自分ではじめる老後でも儲かる在宅仕事の成功術!

今はやりのプチ起業やビジネスで稼ぐ!年金に頼らない貧乏脱出儲ける方法を紹介しています!

SEOで人の気持ちが解るとは?

SEOとは、検索サイトで表示される上位に、自分のブログが表示されるように
ブログの記事などを工夫することです!

と、テキストでは一般的に紹介されていますが、工夫することといわれても、
初心者には何となく解るつもりでいても、じつのところよく解っていない場合が
多いのではないでしょうか?

SEOとは、すごく簡単に言うと、ヤフーやグーグルなどの検索サイトの中で、
自分が調べたいと思うキーワードや単語を入力して、調べたときに表示される
ブログやホームページなどのサイトの順位のことです!

つまり、私たちが普段、何げなく使っている検索サイトに表示されるサイトには
ランク付けがされており、必ずランクトップから表示される仕組みなのです!

ところが、このサイトの順位というものは、検索サイトの会社が独自の判断で
順位を付けているものであって、自分ではどうすることも出来ないと思うのは
大きな間違いなのです!

じつは、自分のサイトを検索結果の上位にするには、タイトルや文章の中など
色々な場所にキーワード、そう、大手の検索サイトで誰もが調べそうな言葉を
適度に盛り込り込めば、検索サイトで順位が上がるものなのだそうです!

そして、検索順位が上がる工夫をする、つまり、言葉の盛り込み方によって、
検索サイトの順位は常に変動します!

そのため、何もしなければ当然、順位が下がり、検索をしてる人の目に触れる
機会が激減し、多くの人に使われている検索サイトから読者を呼び込む事が
出来なくなるという仕組みになっているそうです!

しかし、覚えておいて下さい!

検索サイトの会社は、ヤフーやグーグル以外にもたくさんあります!

よって、検索の結果とは、それぞれの会社が独自の判断でサイトを評価した
結果を基に表示しているので、全ての検索サイトが同じ検索結果を表示する
ものではありません!

さらには、1つの検索会社の結果だけが正しい評価ではないという事です!

でも、全ての検索サイトの会社に共通して言える事は、アクセスの多いワード
そう、1番多く検索されている言葉ほど、当然、検索サイトでよく検索されてる
言葉なのです!

それが何を意味するのかというと、アクセスの多い人気のキーワードを記事に
盛り込めば、自然とブログのアクセスが増える可能性が高いのです!

しかし、ただ単にアクセス件数が多いと喜んでもいられません!

アクセスをたくさん集めるために、ブログに、とにかく旬なキーワードをたくさん
盛り込め過ぎれば、当然スパム行為とみなされて逆にアクセスが減ります!

そもそもブログとは、SEO対策が施されているものなので、過剰にSEO対策を
しなくても、ブログのタイトルだけでなく、記事のタイトルや記事の中に適切に
キーワードが入っていれば、それで良いのだそうです!

適切にキーワードを入れるその加減が、素人の私にはよく解りませんが … 。

そしてグーグル等は、ブログタイトルに入っている単語を重視する傾向がある
のだそうです!

それがどこまで重視されるのかは、素人の私にはよく解りませんが … 。

時々、日記ブログで、記事のタイトルが思いつかないからと言って、タイトルを
付けずに記事をアップしている人が、かなりたくさんいるのですが、それって、
すごくもったいない事をしているのですよ!

なぜなら、少しでもアクセス数を集めたい、検索をされたいと思うのであれば、
たとえ良いタイトルが見つからなくても、短くても良いから、必ず何かタイトルを
入れてからアップしなければ、検索サイトに不利になるそうです!

だって、グーグル等の検索サイトは、記事タイトルに入ってる単語も重視する
傾向にあるのだそうですから … 。

ちなみに、カテゴリーもキーワードを意識したものを付けた方が、SEO対策に
効果があるのだそうですよ!

しかし、ブログに大切なSEO対策に最も効果があるのは、ページの最上部に
キーワードを入れる事なのだそうです!

これまた、どれほど効果のあるものなのか素人の私には解りませんが … 。

検索サイトというものは、ページの上部にあるキーワードが盛り込まれている
「テキスト」ほど検索に優先される傾向があるものなのだそうです!

よって、ホームページならロゴよりも上に、キーワードとなるテキストを入れる
のが望ましく、ブログなら、ブログのタイトルのすぐ下にある「サブタイトル」に、
キーワードを意識すると良いのだそうですよ!



これならすぐにでも出来そうなので、試してみてはいかがですか?

でも、気を付けて下さいね!

それならいっその事、ブログタイトル自体に人気の高いキーワードを並べれば
一気にアクセス数を集められてガンガン稼げそうなのでは?

と、誰もが思いますよね!

そう思ったので私もやってみましたが、世の中、そんなに甘くはありません!

ブログタイトルに人気のキーワード、たとえば「ブログでお小遣い稼ぎ」の様な
アフィリブログにはもっともありがちなブログ名にすると、サイトの評価が落ちる
ようなのです!

素人にはまったく解らない事なのですが、審査の厳しい広告会社などからは、
広告の配信停止や契約申請を見送られる(拒否される)場合があるのです!

理由は、ブログ名が最も検索される確率の高いキーワードが冒頭にあるから
意図的にブログを検索されやすくしているという事らしいのです!

そのため、もっとも検索される確率の高いキーワード(言葉)を使う場合には、
ブログタイトルに入れるのはなるべく避けて、タイトルの下にあるタグラインや
記事のタイトルに盛り込むようにしましょう!

しかし、どうしてもタイトル自体に人気のキーワードを入れたいという場合は、
冒頭にワンクッション、たとえば、金太郎のブログでコツコツとお小遣い稼ぎ、
のように少し工夫してみた方が良いらしいです!

そして、記事の中に適切なキーワードを盛り込む際には、「 」や、太文字や、
大きい文字などにして、インパクトを与えるのもSEO対策には効果的であり、
読者の目を惹きやすくなるのだそうです!

このように、さまざまな事を考慮して、主題に関わるキーワードを記事文中に
きちんと盛り込められていれば、読者の気持ちが解るブログ作りができている
といえるのではないでしょうか?

ちなみに、記事の中に適切なキーワードを盛り込むという事は、記事の中に、
同じ言葉ばかりを何度も入れるのではなく、表記を統一しないで、あえて違う
表記にした方が良いそうです!

たとえば、儲け、儲けて、儲かる、儲かり、儲かって、などを点在させた方が、
読者に検索サイトで調べられる際の単語のあらゆるパターンのキーワードに、
自分のブログがヒットする確率が一段と高くなるのだそうです!

なお、検索サイトが行なっている、ブログ内のキーワードの検索をチェックする
「ロボット検索」というものは、意外と頻繁に巡回しているそうですよ!

よって、文章中のキーワードの盛り込みの頻度が気になる方は、SEOツール
などを利用して、キーワードの出現回数をチェックして最適化させましょう!

ブログとは、人気ランキングの順位も凄く大切ですが、ランキングから読者が
訪問しに来る確率はかなり低いそうです!

なぜなら読者とは、それ以上にブログへの訪問をする手段として検索サイトで
調べたキーワードによる、検索サイト側の独自評価に基づいて選び出された
サイトの上位のものを開いて観てみようと思うのが1番多いのだそうです!

じつは検索サイトの順位というのは、人気ランキングの様にサイトにたくさんの
訪問者があって、人気があるから検索結果の上位に表示されるものでもない
という事を知っていましたか?

それぞれ検索サイトの会社ごとに、ランク付けする判断基準は異なりますが、
ランク付けに唯一共通する点であり、もっとも重要視されるのは、人気の高い
キーワードの他に、ブログの中身の充実性なのだそうです!

そう、ページ数が少なすぎたり、文章が短いものは、検索サイトからの評価が
上がらないため、何年ブログをしていても、検索結果で上位になれる確率が
非常に低くいのです!

逆に初心者でも、ある程度のページ枚数と、充実した中身が伴っていれば、
検索結果で1位は無理でも、上位の方に入る事は可能なのだそうです!

じつはSEO対策とは、ただ単に人気のあるキーワードを記事やタイトルなどの
さまざまな場所に盛り込めば良いというだけのものではないのです!

そのうえ一般的なテキストでは、初心者にアクセスアップのために、たくさんの
人気ランキングに登録するように勧めています!

ところがこれって、登録手続きやバナーの設置などに手間暇掛かるだけで、
初心者やマイナーブログでは、あまりというか、ほとんど成果が得られない…
という事をご存知ですか?

なぜなら、ランキングボタンを押してくれる人が少ないうえ、自分が利用してる
ブログサービス内のランキングや人気ランキングサイトには、初心者などでは
自分のサイトの露出度が少なすぎるのだそうです!

そのため、訪問者を呼び込む力が検索サイトより遙かに弱く、自分のサイトの
ランキングの順位が低いほど不利なのだそうです!

ブログとは、SEO対策した記事を書けば、人気ランキングの順位など関係なく
検索サイトからキーワードをもとに、ありとあらゆるところから、自分のブログに
訪問者を呼び込めるのだそうです!

ありとあらゆるところとは、自分と同じブログサービスや、それ以外のブログや
SNS関連のサービスや、ネット検索だけをしている全ての人の事です!

それが人気キーワード、そう、不景気な現在の状況なら、お金や仕事などの
言葉ほど検索者が多いので、その様なキーワードが記事に盛り込んであれば
当然、アクセスアップにも繋がっていくというものなのだそうです!

そして、人気キーワードで検索結果の上位に入ることが出来るようになれば、
あなたのブログが、ラクに運営する事が出来るのです!

なぜなら、コメントやリンクやトラックバックやブロ友申請したり、毎日苦労して
1日中ブログ訪問したりなど何もしなくても、ほったらかしでアクセスアップする
可能性が大いにあるからです!

だから、SEO対策が重要視されるのだそうですよ!

これを機に、あなたも自分のブログを見直してみてはいかがですか?


※ブログで失敗しないために、楽天市場で事前準備をしましょう!



ビジネスに必要なポイントカード!
楽天サイト内と外でポイント貯まる!
楽天カード (年会費永年無料)
楽天ポイントがプミアムに貯まる!
楽天プレミアムカード (年会費永年無料)
アンケートで楽天ポイントが貯まる!
楽天リサーチ
ウェブ検索で楽天ポイントが貯まる!
楽天ウェブ検索

起業とネットビジネス
● 会社や組織に属さない新しい働き方とは?
● お金をかけずに起業するには?
● 元手をかけずに1人で事業を起こすとは?
● 起業や開業に必要な初期費用とは?
● ネットワークビジネスも審査が必要とは?
● ブログでお金を稼ぐテクニックとは?
● 7つの習慣の原則とは?
● 成功する秘訣の共通点とは?
● 副業して収入を増やす方法とは?
● 転職や再就職の心構えとは?
● 会社を辞めてプチ起業するとは?
● フリーで働くノマドワーキングとは?
● 主婦の仕事にアフィリエイトとは?
● スマホやケータイで儲けるとは?
● 電子マネーのお金を増やすとは?
● ネットワーカーという新しい仕事とは?
● ネットワーカーの新しい働き方とは?
● 週休3日の導入は広がるのか?
● 週休3日の働き方とは?
● 週休3日制度の改革とは?
● 脱・非正規のチャンスとは?
● 正社員化とは?
● さまざまな人材を正社員にするとは?
● 好景気バブルの再来なのか?
● 世界同時株高になるのか?
● 短期の景気回復とは?
● コンビニの飽和時代とは?
● コンビニの激化するサービス競争とは?
● 中古品アプリで消費が激変とは?
● フリマアプリの急速な普及とは?
● インスタグラマーで儲けるとは?
● 動画を投稿して稼ぐユーチューバーとは?
● ゲームが仕事?プロゲーマーとは?
● データサイエンティストとは?
● 現金を持たないキャッシュレスとは?
● キャッシュレス化が進むとどうなる?
● キャッシュレスは本当に便利なの?
● キャッシュレスで現金が不要になる?
● 電力買取制度の問題とは?
● 世界を覆いつくした資本主義とは?

このサイト内で検索する
安心して買い物できるオフィシャルサイト
大きいサイズのレディース服専門通販
ハッピーマリリン
肌着・下着・インナーが豊富に揃う!
グンゼ公式通販
毛髪を育む薬用育毛エッセンス!
メディカライズ スカルプエッセンス<医薬部外品>
女性のための薬用育毛剤!
ハーバー(HABA)薬用 麗豊(れいほう) 女性用育毛剤
ウィッグ→つけ毛で気分も軽やかに!
【ベルメゾン】人毛100%地肌付きフルウィッグ
自宅でカラダを動かす幸せを!
KATION SPORTS & WELLNESS
現地オプショナルツアーならベルトラ!
Finland Top Page
旅行用品の専門サイトです!
トラベラーストア
テレワークやおうち時間にメガネを!
・ゾフ公式オンラインストアサイトトップ
バルミューダの空気清浄器でウイルス対策!
ベルメゾンネットで販売中!
パソコンを買うなら豊富な品揃えのデル!
Dell G top page
大切な個人情報を守る!
ウイルス対策はノートン!
フルラインナップスポーツ用品専門店です!
スポーツオーソリティ(SPORTS AUTHORITY)公式通販サイト
毎日どこかでTVCM中!総合テレビ通販!
ダイレクトテレショップ
オンラインストアだからこそ豊富な品揃え!
ニューバランス公式オンラインストア
ロフトネットで新しい生活を始めよう!
ネット限定アイテムも!「文房具の会」開催中!
ガンプラ買うならプレミアムバンダイ!
プレミアムバンダイ
フォトブック作成やプリントサービスもOK!
フジフイルムフォトブック
ソースネクスト
・Zoomの会議を自動録画できる全録KAIGIO

健康を考える人の食事は、こちら!
糖質を控えたい方、塩分を控えたい方
脂質を控えたい方、ダイエット食品
たんぱく質を控えたい方、ヘルシー食品
ニチレイフーズダイレクト です!!
プロフィール

幸二郎

Author:幸二郎
当サイトはリンクフリーです。