たくさんの遺伝子の中から、狙った遺伝子だけに変異を起こす。
ある意味、従来の品種改良で作られて来たような作物よりも、より安全性が
高いといえるかも知れません。ただ、ごくまれに、狙った遺伝子以外を傷つけ
てしまう事がある。そういった意味からも、消費者の知る権利を守るうえで、
表示義務が必要だという意見もある”

慎重な対応を求める声もあるのですね。 世界に目を向けると、その対応は、
さまざま。 EUは、ゲノム編集食品を厳しく規制しているし、アメリカも農作物は
OKだけど、家畜など動物性の食品に関しては、FDAが厳しい審査が必要だと
している。 でもゲノム編集への期待は高く、意外な分野でも活用されている。

その1つが、感染症対策だ。 例えばアフリカでは、マラリアを撲滅させるプロ
ジェクトが進んでいる。 マラリアは世界で年間2億人以上が感染し、60万人
以上が死亡しているという、世界最強レベルの感染症。

最近、厄介な事に、マラリアを媒介する蚊が、殺虫剤の耐性を持ち始めて、
手に負えなくなって来たそう。 そこで使う技術というのが、遺伝子ドライブ。

どうやるのかというと、まず蚊の性発達に関係するダブルセックスと呼ばれる
遺伝子を改変し、生殖能力の低い蚊を作った。

生物は両親からDNAを半分ずつ受け継ぐから、通常、その変異が子孫に伝わ
る確率は、50%。 世代を経るごとに、変異は、どんどん薄まって行くよね。

でも遺伝子ドライブを使えば生殖能力の低い遺伝子が100%子孫に伝わって
行くというワケ。 そうやって、激減させてしまおうという事です。

地域社会などから理解されれば、将来的に実現する可能性があるそうです。
スゴすぎるでしょ? でも、まだ驚いちゃダメ! ゲノム編集なら、生物を復活
させる事も出来てしまう?

2021年9月。 ハーバード大学の教授が率いるベンチャー企業が、マンモスを
復活させて、北極のツンドラ地域に放つという計画を発表。

アジアゾウのDNA配列が99.6%、マンモスと一致している事から、残り0.4%を
書き換えて復活させるそう。 遅くとも5年から10年以内には、マンモスを見る
事ができるだろうというのだから、ビックリだよね!

一方で、遺伝子ドライブやマンモス復活計画には批判の声も。 人間のエゴで
生物を激減させていいのか?とか生態系に悪影響を及ぼすのではないか?
とか、いろんな意見がある。

そんな中、ゲノム編集技術は医療にも応用され始めている。 アメリカのペン
シルベニア大学の博士は、ある患者のがん細胞を50%縮小する事に成功。

更に研究が進めばゲノム編集で、がんを根治できるのではないか?と、期待
されています。 でも、ちょっと信じられない話もあります。 それは今、アメリカ
を中心に広まっている、DIYバイオ。

大腸菌などをゲノム編集する遺伝子工作キットを使って自宅で手軽に実験を
行う人が増えているというのです。

遺伝子工作キットを販売する会社のCEOが、自分の体にクリスパー・キャス
ナインを注射し、筋肉量を増やすという人体実験をユーチューブでライブ配信。
これをマネして、映像をアップする人が続出。

その状況にFDAが、安全性が確認できないとして、警告する事態にまで発展
したのです。 (FDA→アメリカ食品医薬品局)

もっと信じられない話もあって中国では、ある科学者が受精卵をゲノム編集。
エイズウイルスに感染しにくいように遺伝子を改変した、デザイナーベイビーを
誕生させた(双子で)。 ちょっと待って! それって、やっていいの?

そのデザイナーベイビーを発表した中国人科学者には、世界中から非難が
殺到。 不法な医療行為を理由に、懲役3年の実刑判決が下った。

今のところ、世界の共通認識は、たとえ治療目的であっても受精卵や精子の
ゲノム編集は許されないというもの。でも、何で治療目的でもいけないのか?
その理由について、また、教授に聞いてみた。

“万が一、オフターゲットのような変異が起きてしまうと、その変異はその後の
子孫にも伝わるという事になります。また、生まれてくる子供には意思がない
ので、治療を選べません。更に問題なのは、差別や格差など社会的な分断を
生む可能性がある。治療を受けられる人と受けられない人がいるというような
不平等な社会にならないように、今後、注意して行く必要があります”

こうして見てくると、僕らの未来にとってゲノム編集とは、ものすごい可能性を
秘めた技術だけど、使い方を間違えれば、人権問題や、社会の分断を招いて
しまう、危険な技術にもなりうるという事は、忘れてはいけないね!

これまで、夢の技術と考えられて来たゲノム編集。 見た目や能力を自在に
改変し、生死までをも操れるようになった時、人類は、その欲望を抑える事が
できるのだろうか? いや、待てよ… その人間の欲深い遺伝子を、ゲノム
編集でカットしたら… そんな世界って、ユートピア? ディストピア?



日本発祥の絵文字は世界共通言語となりコミュニケーション手段に!

FC2トラックバックテーマ:「お気に入りの絵文字はなんですか?」
さまざまなコミュニケーション手段がある現代。 携帯電話 (スマホ) 1つで、
世界中の人たちと、つながる事もできます。

通信に使われるのは文章だけではありません。 絵文字を使う人は、世界で
29億人に上り、絵文字のキーボードは、212カ国で採用されています。

絵文字は、ある意味、世界で最も使われている言語だといえます。 キスや
笑いだけでなく、悲しみや相手への同意を伝える手段として使われています。

“絵文字は、デジタル時代のボディーランゲージです。 単なる絵じゃない。
自分の存在を伝えたい人にとっては、シンボルなのです”

一見、何気ない存在に見える絵文字の裏には、知られざる世界が広がって
います。 絵文字は、どこで生まれ、誰が世界で共通して使えるように定めて
いるのでしょうか?

今の絵文字は、デジタル時代の洞窟壁画ともいうべき、生まれたばかりの
コミュニケーション手段なのでしょうか? 新たな世界共通言語の舞台裏へ
ご案内しましょう!

Q: これから、どこへ? “エレベーターに乗って、会議室に移動します。ユニ
コード技術委員会の総会が開かれるのです。絵文字についても、話し合い
ます” Q: この建物は?

“マイクロソフト・キャンパスのビルです。3カ月に1度、4~5日ほど集まります。
会場はメンバー企業の持ち回りで、今回はマイクロソフト”

アメリカの非営利団体ユニコード・コンソーシアムは、世界中の絵文字を管理
しています。 携帯電話やコンピューターで使う事ができる絵文字は、全て、
彼らが決めたものです。

委員長をはじめとする、およそ20人のメンバーが、どの絵文字を追加すべきか
話し合います。 いわば絵文字委員会です。 “ここで会議が開かれています。
でも、非公開だから…ごめんね”

閉ざされた扉の向こうで重要な議題が話し合われます。 絵文字キーボードに
加える皮膚の色は、何種類にするか? 女性の生理のアイコンは、採用する
のか? クルド人自治区の旗を、追加すべきか?

ユニコード技術委員会の委員長は、言う。 “旗は、とても難しい分野です。
どういう基準に基づいて、絵文字に追加するのか?いまだに答えが出ていま
せん。人のアイデンティティーや政治的な考え方と、密接に結びついています
から。世界中のあらゆる政治運動や組織が、それぞれの旗を掲げているの
です。だから旗の採用には、細心の注意を払って来ました。旗の絵文字が
あふれ返っては困るし、政治的にやっかいな問題になる事もありますからね。
特定の立場に味方するような形になるのは、避けたいのです”

Q: 要望があった絵文字は、全て採用するのですか? “いいえ。絵文字にし
ても問題ないと判断されたものだけです。だって申請されたアイコンを不快に
思う人が、大勢いる場合もありますから。そんなものを絵文字にする事は、
できないでしょう?”

日本で生まれた絵文字。 絵文字委員会は、その管理を担うようになって
以来、世界の文化や多様性を反映させようと努めて来ました。

これまでに、いろいろな職業の女性や、さまざまな皮膚の色、ヒジャブやLGBT
のシンボル、レインボーフラッグの絵文字を採用しています。

この委員会が、世界中のデバイスで使える絵文字を決めているのです。
白人男性が大半を占める、たった20人ほどの委員会に、なぜ、これほどの
権限があるのでしょうか?

ユニコードの役員は、言う。 “ユニコード・コンソーシアムは1990年代の初めに
設立されました。コンピューターや携帯電話等、あらゆるデバイスで使われる
文字のコードの標準規格を定める業界団体です。世界中のさまざまな言語…
英語・オランダ語・ドイツ語・中国語・日本語なども、団体が定める文字コード
規格、ユニコードに従っています。OSと呼ばれる基本ソフトは、プログラミング
言語で書かれています。そこで使われている文字は全てユニコードで体系的
にまとめられています。つまりユニコードはデジタル世界の基礎部分なのです。
少し前まで、携帯でメールを受け取ると空白のボックスが表示される事があり
ませんでしたか?何これ?と思ったでしょう。あれは、コンピューターが認識
できない文字コードが含まれていたからです。友人が顔文字を送って来ても
ちゃんと表示されない事があった。そこでユニコード・コンソーシアムが絵文字
の標準規格を定める仕事を引き受けたのです。でも、思ったより難しくて…。
例えば、モンゴル語を文字コードに当てはめる場合、どうしますか?現地へ
行ってモンゴル語の文字や書式に詳しい専門家に協力を仰ぐでしょ?専門家
と相談しながら既にあるモンゴル語の文字に、どのコードを割り振るか決めれ
ばいいだけです。でも絵文字は、そうは行きません。辞書なんてないし頼れる
専門家もいません。別のプロセスを考える必要がありました。そこで私たちは
一般の人たちから、広く提案を募る事にしたのです”

ユニコードの役員は、インテル社の関係者としてユニコード・コンソーシアムに
参加しています。 他にも、アップル・グーグル・ファーウェイ・フェイスブック・
マイクロソフトなど、大手IT企業の関係者が、名を連ねています。

ライバル会社が協力して、共通の文字コードを定めるのは、世界中のあらゆる
デバイス同士が、コミュニケーションをとれるようにするためです。 それには、
絵文字も含まれます。

スタンフォード大学の教授は、コンピューター科学の専門家。 カラフルなアイ
コンの裏にある、文字コードに関心を持っています。

“ユニコード・スタンダードの初版本です。ほら赤いハートの絵文字があります。
スマイリーフェイスも載っているはずですよ!ユニコード・コンソーシアムは、
アップルやグーグル等、世界有数のIT企業が共同で運営している団体で、
このユニコード・スタンダードを、90年代初めから発行しています。世界中の
言葉を、1つの数値システムで表す事を目指しているのです。例えば…Aは、
65。Bは、66。アクセント記号のついた e は、233。右まんじは、4053。これは
インドの宗教のモチーフであり、ナチスのシンボルでもあります。リサイクル
マークは、9851。カボチャは、127875です”

このユニコードを使う事で、絵文字は、世界共通のものになります。 世界中、
どこでも、全く同じ絵文字が使われているのです。 つまり絵文字は、国境や
文化の違いを超えた、新しい共通言語だといえるのではないでしょうか?

言語学者は、言う。 “世界中のインターネットユーザー32億人のうち、およそ
90%が、日常的に絵文字を使っています。すごい数でしょう?国際共通語と
される英語よりも、大きな影響力があります。英語を話す人は、世界で15億人
ほどですが、絵文字を使っている人は、それよりはるかに多いのです”

言語学者は、絵文字を、デジタルの世界のボディーランゲージだと考えてい
ます。 インターネット上で感情を、より的確に表現できる、一種のコミュニケー
ション革命だと言うのです。

“絵文字を使うとコミュニケーション能力が下がると言う人がいますが、そんな
事はありません。面と向かって話す時に、声の調子やボディーランゲージで、
気持ちを伝えるのと同じです。多くの人は、言葉自体が、コミュニケーションの
カギだと思っています。でも実は、言葉は、相手に伝わる情報の一部にすぎま
せん。重要なのは、むしろボディーランゲージです。顔の表情や声の調子で、
同じ言葉でも、意味が変わります。オランダ語でも英語でも、スワヒリ語でも、
どんな言語でも、それは同じです。アップルが、自社製品に絵文字機能を標準
搭載したのが2011年です。それまでデジタルの世界には、ボディーランゲージ
の役割を果たすものは、ほとんどありませんでした。絵文字の登場によって
直接、話すのと同じくらい円滑に、情報のやり取りが出来るようになりました。
デジタル時代のボディーランゲージなのです”

毎日、世界中でやり取りされる絵文字の数は、70億以上! インスタグラムの
コメントのおよそ半分は、絵文字だけで構成されています。若者の多くは言葉
よりも絵文字を使った方が気持ちを表現しやすいと感じているのです。

今では、3000を超える絵文字が使えるようになっていますが、これで十分で
しょうか? ‘トランスジェンダーの旗の絵文字を、大勢が求めています。
ロブスターや、うんちなんか、いりません’

トランスジェンダーを公表している人物は、言う。 “本当に困っています。
トランスジェンダーである事を誇りに思う時や、トランスジェンダーの記念日を
お祝いしたい時に使える絵文字がないので…私たちの存在を表すアイコンが
ないのです”

トランスジェンダーを公表している人物は、4年前からトランスジェンダーの旗を
絵文字に採用するよう、ユニコード・コンソーシアムに働きかけて来ました。
毎年、却下されていますが、挑戦を続けています。

“旗を絵文字に追加する事は、私にとって、とても重要なのです。ここ数年、
ずっと、この活動に取り組んでいます。絵文字を使えば、違う言語を話す人
同士でもコミュニケーションをとる事ができます。世界中で使われていますから
大きな影響力があります。自分自身や仲間たちの事を、表現する術がない…
これが私と、示すものがないのです。 すごくフラストレーションがたまります”

毎年、新たに追加される絵文字は僅か60ほど。 いったん追加されたら、削除
される事は、まずありません。 決定権を握るユニコード・コンソーシアムは、
人々の意見を広く取り入れ、民主的に運営していると主張しています。
※ 絵文字の事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


スタンフォード大学の教授は、言う。 “彼らは人々にとって重要だと思われる
絵文字を、リストアップします。追加される絵文字の数は、アップル社のマーケ
ティング部門によって、毎年60から70までと制限されています。委員会のメン
バーは、あらゆる分野に通じている訳ではありません。以前、恐竜のブロント
サウルスの絵文字が、提案された事があります。しかし、ブロントサウルスが
独立した種なのか?それとも、アパトサウルスと同じ種なのか?委員会では
判断がつきませんでした。他にも女性の生理を表す絵文字が提案された時は
生理が絵文字に採用する必要があるものなのか?判断しなくてはなりません
でした。でもこのような判断はカリフォルニアのIT関係者だけで、するべきでは
ありません。どんな概念を採用して、どんな概念を取り上げないかという事に
ついて、ユニコードと国際標準化機構…ISOの規格は、足並みをそろえてい
ます。委員会が仮に、ティラノサウルスは採用するが、生理は採用しないと
決めた場合、その判断には、何らかの意図が働いているはずです”

Q: なぜ、そう思うのですか? “携帯電話で、どの絵文字を使えるようにする
か?この決定は、多くの人にとって重要だからです。みんな、絵文字を使って
考えや気持ちを、相手に伝えていますからね。誰が、その決定をするか?
というのは、重要な問題です”

自分の求める絵文字が認められるよう世界中で多くの人がロビー活動を展開
しています。中でも熱心なのが、白ワインの絵文字採用を求める人たちです。

カリフォルニアの白ワイン生産者たちは、赤ワインと白ワインは別物にもかか
わらず、赤ワインの絵文字しかない事を不満に思っています。

“ケンダル・ジャクソンへ、ようこそ!試飲もできますし、あちらにはブドウ園も
あります。カリフォルニアのワイナリーが、どんな所か、ご案内します。ここで
試飲できます。多くがシャルドネ種の白ワインです。この巨大なボトルもシャル
ドネよ!絵文字をあしらったTシャツや、キャンペーン用のハガキも、絵文字の
採用は生産地の人たちにとって、とても重要なのです。SNSで今、白ワインを
飲んでいるとか、シャルドネが好みだなんて発信したい時にピッタリの絵文字
がないと不満に思っている人が大勢います。赤ワインの絵文字を使うと正しく
伝わらないし、まるでウソをついているように感じてしまうのです。世界の主要
な言語には白ワインを指す言葉があります。それなのに今、世界で1番使う人
が増えている、新しい言語の絵文字には白ワインを示すものがないのです。
紀元前6000年から、人類はワインを飲んでいた、という情報も入れたら?
絵文字があれば、白ワイン愛好家の人生が、どれほど豊かになるか?
ご説明します…”

トランスジェンダーを公表している人物は、言う。 “ボートは、6種類。これは
何て言うんだっけ…?この3つあるのは、ケーブルカーね。毎年3月に、新しい
絵文字がリリースされると、複雑な気持ちになります。(野菜の)ナスもあるし、
ズッキーニもある。でも、トランスジェンダーの旗は、ない。トラクターの種類は
増えているのに…今度もユニコードが私たちの絵文字を認めてくれなかったら
トランスジェンダーは、絵文字にするほど人数が多くないと判断された事になり
ますよね…実際は何百万人もいるのに…まるで私たちが存在しないみたい…
マイノリティーだから私たちの事を表現する言葉は必要ないと…それはつまり
消去を意味するのです。マイノリティーを消し去る1番簡単な方法は、言語から
削除する事です。言語の中に存在しなければ、どうする事もできません”

絵文字が重要なコミュニケーション手段であるなら何を絵文字に採用するかを
どういう基準で決めるのでしょう? 白ワインの愛好家は、絵文字を割り当て
るほど大勢いるのでしょうか?

トランスジェンダーの旗の絵文字を求める人が、例え少数派でも、それが
彼らにとって極めて重要なものだとしたら、どうでしょう?

ユニコードの役員は、言う。 “どうやって決めるのかといえば、さまざまな人が
集まって、議論を重ねて決めています。絵文字委員会のメンバーには、言語
学者・デザイナー・ソフトウェア開発者・エンジニアなどがいます。 技術的に
大変な作業だからです”

Q: 技術的というより、倫理面の判断が難しいように思えるのですが…。

“確かに、倫理的にも難しい面はあります。人間の考え方には、偏りがありま
すから…偏見や人生経験は、必ず、その人の主張に反映されるものです”

Q: ユニコードには、LGBTの旗は認め、トランスジェンダーの旗は認めないと
決める権限があるという事では?

“私は権限だとは思いません。あくまで、人々が自由意志で選んでいる。命令
ではないのです。特にヨーロッパの人たちは、そこの所を理解していません。
使うかどうかは、自由です。もし市場で求められなければ、人々は支持しなく
なるでしょう”

言語学者は、言う。 “ユニコードは、非営利団体といいながら、その実は、
アップルやファーウェイ・グーグル・マイクロソフトといった、営利目的の企業の
代表者たちによって運営されています。企業は株主の利益の為に動きます。
つまり彼らは絵文字に対して利権を握っている事になります。絵文字がコミュ
ニケーションの重要な手段である事を考えると、委員会の責任は重大だと思
います。絵文字を取捨選択する際、潜在的に、検閲が行なわれないように
しなくてはなりません”

ユニコードの役員は、言う。 “ユニコードが検閲を行っていると非難する人が
いますが、それは間違いです。実際、世界中の人たちは、かつてないほど
多くの情報を、より大勢に対して伝える力を得ています。ユニコードを検閲機関
だという人たちは多分、検閲という言葉の意味を知らないのだと思いますね”

言語学者は、言う。 “2016年アップルは自社のOSでピストルを表す絵文字を
ピストルそのものから水鉄砲に変更しました。これは、やっかいな問題をはら
んでいます。というのも、アップルが重犯罪と結び付けられるのを嫌った事で、
ユーザーが絵文字を使って伝えられるものを、実質的に制限されたからです。
2018年には、これに倣う企業が、他にも出て来ました。今では、ピストルの
絵文字を送信する事は、ほぼ不可能です。これは、一種の検閲だと言えない
でしょうか?”

スタンフォード大学の教授は、言う。 “確かにそうですね…例えばこのペンを
買ったとして、ペンを作った会社は私たちが、これで何を書くかまで指図したり
しません。でもアップルの携帯電話を買ったらアップルはピストルの絵文字を
ユーザーに頑として使わせないわけです。ユーザーは実弾を発射するピストル
ではなく水鉄砲を選ぶしかありません。つまり現代のペンメーカーは私たちに
対して、100年前のペンメーカーよりはるかに大きな影響力を持っているという
事です。例えばフランスにはアカデミー・フランセーズという団体があり、どの単
語をフランス語の辞書に加えるかを決めています。でもその決定に強制力は
ありません。アカデミー・フランセーズがジャガイモをフランス語として認めないと
言っても人々は、その言葉を使えるのです。フランス語では大地のリンゴとも
表現されますがね。一方、ユニコード・コンソーシアムや絵文字委員会はどう
でしょう。もし彼らが特定のアイコンを絵文字として認めなかったら、どのデバ
イスでも、その絵文字は使えないのです。絵文字を世界共通の新しい言語と
捉えるならメンバーがアメリカ人のエンジニア、白人男性に偏っている絵文字
委員会が、全てを決めるべきではないのです”

‘私が絵文字活動家になったのは、携帯でギョーザの写真を送ったのが切欠
です。友人からの返信は、おいしそう!あら?ギョーザの絵文字がないわ!
って…私は、そんなのあり得ないと思いました。ギョーザは世界中で食べられ
ていて、絵文字も広く普及しているのに、ギョーザの絵文字が無いなんて、
変でしょう?’

絵文字活動家の女性は、言う。 “絵文字を管理しているのはユニコードという
組織だと分かりました。アメリカの大手IT企業IBM・オラクル・グーグル・マイク
ロソフト・アップル・フェイスブックなどが絵文字に関する事を取り仕切っている
のです。そんなの、おかしいって思いました”

ギョーザの絵文字を作ろうと彼女は行動を起こします。そして絵文字について
話し合う委員会に、参加する方法を見つけました。

“大手IT企業のように、投票権のあるユニコードのメンバーになるには、年間
2万ドルほどかかりますが、投票権のないメンバーなら、75ドル払えばなれる
のです。それで早速、ウェブサイトから申し込んで、メンバーになりました。
メンバーになると、会議に出席できます。私は最初、講堂のような場所に、
数百人くらいの人が集まって審議する議会みたいなものを想像していました。
でも、そうじゃなかった。アップルの会議室にいたのは、せいぜい20人くらい。
ほとんどが年配の白人でエンジニアでした。みんな、すごく感じが良くて、私を
歓迎してくれました。興味を持って、いろいろ話しかけてくれたのです。そう、
初めての教会に行った時みたいな感じです。2015年に初めて会議に参加した
のですが、絵文字についての話し合いを聞いて、すっかり魅了されてしまいま
した。例えば、ミルク。コップに入ったミルクにすべきか?牛乳パックか?瓶入
りか?紙パックやコップだと、分かりにくいかも知れない。じゃあ、どうする?
話し合っているメンバーは、ほとんどが、60代のエンジニア。これじゃあ、ダメ
だって思ったのです。もっと色んな人の声を反映させないとって!”

白ワインの絵文字採用を目指す2人は、絵文字に関する重要会議が開かれ
ると聞き、シアトルにやって来ました。白ワインの絵文字を売り込むためです。

“シアトルに来ています。厳密には、ここはベルビューという街。投票が行われる
マイクロソフト・キャンパスの側です。会議の様子はメールで少し情報が入る

くらいでよく分かりません。今夜、親睦会にゲストで呼ばれているので、そこで
白ワインを振る舞って、情報を引き出そうと思っています。今日が正念場なの
です。会議の様子を描いた、面白いイラストをアップしました。白ワインの絵文
字が、委員会のメンバーの前で証言台に立っています。今、私たちに出来る
のは、幸運を祈る事くらいです”
※ 絵文字の事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


絵文字活動家の女性は、言う。 “絵文字委員会のメンバーって本当に大変
なの!毎週、時には週に2回も会議があるし、メールも大量に来て議題や行動
計画なども、いっぱいあるし…絵文字は好きだけど、信じられないほど時間が
とられるのです。絵文字は私が関わった事で唯一、世界に影響を与えたもの
かも知れません。ギョーザの絵文字は何十億ものキーボードに搭載されました。
1つ1つは小さな変化でも、それが数十億になれば、巨大なインパクトになり
ます。私は数百もの絵文字に関わって来ました。特に記憶に残っているのは
人種が異なるカップルの絵文字です。大変な作業でした。様々な皮膚の色に
対応できる新しいメカニズムが必要で、何度も手直ししました。でも自分たちと
同じ組み合わせのカップルの絵文字が、ケータイで使えるという事だけで感動して
泣き出す人もいるのです。自分が関わったもので、そこまで喜んでもらえる事
なんて、そうそうある事ではありません。絵文字の仕事に関わるうちにそこに
興味深い力関係がある事に気付きました。ユニコードのメンバーは誰ともぶつか
らないよう穏便に事を進めています。でも実は、自分たちの意図する方向へ
議論を誘導する力を持っているのです。数年前にゲイの家族の絵文字を追加
する事が決められました。1人親の家族も。でもゲイの絵文字にロシア政府が
難色を示して圧力をかけて来たのです。若者に同性愛を広める事になるので
ロシアでは違法だと言って。更にアメリカの大手IT企業と特定の絵文字を望む
コミュニティーとの間で緊張関係があるものとしては、チベットの旗が挙げられ
ます。アメリカの企業の多くは、中国政府の反応をとても恐れているので、
チベットの旗が、近いうちに絵文字になるなんて事は、ないでしょう”

トランスジェンダーを公表している人物も、絵文字委員会の決定を、固唾を
のんで待っています。

“トランスジェンダーの絵文字は、誰かの命を救ったり、人生を変えたりできる
ものだと思っています。だからもし、今回ダメでも諦めません。ワイングラスより
多くの命を救えるのは確かですから…でも、こんな風に比較するのは、よくあ
りませんね。最初に申請した時は、ただリクエストすればいいと思っていて…
だから、こんな調子…単刀直入に言います。そろそろ、これの出番よ。これで
通ると思ってたよ…でも、こんなの全然ダメ。引用元を明記した詳細な書類を
提出しないと…もっと長文のね。なぜ、絵文字が誰かの命を救えるかというと
私は長い間ゲイである事を隠して生きて来ました。ずっと悩んでいたのです。
自分が人と違っているからといって、自殺しようと考えるのは、間違いです。
実際には同じように感じている人が大勢いるのに、それを知らないだけなの
です。あなたは、変わってなんかいない。少しユニークなだけ。特別なだけ。
その事を分かりやすく伝えたいのです。特に、若い人や子供たちに…彼らが
感じている事は、おかしくなんかないと言いたいのです。それを目指して1歩
でも踏み出せば、命を救う事につながると信じています。どのくらいの人を救
えるかは分からないけど…絵文字が命を救うなんて、バカげていると思われ
るかも知れませんね…”

メディア評論家は、言う。 “我々は利便性や安全性と引き換えに自由を放棄
しました。何でもアリのリアルなインターネットより城壁に守られた安全な庭に
いたいと考えたのです”

メディア評論家は、大手IT企業が君臨するニューテクノロジーの世界において
私たちが、どうやって人間らしさを保つ事が出来るかを研究しています。

“他者に対する強い恐れが、トランスジェンダーの旗の絵文字が認められない
理由かも知れません。人々は、いまだにトランスジェンダーという概念を恐れ
ているのです。もし絵文字になれば一体、何のために私は携帯に高いお金を
払ったのだと考える人も出て来るでしょう。子供が、こういうものを見ないよう
にしたかったのに、と…つまり、身を守りたいのです。自由や独立性が脅かさ
れないように…”

今では絵文字以外にもアップルのアニ文字、サムスンのAR絵文字、グーグル
のプレイ文字が登場しています。 デジタル・コミュニケーションで、更に高度で
豊かな表現が出来るようになっているのです。

“私たちの行動は、今後、ますます、企業の利益につながるものに限定されて
行くでしょう。企業は、どんな形にせよ自分の儲けにならない事を、消費者に
提供したりはしません。フェイスブック・アップル・アマゾンといった企業は私達
が他人とよい関係を築けるようにと、サービスを提供しているわけではない。
それは、もう証明されています。彼らの商品やサービスに消費者が依存する
事を望んでいるのです。それが分かっていて、どうして彼らが善意から人類の
繁栄のために、新しい言語を作り出しているなどと、信じられるのでしょう?
仮に、普段、使う言葉が、企業によって開発されていたら、どうなるか考えて
みて下さい。言葉は全て著作権で保護され、特許を取得しています。人が話し
たり書いたりする度に今はアップルの言葉、今度はアマゾンの言葉となる。
情報やコミュニケーションの所有権に関する考え方が全く違ってくるでしょう”

白ワインの絵文字採用を目指す2人は、言う。
“ここに来たら、実感がわいて来た”

ユニコード技術委員会の委員長は、言う。 “白ワインの絵文字の色について
まだ具体的な議論はできてないけど方向性は決まったわ。絵文字に採用する
かどうか、今日、もう1度、検討します。明日になれば、結果が分かるはずよ”

白ワインの絵文字採用を目指す2人は言う。 “本当?うまく行きますように!
ちょっとだけ、希望が持てる情報をもらいました。絵文字の旅を、まだ続けられ
そうです。彼らが絵文字キーボードに新しい文字を追加するのです。アルファ
ベットと同じです。デジタルの時代ならではのアルファベットに、新たな文字が
加わるという表現がピッタリです。彼らが支配している”

Q: ユニコードは、誰でも絵文字を提案できると言っていますが、実際には、
彼らがコントロールしています。

メディア評論家は、言う。 “その通り!完全に支配しています。フェイスブック
と同じですよ。フェイスブックなら自由にプロフィールを設定できるといいますが
それはあくまで限られた範囲での話しです。好きな本や映画、ポップスターを
選んで、自分の好みを伝えられると言われても、そういうものでは自分をうまく
表現できないと感じる人にしてみたらどうでしょう?つまり我々は、自分に得に
なる事もあるからネット上のさまざまな決まり事を受け入れているのです。イン
ターネットは、もともと人々の利益のために開発されたわけではないのです”

Q: 商業的な利益ではなく、公共のためを思う人が、絵文字を管理した方が
いいと思いませんか?

スタンフォード大学の教授は、言う。 “世界を代表してマテ茶と生理のどちら
の方が重要か決めたいと思う人がいるでしょうか?絵文字委員会はマテ茶を
選びました。確かにマテ茶はおいしいけれど、政府であれ企業であれ、そんな
選択をする役目を担うのが、ふさわしいとは思えません。例え世界一中立で、
公共のために尽くす気持ちがあり、商業的な利益とも無縁で、最高裁判事の
ように高潔な人物でも、そのような決定を下すのは不適切です”

トランスジェンダーを公表している人物は、言う。 “委員会が、自然発生的に
生まれた事を忘れてはいけません。政府の組織ではないのです。色んな政府
から支援を受けたり特定の国が運営するのは、どうかと思いますね。一般投
票で決めるのは、いい考えだとは思いません。インターネットは率直に言って
恐ろしい場所になりうるからです。言語や言語の使われ方については、ある
程度、閉ざされた場所で決められるべきです”

スタンフォード大学の教授は、言う。 “誰かが、この媒体に責任を持つべきだ
という考え方が、ある文化意識の中で高まりつつあるのは間違いありません。
では世界有数の企業が協力してコントロールすべきなのか?もしくは超大国
が連携して管理すべきなのか?恐らく、どちらも違うでしょう”

Q: でも、それでは手詰まりですよね? 放置するのもダメ。 大企業もダメ。
政府もダメなら、どうすればいいの?

“世界が抱える問題の解決策を求めて、私を訪ねて来たのだったら、ご期待
には沿えませんよ。私は絵文字については語れますがグローバルなコミュニ
ケーション媒体をいかに規制するか答えを示す事はできません。多くの人が
意見を出していますが、解決策は見つかっていません”

ユニコード技術委員会の委員長は、言う。 “おはよう!最新情報よ!覚悟は
いい?進展はなし!白ワインまで話しが進まなかった。明日も難しいかも…
そうなると、10月まで先延ばしになるわ…”

白ワインの絵文字採用を目指す2人は、言う。 “今日は白ワインの絵文字の
採決は行なわれなかったそうです。明日、もしかしたらチャンスがあるかも知
れないけど、議題が目白押しで今回の会議では、採決まで至らないかも知れ
ません。少しガッカリです。今回を逃すと、10月まで待たないと、いけません。
そうなると、次のユニコードに加えられる保証はないわ。携帯電話に搭載され
るのは、早くて… 2021年…?”

結局、白ワインの絵文字は、承認されませんでした。 白ワインを認める事で
ロゼワインやさまざまな種類のビールやカクテルも認めなければならなくなる
というのが理由です。

一方、トランスジェンダーの旗は4度のチャレンジの末、ついに候補入りを果たし
次回の会議で議題に上る事になりました。 次回もまた、会議は非公開で行
われます。 2020年版のユニコードには、白ワインは追加されなかった。

一方で、性的マイノリティーに配慮した絵文字が増え、トランスジェンダーの
旗も認められた。
※ 絵文字の事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


今回は、絵文字が主役というお話ですが… みなさん、絵文字が世界を救う
なんて、さすがにリアリティーなさすぎと思っていませんか?

いやいや、そんな事ないんですよ!今、絵文字の力って、めちゃくちゃ大きい
のです! もう、世界をひとつにすると言っても過言じゃないくらいなんです!

みんなのスマホに入っている、3600種類の絵文字。 これを丁寧に見て行くと
今の世界の課題や希望が分かるという、エキサイティングな話なのです!

あまり知られていないと思うのですが、数年前に海外では、絵文字ブームと
いうのがあり、Tシャツ・スニーカー・リュックにブランケット等、何にでも絵文字
が使われて、映画まで作られていたのです。(絵文字の国のジーン)

それ以降も、絵文字の存在感は高まり続けていて、今や、ツイッターでつぶや
かれるツイートのうち、20%以上に絵文字が含まれているのだとか…。

これは、5年前に比べても1.5倍。 デザインも常に進化していて、アップルは
2021年、注射器のデザインを変更。 中に血が入っていない絵にすることで
コロナのワクチン接種の意味でも使えるようにしたのです。

更に絵文字が、対人コミュニケーションにポジティブな効果をもたらすという、
アメリカの研究結果も。 なんと、絵文字を使わない人より、使う人の方が、
より多くのデートをしているのだそう…。

企業のマーケティングでも、SNSの投稿に絵文字を使う事で、ユーザーの
リアクションを増やせるのだとか…。

使う人も、使わない人も、世界で活躍する絵文字の、とんでもないパワーを
知れば、今の社会が一気に理解できちゃうという話なのです!

しかも絵文字は、日本発祥だって知っていましたか? 日本から世界へ飛び
出した、絵文字たちの大冒険! めちゃくちゃ壮大な話を続けます!

2015年に、オバマ大統領がスピーチの中で、アメリカの若者に人気な日本
文化を紹介したのですが、その中の1つにあったのが、そう!manga、anime、
Emojis!!  エモジズの始まりは、90年代の終わり頃。

開発したのは、当時、NTTドコモに勤めていた、通称、絵文字の生みの親。
実は開発のキッカケは、ポケベル時代のドコモの、ある失敗にあったそう…。

当時、ポケベルは、88と打つと、記号のハートマークが入力できたのですが、
この1文字が、超重要! 文字だけのメッセージは、どうしても冷たい印象を
与えてしまう事がありますよね?

だから当時のユーザーは、このハートマークで相手に感情を伝えていたのだ
そうです。 (例/大好き♡)

ところが、ある時、ドコモは新発売のポケベルから、そのハートを削除してし
まったのです。 すると、若者を中心に次々とユーザーがライバル会社に流出。

当時、入社3年目だった開発者は、このハート削除事件で絵文字の大切さを
痛感した。そこで思い付いたのが、逆に絵文字を、めちゃくちゃ充実させれば
より豊かな感情表現ができて、みんな喜ぶのではないか?という事。

その頃、開発者は、ケータイをインターネットにつなぐサービスiモードの開発を
していたのですが、そのリリースに合わせて、絵文字を導入する事を上司に
提案。 答えはOK! (iモードとは、1999年に開始された携帯電話による電子
メールの送受信、ホームページへのアクセスなどを可能にしたサービス)

とはいうものの、絵文字は予定にない機能だったから、開発者が自分で基本
デザインを考える事に。 この時点でタイムリミットは、1カ月しかなかった。

しかも当時のケータイでは、1文字のドットは、12X12しかなかったから、たった
これだけのマス目の中で、いくつもの絵を表現しなければならなかった。

では、どんなデザインにしたらいいのか? 開発者が参考にしたのは、日本の
漫画と、街の中にあるピクトグラムだった。 ユーザーの気持ちを表す絵文字
には漫画で昔から使われていた汗や怒りなど、感情表現の記号を利用した。

天気や街の情報を表す絵文字には、既に標識などで使われていた記号、
ピクトグラムを参考にした。 数週間のうちに、開発者は、導入したい絵文字
全てをリストアップ。

1999年の iモード のリリースと共に、176の絵文字が発表された。 ちなみに
お気に入りだった ウンチ の絵文字だけは、社内の猛反対を受けて採用され
なかったそうです。

そもそも、開発のキッカケだったハートの絵文字は、最終的に5種類も用意。
当時の女子高生には、男子にハートを送る時、本命と友達で種類を使い分け
ていた人もいるという話で、まさに絵文字が感情表現を可能にしたのです。

当時の女子高生 “字より絵文字の方が、メールがかわいく見える”
当時の女子高生 “言葉を入れるのが面倒臭い。あと、かわいいよね”
当時の女子高生 “わかりやすいし伝わりやすい。気持ちが…”

絵文字は、あっという間に若者たちの間で、一大ブームを巻き起こす。
その勢いは、開発者の予想をはるかに超え、ビックリ仰天な事態に。

“意外に40代50代や、親世代までが、普通に絵文字を2000年代前半に使う
ようになって行って、日本全体で使って行ったというのは、少し意外というか、
面白い事だなと思いました。年齢関係なく感情を付加して、メッセージを送り
たいなという、そういう思いというのは、年齢関係なかったのではと思います。
私も両親から絵文字つきのメールを、当時、受け取って、ちょっと恥ずかしい
というか、嬉しいけど恥ずかしいみたいな思いがありました”

こうして絵文字は、日本の文化として定着したのですが、それがなぜ、世界へ
広がったのか? それに貢献したのは、ソフトバンクの当時の社長だった。

2008年に日本へ iPhone が上陸するのですが、その頃、社長は、日本で
iPhoneが普及するには、絵文字が、どうしても必要だと、アップルに強く働き
かけた。 更にその頃、グーグルも Gmail を日本で広めるため、絵文字に注目
していたのです。

そしてアップルとグーグルの働きかけによって、絵文字は、ユニコードという
世界共通の文字規格に、採用される事になったのです。
※ 絵文字の事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


ユニコードは、言ってみれば、世界中のコンピューターが使う膨大な文字の
一覧で、ユニコード・コンソーシアムという国際的なNPO団体が管理している。

このコンソーシアムには、アドビやマイクロソフトといった、大手IT企業が参加
していて、アップルとグーグルも、その一員だったワケ。 ユニコードに加えら
れた事で、絵文字は、世界中のスマホやパソコンで使えるように。

何か、iPhoneに面白い機能が追加されてるよ! って感じで話題になって、
少しずつ海外に浸透して行ったのです。 でも絵文字は、もともと日本で生ま
れたものだから、いまだに日本文化の影響も強く残っている。

例えば、富士山や東京タワーの絵文字があるし、温泉・こいのぼり・おでん・
名札とかは、外国人から見ると What's this? って感じみたい。

その一方で、、絵文字が海外に浸透するにつれて、世界の多様な文化が
取り入れられるようにもなって来ている。 逆に日本人が見て、何これ?って
感じの絵文字も出て来ているから、手元にスマホがある人は、試してみて!

例えば、おまもり で変換すると出て来る不思議な青い二重丸。 これは、
ナザール・ボンジュウ というトルコのお守り。 あと、ふぁらふぇる と入れると
おだんご みたいな絵文字が出て来るのですが、これは中東のコロッケ的な
料理。 ヘルシーで美味しいそうです。

こんな風に絵文字は、どんどん国際化しながら世界に拡大中! 突然ですが
ここでクイズです! 世界の使用頻度ランキングで、ずっと1位に君臨してきた
絵文字は、何でしょうか?     答えは、 うれし泣き です。

海外では、涙が出るほど笑ったという意味で、よく使われるのだそうです。
2015年には、うれし泣きの絵文字が、あのイギリス、オックスフォード英語
辞典の、今年の単語になったのです。

これまで selfie や post-truth といった、時代を象徴する言葉が選ばれてきた
のですが、その仲間入りしたという事、 これ、結構スゴイ事よ!

そしてイギリスの言語学者は、絵文字は歴史上、最も急速に成長している
言語だと語っている。 でも絵文字が世界的な存在になった事で、さまざまな
問題も出て来ている。 例えば、旗の絵文字の問題。

絵文字には、国連に加盟している国家以外にも、いくつかの地域の旗が登録
されているのです。だけど、この線引きが凄く難しくて、ウェールズはあるのに
北アイルランドはないとか、パレスチナはあるのに、クルドはないという事が
指摘されているのです。

更に深刻なのが、人種やジェンダーについて絵文字がステレオタイプを生んで
しまうという問題。 絵文字が世界に広まり始めると、肌の色が1種類しかない
事や、警察官が男性しかなかった事などが、問題視されたのだとか。

そこでユニコード・コンソーシアムは、ここ5年ほどの間に、絵文字のバリエー
ションを一気に増やした。 人間が描かれている絵文字のほとんどは、男性・
女性・ニュートラルの3種類の姿が用意されていて、更に、そこから6種類の
肌の色を選択できるようになった。

そして今では男性の人魚や黒人のサンタクロースなど、とても多様な絵文字
が登場。 最近では、妊娠した男性も追加されて、話題を呼んだ。

こうして絵文字は、時代の変化に何とか対応して行っているのですが、実は、
新しい絵文字を提案するのは、一般の人でも可能なのです!

もし、この絵文字が必要でしょ! っていうのを思い付いたら、応募してみて!
実際に、2017年に導入されたスカーフの女性の絵文字は、サウジアラビア
出身で、当時15歳の少女が考案したものだった。

彼女はイスラム教徒をはじめとした、スカーフをかぶる世界中の女性のために
この絵文字を提案。 なんと、この年、世界で最も影響力のある10代の1人
にも選ばれている。

他にも血液の絵文字は、女性の月経について、より気軽に話ができるように
と考案されたものですし、蚊の絵文字も、蚊が媒介する病気、マラリアへの
理解促進のために導入が求められた。

つまり、今や絵文字は、ただのスマホの機能を超えて人々の思いを世界中に
広める重要なツールになっているのです。そして2016年、ビッグニュースが!

ニューヨーク近代美術館の永久収蔵品として当時のドコモの担当者を中心に
開発した、NTTドコモの絵文字、176点が選ばれたのです。 これらは、新たな
視覚言語が広がる種を植えたと、評価されている。

絵文字生みの親は、絵文字が世界に広がり、今や3600を超えた事について
次のように語っている。

“結局、短いテキストに感情をくっつけるという事のニーズであったり、それが
別に、言葉や人種関係なく、同じデジタル社会の中で起こるものなのだという
事が、面白いと思いましたし、実際、たくさんの方が使って頂けた。自分が
手がけたものが使って頂けたというのは、非常に嬉しい思いですね。絵文字
の数は、もっと増えるのではないかと思いますよね。ただ、民族文化ごとに、
国ごとに、もっと増えると思いますけど…もう、あまりにも広がり過ぎて自分の
手を離れた感は、すごくありますね…”

今もなお、絵文字は、どんどん、その領域を拡大中。 例えば絵文字を含んだ
URL を販売するサービスでは、最近の NFT ブームの影響もあって、1個
20万ドルの値がついたものもあるとか。

世界的なラッパーの彼も、絵文字が大好きな事で知られていて、昨年、発表
したアルバムのジャケットに、絵文字を採用。 大いに注目を集めている。

こんな風に絵文字は、たった1つのハートマークから始まって、日本の文化に
成長し、今では、世界を映し出す鏡のような存在になった。

きっと、これからも絵文字は、この社会が、一層、複雑になるのに合わせて、
その数を増やして行く事でしょう。 絵文字のすごさ、分かりましたか?



宅配ピザのドミノ・ピザ  Oisixおためしセット  トラベラーストア

   
起業や転職をしたい人へのご案内
起業とネットビジネス
● 会社や組織に属さない新しい働き方とは?
● お金をかけずに起業するには?
● 元手をかけずに1人で事業を起こすとは?
● 起業や開業に必要な初期費用とは?
● ネットワークビジネスも審査が必要とは?
● ブログでお金を稼ぐテクニックとは?
● 7つの習慣の原則とは?
● 成功する秘訣の共通点とは?
● 副業して収入を増やす方法とは?
● 転職や再就職の心構えとは?
● 会社を辞めてプチ起業するとは?
● フリーで働くノマドワーキングとは?
● 主婦の仕事にアフィリエイトとは?
● スマホやケータイで儲けるとは?
● 電子マネーのお金を増やすとは?
● ネットワーカーという新しい仕事とは?
● ネットワーカーの新しい働き方とは?
● 週休3日の導入は広がるのか?
● 週休3日の働き方とは?
● 週休3日制度の改革とは?
● 脱・非正規のチャンスとは?
● 正社員化とは?
● さまざまな人材を正社員にするとは?
● 好景気バブルの再来なのか?
● 世界同時株高になるのか?
● 短期の景気回復とは?
● コンビニの飽和時代とは?
● コンビニの激化するサービス競争とは?
● 中古品アプリで消費が激変とは?
● フリマアプリの急速な普及とは?
● インスタグラマーで儲けるとは?
● 動画を投稿して稼ぐユーチューバーとは?
● ゲームが仕事?プロゲーマーとは?
● データサイエンティストとは?
● 現金を持たないキャッシュレスとは?
● キャッシュレス化が進むとどうなる?
● キャッシュレスは本当に便利なの?
● キャッシュレスで現金が不要になる?
● 電力買取制度の問題とは?
● 世界を覆いつくした資本主義とは?

記事一覧表
このサイト内で検索する
安心して買い物できるオフィシャルサイト
自宅でカラダを動かす幸せを!
KATION SPORTS & WELLNESS
現地オプショナルツアーならベルトラ!
Finland Top Page
旅行用品の専門サイトです!
トラベラーストア
テレワークやおうち時間にメガネを!
・ゾフ公式オンラインストアサイトトップ
バルミューダの空気清浄器でウイルス対策!
ベルメゾンネットで販売中!
パソコンを買うなら豊富な品揃えのデル!
Dell G top page
大切な個人情報を守る!
ウイルス対策はノートン!
フルラインナップスポーツ用品専門店です!
スポーツオーソリティ(SPORTS AUTHORITY)公式通販サイト
毎日どこかでTVCM中!総合テレビ通販!
ダイレクトテレショップ
オンラインストアだからこそ豊富な品揃え!
ニューバランス公式オンラインストア
ロフトネットで新しい生活を始めよう!
ネット限定アイテムも!「文房具の会」開催中! ←雨レイングッズも豊富な品揃え!
ソースネクスト
・Zoomの会議を自動録画できる全録KAIGIO
プーマオンラインストア  GUNZE store(グンゼストア)
ベルメゾンネット  婦人画報のお取り寄せ

プロフィール

幸二郎

Author:幸二郎
当サイトはリンクフリーです。