自分ではじめる老後でも儲かる在宅仕事の成功術!

今はやりのプチ起業やビジネスで稼ぐ!年金に頼らない貧乏脱出儲ける方法を紹介しています!

世界で最も急速に進む高齢化社会を生み出した日本は?

FC2 トラックバックテーマ:「おうち時間が増えてから変わったこと」
1990年代以降に戻って考えましょう。

第2次世界大戦後、世界一ダイナミックだった日本経済が、定常状態に入った
ように見えます。

成長が止まり、デフレの危機に見舞われ、政策立案者が、伝統的な対策が
機能していない事に絶望しはじめた。

更に平均寿命の長さや、出生率の低さという人口問題が、世界で最も急速に
進む高齢化社会を生み出しました。

その結果、成長とインフレへの期待が崩壊するという心理的な変化が起きた。

社会の平均年齢が上がり過ぎると、壮年期の人間に似た心理状態になるの
かも知れない。

最高の時期は過去のもので、サッカーの代表になる事も、テニスの選手権で
優勝する事もないとね。 全盛期は去った。

これが日本の心理についての1つの捉え方です。

定常状態とは、すなわち心理状態… それゆえ、変えるのは難しい。

経済学者は、インフレへの期待は、インフレを発表してスイッチを押すだけで
変えられる、と。 インフレの目標は2%…。

これを信頼できる形で説明し、皆に信じてもらえれば、インフレになるのだと。

でも、そうはいきません。

心理的な期待は根深いもので、歴史や経験に根差しています。

技術系の官僚がスイッチを押すだけで、記者会見の発表だけで、変えられる
ような事ではありません。 他の国々も気を付けた方がいい。

なぜなら日本に続いて、人口動態の変化・高齢化・人口縮小の道を歩んで
いるからです。

ドイツにも同じ傾向が、すでに見られますが、まだ日本の経験から、十分に
学べていないと思います。

中国は同じ道を、歩んでいないフリをしていますが、同じです。

1人っ子政策により、高速で高齢化社会に突き進んでいます。

中国が定常状態に入ると、1人当たりの収入レベルは、日本よりもずっと低く
なるでしょう。

国家を動かす力とは何か?トルストイの戦争と平和の問いかけですが答えは
それなのかも知れません。

つまり、国家の心理を真に変える唯一のものは、戦争のような非常に大きな
危機や、自然災害なのでしょう。

あまり励みになる認識ではないですが、何らかの災難なくして、定常状態に
入った集団の心理は、変えられないのかも知れません。

これは、歴史から学べる教訓のように思います。

21世紀初頭の主要な問題は、中国は成功できるか?という事でした。

激しい競争と資本主義制度に基づいた比較的自由な市場と、政治的競争も
説明責任も、代議政治も、真の法の支配もない。

一党独裁国家の組み合わせが成功できるのか?

中国が成功すれば、私が信じている多く事が、間違っていた事になります。

なぜなら、私の議論は啓蒙主義者の偉大な見識や、ハイエクやフリードマン
等のより、最近の説に密接に関わっているからです。

私は、基本的に、こう考えています。

世の中のOS(オペレーティング・システム)に必要なのは、自由市場だけでなく
国家に管理されない市民社会。

人と人がつながる、生きた社会ネットワークだとね。

法の支配は、国家に管理されるものではなく、代議政治には、真の競争が
あります。 それらのものを、お互いから切り離せるとは思いません。

そのうちの1つ、市場経済のみが存在して他が存在しなければ、最終的には
その経済を病変が殺すのです。

無責任な官僚制度による、利益追求が始まり、腐敗が広まります。

もし中国が何らかの方法で、私が間違っている事を証明できれば、ハイエク
からフリードマン、スミスに至るまで、他の多くの偉大な人々が間違っていたと
証明する事になります。

私が見たところ、(中国の)経済的な成功は、終わりに近付いています。

人口統計学的要素や、財政・金融上の逆風によって、中国経済は鈍化する
でしょう。 今後10年間で、成長率は、恐らく半分ほどになると推測します。

中国の人々が、どんなに賢くても、なす術はありません。

第2に、40年ちょっとの間に彼らは、史上最大の中間層を創り出しました。

今もマルクスとレーニンを信じていると主張する、マルクス・レーニン主義者が
います。 中国にとって、彼らは大きな問題のはずです。

なぜなら、ブルジョワジー(中産階級)は、革命階級なのです。

彼らは、常に財産権を欲します。

中産階級は、民主主義はどうでもよくても、財産権を欲するのです。

これにより必然的に、法の支配が必要になります。

中国でお金を儲けたら、たとえそれが大金でなくても、本当に自分のものには
ならないという点が問題です。

いつだって国家が、気まぐれに取り上げる事ができ、個人が法的に守られる
事はありません。

もし政党が、あなたは腐敗していて、何かの規則に違反した、と判断したら、
終わり。ゲームオーバーです。ですから変革は既に始まっていると思います。

中産階級が、不安を感じ始めているのです。

つまり中国の富、中国の中産階級は、国を出たくて仕方ないのです。

友人に1度、今は3種類の中国がある、と言われました。

新・新中国と、 新・旧中国と、 旧・旧中国です。

友人が言いたかったのは、新・新中国とは、テクノロジーの世界、つまり、テン
セントやアリババの世界です。



起業とネットビジネス
● 会社や組織に属さない新しい働き方とは?
● お金をかけずに起業するには?
● 元手をかけずに1人で事業を起こすとは?
● 起業や開業に必要な初期費用とは?
● ネットワークビジネスも審査が必要とは?
● ブログでお金を稼ぐテクニックとは?
● 7つの習慣の原則とは?
● 成功する秘訣の共通点とは?
● 副業して収入を増やす方法とは?
● 転職や再就職の心構えとは?
● 会社を辞めてプチ起業するとは?
● フリーで働くノマドワーキングとは?
● 主婦の仕事にアフィリエイトとは?
● スマホやケータイで儲けるとは?
● 電子マネーのお金を増やすとは?
● ネットワーカーという新しい仕事とは?
● ネットワーカーの新しい働き方とは?
● 週休3日の導入は広がるのか?
● 週休3日の働き方とは?
● 週休3日制度の改革とは?
● 脱・非正規のチャンスとは?
● 正社員化とは?
● さまざまな人材を正社員にするとは?
● 好景気バブルの再来なのか?
● 世界同時株高になるのか?
● 短期の景気回復とは?
● コンビニの飽和時代とは?
● コンビニの激化するサービス競争とは?
● 中古品アプリで消費が激変とは?
● フリマアプリの急速な普及とは?
● インスタグラマーで儲けるとは?
● 動画を投稿して稼ぐユーチューバーとは?
● ゲームが仕事?プロゲーマーとは?
● データサイエンティストとは?
● 現金を持たないキャッシュレスとは?
● キャッシュレス化が進むとどうなる?
● キャッシュレスは本当に便利なの?
● キャッシュレスで現金が不要になる?
● 電力買取制度の問題とは?
● 世界を覆いつくした資本主義とは?

記事一覧表
このサイト内で検索する
安心して買い物できるオフィシャルサイト
現地オプショナルツアーならベルトラ!
Finland Top Page
旅行用品の専門サイトです!
トラベラーストア
テレワークやおうち時間にメガネを!
・ゾフ公式オンラインストアサイトトップ
バルミューダの空気清浄器でウイルス対策!
ベルメゾンネットで販売中!
パソコンを買うなら豊富な品揃えのデル!
Dell G top page
大切な個人情報を守る!
ウイルス対策はノートン!
フルラインナップスポーツ用品専門店です!
スポーツオーソリティ(SPORTS AUTHORITY)公式通販サイト
毎日どこかでTVCM中!総合テレビ通販!
ダイレクトテレショップ
オンラインストアだからこそ豊富な品揃え!
ニューバランス公式オンラインストア
ロフトネットで新しい生活を始めよう!
ネット限定アイテムも!「文房具の会」開催中! ←雨レイングッズも豊富な品揃え!
ソースネクスト
・Zoomの会議を自動録画できる全録KAIGIO
プーマオンラインストア  GUNZE store(グンゼストア)
ベルメゾンネット  婦人画報のお取り寄せ

プロフィール

幸二郎

Author:幸二郎
当サイトはリンクフリーです。