自分ではじめる老後でも儲かる在宅仕事の成功術!

今はやりのプチ起業やビジネスで稼ぐ!年金に頼らない貧乏脱出儲ける方法を紹介しています!

あなたのインスタを勝手にフォローしているのは無料ソフトが原因?

FC2 トラックバックテーマ:「ザ・絶妙な返事!」


“今どき、グーグル使っているのは… ないかな…”
“ごはん屋さんを探す時に、インスタグラムの検索で調べる”
“口コミだと、CMより伝わってくる”
インスタグラムの口コミ、若い世代を席巻しています。

“フォロワー多い人の方が、影響力が大きいのかな?って…”
“フォロワーの多い方が、信用できるというか、マネしたくなる…”
フォロワー数 = 影響力 。  しかし…?

3万人のフォロワーを持つ読者モデルの女性は、言う。 “フォロワー1万人を、
6000円で買いました。 3カ月ごとに買ってます。 先輩たちがやっているので
有名な方も…”

この女性が紹介した健康食品は、痩せるとうたうなど、不当な表示をしていた
として、行政処分を受けました。 (現在、該当広告は削除)

フォロワーを販売している業者は、言う。 “注文が来たら納品させてもらって
ます。 1億人とかは、いけますね! 今の時代で言うと、数があれば正義
ですもんね…”  売買された3万人のフォロワーを、徹底追跡!
たどり着いたのは、地球の反対側?

Q: あなたは、この(日本人の)名前を知っていますか?
“いや、聞いた事もない… 何か、盗まれている感じだ…”

今や、広告の主戦場とも言われるSNS。 その熱狂の舞台裏で、何が起きて
いるのでしょうか?

インスタグラムを使った広告の全てが怪しいわけではありません。
例えばこちら、3人の子供を育てる主婦が発信するインスタグラムで、
フォロワー数、23万人。

こうした口コミの影響力が大きい人は、インフルエンサーと呼ばれて、注目を
集めています。 この方が投稿しているのは、洋服のコーディネート写真です。
この一部は、実は… アパレルメーカーから報酬をもらって、商品の宣伝を
しているものなのです。

身近に感じられるインフルエンサーのお薦めは、テレビCMなどとは違う口コミ
広告として、消費者の心を捉えています。 世界には、1回の投稿あたり
数千万円稼ぐとも言われるセレブもいるのです。 信頼の目安となっている
フォロワー数。 実は、その水増しが横行しています。

今月初め、インスタ等SNSのフォロワーを販売する業者が取材に応じました。
フォロワーを販売している業者は、言う。 “注文数としては1日に100件以上は
あって、高くて1人当たり6.5円ですね”

Q: 例えば、1000人のフォロワーを、今、付けていただく事は出来ますか?
“簡単に出来ますね。 すぐに納品できるものを選んで、じゃあ、1000人…”

Q: もう、付きましたね。 10秒経たずに、フォロワーが、今、77人ですね。
Q: どんどん増えて行きますね。 149人…。 こんなに早いのですね…。
Q: あっ! 今、1000人超えましたね。 6分ほどで… すごいな…。

Q: 罪悪感は、ないのですか?  “自分たちは法律を害してないわけだし、
使うか使わないかは利用者の判断ですし需要があって、うちはやっています”

実際にフォロワーを買ったインフルエンサーが、買う理由を明かしました。
人気モデル似の、30代の主婦。 フォロワー数は、およそ1万5000人です。

“1000人ちょっとだけ、1回フォロワーを買った事があります。 1万人超えると
機能的に使えるものがあって、その方が圧倒的に見に来てくれる人が増える
というのがあって、大台(1万)に乗せる時だけ利用した事があります”

投稿するのは主に化粧品の話題。 広告主のメーカーからは月10~20万円の
報酬を得ているといいます。 “お小遣いのプラスにしようかなくらいは、
いただけます。 別に、今、フォロワーを買うの普通だよって言ったら、
おかしいですけど…”

番組では潜入調査のためにフォロワーを買ってみた。インスタグラム初体験の
番組リポーターが挑戦してみました!

インスタの利用規約には、
ご自身のアカウント(ユーザーネームを含む)の一部分の購入、販売または
譲渡を試みること、また他のユーザーのログイン認証もしくはバッジの募集、
取得または使用を試みる事は禁止されています。

と、ありますが… 今回は番組で検証するために、フォロワーの購入をやって
みたいと思います。 インスタグラムフォロワー1万人、税込み1万500円…。
送料無料でお届けしますとは、どういう事なのか?100人増加購入で980円。

3つのアカウントを作り、異なる3つの業者から、1万人ずつフォロワーを購入。
アカウント名は、仮の名で、渋谷一郎、渋谷二郎、渋谷三郎としました。
携帯が、凄い事になっています…。 こんこんと湧くように、フォロワーが付き
始めています。 ちょっと怖いです。 購入から2日後。

なかなか1万人に届いていなかった最後の1業者が、1万フォロワーに達成
いたしました!フォロワーを、どんな人がいるのか見てみると…。外国の人が
とても多いですね…。 購入したフォロワーは、どんな人たちなのか?
3万人のフォロワーを、追跡調査する事にしました。

データ解析の結果、3つのアカウントで、それぞれ特徴が見つかりました。
渋谷一郎アカウントは、世界150カ国からフォローされている事が判明。
渋谷二郎アカウントは、95%が、なぜかブラジルという結果に。
渋谷三郎アカウントは、多くが中東から。

日本人の何も投稿していないアカウントを、なぜ、言語の異なる世界中の
人々がフォローするのでしょうか?取材班は渋谷二郎のフォロワーが集中した
ブラジル・サンパウロでフォロワーたちへの接触を図りました。

しかし、プロフィールに載っている連絡先は、デタラメばかり…。 僅かに、実在
するアカウントが判明しました。 アポを取って行ってみると、そこは、市内でも
治安が悪いといわれるエリア。 昼なのに暗い廊下を行くと…。
※ ネット広告の事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


渋谷二郎のフォロワーの1人は、夜間学校に通う、16歳の少女でした。
母親が、1本30円の自家製アイスを作って生計を立てる一家。 少女は、その
アイスを宣伝しようと、インスタのアカウントを作ったといいます。

Q: 渋谷二郎のアカウントをフォローした覚えは、ありますか?
“いいえ。 何が起きたか正直、分かりません。 間違っているわ…こんな事。
だって、友だち以外、誰もフォローした事ないんだもの!”

少女の母親は、言う。  “危ないし、怖いわ…”  次に向かったのは海沿い
の町。 ブラジルのフォロワー2人目を訪ねると。 理容師で34歳の男性でした。

Q: 渋谷二郎というアカウントをフォローした事は?  “いや、そんな覚えは
ないよ”   そこで、フォローの確認を見てもらうと…。  “確かにフォロー
している… 変だな…?”

アカウントがフォロワーの水増しに利用されている可能性について伝えると。
“許せない。勝手に俺のアカウントで、知らない誰かが金儲けしているなんて
許せない! 俺には、何の得もないんだろ?”

取材班は、更に、彼らが渋谷二郎の他に、誰をフォローしているのかを調べ
ました。 すると、本人たちには覚えがないにもかかわらず、100人近くの
日本人アカウントをフォローしていました。  一体、どういうカラクリなのか?

地球の裏側までつながるとは驚きでしたが、この売買されているフォロワー
何なのでしょうか? 3万人を調べると、2つの傾向が見えて来たのです。
乗っ取りと、架空。

乗っ取りの方ですが、それはブラジルを中心としたアカウントなのですが、
盗まれたのかも知れない、要するに、実在する人物のアカウントが盗まれた
可能性がある事が分かって来ました。

つまり、パスワードか何か盗まれたという事のようです。

それから架空の方は、中東を中心とした、こちらのアカウントなのですが、よく
見るとIDが連番だったり、投稿が同じ写真だったりしていたのです。

これは、業者が、いもしない人物のアカウントを勝手に作った、いわゆるボット
と呼ばれるものであろうという見方が出て来たのです。

こういったものが、お金を払った人たちに大量に届けられているという現実が
見えて来ました。 しかも、自動的に配信されるという仕組みなのです。

まず、ブラジルの人たちというのは、もう本当に小学校1年か2年生ぐらいから
携帯電話を持たせて、SNSをするそうです。

やはり、取材にもありましたが、非常に治安の悪い所に住んでいたりすると、
親が子供に早いうちから渡して、安全を守るというような習慣があるのです。

すると子供たちは、すぐにSNSに登録をして、やはりフォロワーを増やしたい。
そういうの、流行っているのです。

なぜ、その彼ら、SNSを使うかというと、取材にあったように、アイスクリームを
売って、お金を少しでも稼ぎたいとか、あるいは、昔はサッカーで一躍有名に
なりたいというのがありました。

今はインフルエンサーになってお金を稼ぎたいという夢を持っているのです。
どちらにしろ、貧困から抜け出したいという夢なのです。

彼らは、それを思ってSNSをやっているのですが、日本人が、それを搾取する
あるいは、その夢を食いつぶすような形で、現金に換えてしまっている。

そこで、ものすごく不自然さというか、怖さを感じます。 結果的に、そうなって
しまっている、罪深い事だと思います。 そもそも、インフルエンサーというのは
なぜ、そこまでしてフォロワーを増やさなければいけないのか?

多くのインフルエンサーは水増しする事なく実際の自分の投稿でフォロワーを
増やしているのですが、ただ、フォロワー数によって仕事の依頼や報酬などが
変わって来るというのは同じなのです。

例えば、同じ1つの投稿でも、フォロワーに1万人の方と、5万人の方だったら、
報酬に差が出て来るのです。

実際にフォロワーを購入したインフルエンサーの方に聞きますと、仕事をもらう
登録料のようなものだと言い、罪悪感は全くないという風に話していました。

彼女たちとしても、投稿の中身で頑張っても、数で判断されてしまうという
苦しさもあるという風に感じました。

また、勝手に自分のアカウントで儲けているのが許せないと、ブラジルの方の
声がありましたが、フォロワーの売買で具体的に、どんな被害が広がっている
のでしょうか?

まず、第1の被害者は、インスタグラムを信頼しているユーザーだと思います。
そして、そのインフルエンサーにお金を出している広告主の企業も被害者だと
いえます。

SNSは本来、人と人を結ぶ信頼に基づいたコミュニティで、だからこそ企業が
注目して広告宣伝の場となっているのですがフォロワーの水増しというウソが
混じる事によって、ここにいるみんなが騙されているという状態なのです。

これは、SNS企業の姿勢にも課題があるのではないでしょうか?
世界を席巻するGAFAと呼ばれる4社の中で今回、取り上げたインスタグラムを
傘下に治めるフェイスブックとグーグルは、この広告を主な収入源にしています。

ソーシャルメディアを活用した広告は、世界のビジネスモデルを激変させたの
ですが、これが登場したのはごく最近で、さまざまな課題がいわれています。

特にデータ、AIを活用して収益を上げるという事を、まず優先する中でフェイク
ニュースやプライバシーの侵害、この対策は不十分であるといわれています。
先月フェイスブックのCEOがプライバシー対策を事業戦略として最も重視する。

こういう話しをしているのですが、2日前にも、流出のニュースがあったりなど、
これから、いたちごっこが続いて行きます。 我々も、無料でつながり、楽しさ
というものを得ている一方で、個人情報を企業に渡してしまっているのです。
※ インフルエンサーの事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


その時にプライバシーの侵害というのも1つの問題なのですが、気付かぬ内に
不正な組織の信用に手を貸していたり、あるいは悪意の運び手なにっている
かも知れない。 こういった事も、やはり注意する必要があるのかと思います。
ここで、番組に寄せられた、皆さんからの声をご紹介します。

20代の女性
“インフルエンサーの言葉には確かに説得力がある。経験に基づく言葉だから
刺さるものがあるのも事実。でもフォロワー数が多いのを利用して、もっぱら
自分の宣伝しかしていない人に関しては、若干の疑いを持ったほうがいいと
思います。その言葉を自分が信仰しだしたら危険信号、と私は自分を戒めて
います。その言葉は本当に意図があるもの?ないもの?その裏に隠された
意図や問題も見ないと私達は情報に飲まれてしまう”

確かに、既存の広告よりも、口コミやインフルエンサーの言う事の方を信頼
するというような社会の変化というのもあるのですね。 インフルエンサーには
2つ種類があると思うのです。

いわゆる昔の本でいうと、プロの書評家というものと、あと街の口コミで井戸端
会議の中に、あの本いいよと薦めたりする人がいたりする。

昔は、これは分かれていたのですが、この井戸端会議の所にお金を、広告
会社が投入する事によって、彼らの整理が効かなくなってしまった。 それが
1番の問題ではないのかなと思っています。

一方で、今、既存の商標化というものに象徴されるような、既存のメディアに
対する不信というのもあるのですね。 だから逆に反動で、それは出来てなの
ですが、そこが、まだまだきちんと安定しないのかなというのが印象です。

今度は、渋谷一郎のアカウントなのですが、こちらには1万人中、150人の
日本人フォロワーが確認されました。 このうち連絡が取れた50人と向き合う
内に、他人事とは思えないある事実が浮かび上がって来たのです。

日本人フォロワーの中に、都内の洋菓子店のアカウントがありました。
渋谷一郎をフォローした理由を聞くため、店を訪ねます。

Q: インスタグラムで、この店にたどり着いたのですが、こちらのお店で間違い
ないですか?  “はい、そうです”

Q: 実は、番組の実証実験でインスタを、ついこの前、始めたのですが、何も
投稿していないのに、こちらのお店から、急にフォローしていただいたのです。
“えっ?…  えっと…”

突然の話しに驚いた様子でしたが、気になる事があるといいます。
“飛び込みの営業で、フォロワー数に悩んでいませんか?という事で…”
見せてくれたチラシは、毎日のようにやって来るPR業者から渡されたもの。

2年前に店を開き、インスタを始めたばかりだった夫婦。 フォロワー数を増や
して、集客をアップするという、このサービスを試してみる事にしたといいます。

“最初はフォロワーが増えると、お客さんが興味を持ってくれてると思ったけど
関係のない人、外国の方が多いので、もういいなかと…”

すぐに契約を解除。 フォロワーの増加は止まりました。 しかし今度は、店の
アカウントが勝手に知らない人をフォローしていることを発見。 夫婦は日々、
大量のフォロー外しに追われ、困っていました。

“気持ち悪いのもあるのですが、怖さはありますね…”  取材班が、このPR
業者に確認すると…。 “契約解除後のフォローについては関わっていない”
と、答えました。 フォローの経緯は、不明のまま…。

次に見つけたのは、都内にあるという沖縄料理店のアカウント。
Q: あれ? ここのはずなのですが、沖縄料理店じゃない…。

近所の人によると、その店は確かにこの場所にありましたが、およそ1年前に
閉店していました。 渋谷一郎アカウントは、すでに存在しない店からフォロー
されていたのです。 真相に迫る手掛かりは、何かないのか?

取材班は、連絡先が判明している日本人フォロワー50人、全てに取材を行い
ました。 すると、共通点が浮かび上がって来ました。 あるパソコンのソフトを
使った。 詳しく話しが聞けたフォロワーのほとんどが、そう話したのです。
それは、海外の無料ソフト。

インスタは、スマホからしか投稿できませんが、これを使うと、パソコンから
写真を投稿でき、写真の加工もやりやすいとして、日本でも利用が広がって
います。 英語の利用規約を読むと…。

“あなたのアカウントで、他人をフォローする場合があります”
勝手にフォローが増える原因の1つが、この無料ソフトにある可能性が見えて
来ました。 先ほどの洋菓子店を再び訪ね、その事を伝えると…。

“あー! 入ってます! これですよね?”  例のソフトが、そこに…。
果たして、これが原因なのでしょうか?

この、フォローが勝手に増えて行ったと言っていた皆さん、ほぼ全員が紹介
した海外製と思われる無料のソフトを、ダウンロードして、インストールして
使っていたという事が分かりました。

この会社の供給元に問い合わせをしたのですが、残念ながら、本日までに、
裏付けというのは取る事ができませんでした。 なので、このソフトが原因と
なって、フォロワーを勝手に増やしているとは言い切る事はできないのです。

ただ、これを利用していた皆さんに共通点がありまして、利用規約を知らない
見落としていたという方ばかりだったのです。

利用規約の文章は、とても長いので、日本語で書かれてあっても、なかなか
読む人は少ないのに、全文英語の文章で書かれていたら、なおさら、隅から
隅まで読む人は少ないと思います。

ネットセキュリティー会社の人によると自分のIDとパスワードが求められている
場合には、利用も含めて慎重に検討した方がよいという風に言っていました。
※ ネット広告の事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


実は、水増しに使われていたアカウントの中には、行政のものも見つかり
ました。 4つの地方自治体のうち、2つの自治体は、やはり、同じソフトを使用
していました。

更に、1つの自治体も、その可能性がある事を認めていて、いずれの自治体も
私たちの取材を受けて、アカウントの削除やパスワードの変更といった対応を
取りました。

一方、インスタグラムの運営元のフェイスブック社の見解が、こちらです。
・ フォロワーの販売、購入は禁止しています。
・ 第3機関のサービスを使用し、フォロワー獲得には、規制がかかる可能性が
あります。 ここで、また、番組に寄せられた皆さんからの声をご紹介します。

60代の女性
“電話回線の時代からネットの海に漂って来ました。某2チャンネルの創始者
の言う通り、ウソを見抜けない人は、ネットは向かない。これが全てでしょう。
自分でウラを取る事が面倒くさいなら、ネットの口コミは全てがヤラセと思って
ください。この頃の方は、ネットの怖さも拡散力の速さも、実感してないので
しょうね。ネットの進み方に人間の対応が追いつかないのでしょうか?”

50代の男性
“便利さや娯楽性を強調するCMが氾濫し簡単に扱えるがゆえに、考えなしに
使う方が多々おられるが、ネットリテラシー教育にもっと力を入れて頂きたい
ですね”

先ほどの、フォロワーの水増しに罪悪感がないというインフルエンサーの方の
声があったのですが、そこの意識だと思うのですが? 発信するという事に、
何か恐れみたいなものというのは、感じた方がいいのではないでしょうか?
感じるべきだと思うのですが、どうなのでしょうか?

例えば、無料ソフトを使うという事は、見知らぬ人が被害者になっているという
視点なのですが、無料ソフトを使った時点で、日本人が海外のサイトとか、
そういったSNSに自動的に、いいね!をしている可能性も出て来るのです。

例えば中東の方で、テログループがあります。 このグループはSNSを使って
資金集めをしたり、兵隊を集めたり、宣伝をしたりしています。 そこに対して、
知らない間に、いいね!をしている可能性がある。

あるいはブラジルであれば、それをSNSを使って誘拐する相手を探したり、
ひったくりする相手を探したりしている、そういった様な組織に対して、いいね
をしてしまう事もある。 そういった、ものすごい危険をはらんでいるのです。

今、やはり、フェイスブックにしても、色んな規約の中で違法な事を、例えば、
していないという風に言いますが、これはほっといていい問題ではなく、やはり
使う人間の責任として、そこまで考えた上で、いろいろ行動して行かなければ
いけないのではないかと思います。

やはり、そういう部分も含めた、ネットリテラシーというのは、まだまだ足りない
のではないでしょうか?  その通りだと思います。

我々、使う側もそうですし、情報を発信する側としても正しい情報、フォロワー
の数だけではなくて、正しい情報を発信できているか?

こういった軸を考えて行かなくては、いけないと思います。 このフォロワーの
水増しを見破る事は難しいのですか?実は見破る方法は、いくつかあります。
例えば、フォロワー数の増減を見られるグラフ・数が、ある日、突然、急激に
ポーン!と、跳ね上がるといった現象が見られた場合です。

トレンド・プログのような沸騰キーワード、つまり、フォロワーアップを狙った
旬な投稿をし続けないと、数というのは爆発的には増えないものなのです。
こういった、フォロワー数をグラフなどで見られる無料サービスがいくつかある
ので、そちらを利用みるとよいでしょう。

実際に、このフォロワーを購入していたインフルエンサーの方も、企業も、見る
ユーザーの方も、きっと分かっているという風に言っていたのですが、取材で
出会った中高生の事を考えると、彼女たちはインスタグラムの中のキラキラ
した世界に、すごく憧れを持って実際に参考にもしていました。

なので、インフルエンサーを名乗る以上は、彼ら、彼女たちに対する責任と
いうのが、すごくあるなと感じました。 今年はネットの広告が例えばテレビの
地上波のCMを追い越すとまでいわれています。

そういった中で、ネットやSNSの広告とは、健全になって行かなければいけ
ないという風に思うのですが、今、何が必要だという風に思いますか?
今、データの世界では、大転換というのが起こり始めています。

今、世界経済に、まさに影響を与えているものなのですが、これまで企業、国
こういった主体がデータを持っていたのです。 我々は限られたアクセス権を
持つという状態だったのですが、EUが去年5月に施行した新しい規則によって
例えば、個人によってデータがアクセスできる。

あるいは、データを他の場所に移動できる、こういった権利が規定され、恐らく
これは、いずれ21世紀の基本的人権になって来ると思います。

この原則は、社会に浸透して来ると何が起こるかというと、先ほどのように
個人の知らないところでお金、データが回っていたという事が、なかなか難しく
なって、本人を軸にデータが活用されるので、信頼が得られないと難しくなる
だろうという事です。

私も、人の研究者として、大手企業と今、共同研究をしているのですが、
例えば、アルコール中毒の人に、アルコールを売れるからと見せてしまって、
これがなかなか制御できなかった。 これを止める事が出来るようになって
来たのです。

健康・安心・持続可能な価値に貢献する中で新しい信頼を作って行く、これが
ビジネスにとって重要になるかと思います。
※ インフルエンサーの事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


インスタグラムは所詮、フェイク(偽物・偽り・ウソ)のかたまり? 僕がインスタ
グラムのアカウントを持ったのは、2014年。 色んな人の日常を覗き見しては
楽しんでいます。

今まで、僕自身が投稿したのは、396。 フォロワー数は、5000ほど。 当然、
投稿する度に、イイネの数が気になります。 インスタは、まるで、もう1つの
世界。 フィルターで、何でも良く見える。

フォロワーやイイネが多ければ、世間から認められる。 フェイスブックや
ツイッターは、もう古い。 インスタグラムが、今、最も人気のあるソーシャル
メディアです。 スターに、政治家に、ローマ法王…みんなが利用しています。

あなたにとって、インスタグラムとは?
“人生の全てよ! ヤバイわよね! でも、本気でハマッてる…”
“もし、インスタができなくなったら、私… 壊れちゃう!”
“朝、起きたら、すぐ見る!” “電話番号より、インスタアカウントを教えるわ”
“私のフォロワー数が少ないって分かると、急に態度が変わるヤツもいるわ”

インスタグラムは、個人や企業のショーウインドー。 投稿は看板で、イイネや
フォロワーの数は、新しい通貨なのです。 2018年、インスタ向けの広告費は
50億ユーロを超えました。

この新しい産業は、どのように動いているのでしょうか? 誰が勝者で、誰が
敗者なのか? 画面の向こう側では、何が起きているのでしょう?

1万人のフォロワーを持つ彼は、大物インフルエンサーを目指す19歳。
決まった? “そのつもり! 良い写真が撮れるよ! ジャケットがイケてるし、
明るい色のセーターがベージュのパンツにピッタリだ”

インフルエンサーは、インスタ界のスターです。 フォロワーたちは、衣食住、
全てにおいて彼らに影響されるのです。 自分自身がブランド。 19歳の彼も
そうなるため大忙しです。

“毎日、投稿する。 それが…フォロワーを増やすための秘けつだって…”
増やす秘けつ? “そう。 たくさんの人に、また、僕が出てるって、思わせ
たいんだ” 伸び率は? “前は、週150人ペースで増えてたんだ”

“良かったよ。 でも、またアルゴリズムが変わっちゃって、伸び悩んでる。
だから今は、戦略を練り直している所なんだ”

2012年、フェイスブック社はインスタグラムを買収し、アルゴリズムを導入しま
した。コンピューターが人やモノの関係性と価値を判断するようになったのです。
新着順に表示されていた投稿も、今は、イイネやフォロワーの多いユーザーが
優先です。注目を集めるためにユーザーとアルゴリズムの戦いが始まりました。

‘アルゴリズムと向き合うのよ! 今後は何を投稿しても、見られる確率は
10%しかない! イイネには、必ず、イイネとコメントを返すこと!’
それでも、全ては、良い写真を撮る所から!

オランダ・アムステルダムの市街地で19歳の彼は、言う。
“横断歩道を渡ってるところ撮りたいんだ。 日ざしが来てるから、手をかざす。
こんな風にね。 イケてる写真になるよ!”

有名な場所で撮ると、何か効果があるの?   “あるよ! 例えば、パリ
のエッフェル塔で撮った写真は、クリックの数が多かった。 キュートだ!
この写真を使おう!”  クリックが目的?   “イイネが大事なんだ!”

撮影で心掛けている事は? “何かしらのフックを作る事だよ。 人の気を引く
ためのね… 最初の3秒が勝負なんだ。見た人は最初の3秒で無視するか、
イイネするか。 コメントするか、シェアするかを決める”

“次は、これか…” 熱心だね。夢は? “このエリアで1番の男性ファッション・
インフルエンサーになりたい” それを職業にしたいって事? “そう!”

もし、あなたに注目が集まり、たくさんのフォロワーがついたなら、インフル
エンサー専門の広告代理店から、声がかかるかも知れません。 インフルエン
サーを目指す人の望みは、何ですか? 広告代理業の担当者は、言う。

“自由を望んでいるのだと思います。人に使われる事なしに、お金を稼げます
から… 誰でも、好きな事を仕事にしたいものでしょ?”

広告代理業の担当の女性は22歳。 インフルエンサーのマネージャーです。
多くの大企業が若者向けの宣伝にインスタを活用する今、ビジネスは急成長
しています。

社員の人数は?   “今は90人ほど。 去年は50人。 ほぼ倍増です”
儲かってますか?   “ええ。ニューヨークにも事務所を”  凄いな…どんな
キャンベーンを行うのですか?

“あるウォッカのキャンペーンでは、インフルエンサーたちを、スペインの
イビサ島に連れて行きました。 バカンスに招待して、ブランドとの結び付きを
持ってもらい、インスタへ投稿してもらったのです”

スポンサーは、何を得られるのですか?  “彼らの作るコンテンツです。
写真や動画で、ブランドを宣伝します。 キャンペーンの投稿には、必ず
ハッシュタグを付けて、ブランドの存在が分かるようにします”

バカンスを過ごさせてあげるから、見返りに、コンテンツを作ってねという事
ですか?

“そうです。 インフルエンサーたちには、プレゼンをして、どんな写真を投稿
して欲しいのか説明しておきます。 わざとらしいモノはダメですが、必ず、
ブランドのビジョンを入れ込んで欲しいと頼みました”

“カクテルを片手に仲間と楽しんだり踊ったり…どんなバカンスを過ごしていた
かを見せるのです。そうすれば、心からこのブランドが好きで、お金目当てで
しているのではないと伝わります。そんな誠実な結び付きを目指しています”

“ブランドを前面には出しませんが、カクテルにはスポンサーの商品を使いま
した。 インフルエンサーは、会話のキッカケを作ってフォロワーからコメントを
引き出します”

“投稿につくイイネやコメントの数は、エンゲージメントと呼ばれているのです。
インスタグラムの仕組みでは、このエンゲージメントの数が広告の効果に
直結します”   昔とは違う?

“今の人々は、宣伝よりも、口コミを信じる傾向にあります。 企業が流す
コマーシャルよりも、フォローしている相手の方が信用できると考えるのです”

今や、インフルエンサーは広告塔。 多額の金を稼ぐので不正をはたらく者も
現れます。 ネット上には、たくさんのフォロワー販売業者がいました。
フリマサイトでも、フォロワー付きのアカウントを、簡単に購入できます。

フォロワー付きのアカウントについて聞きたいのですが、フリマサイトで販売
していますよね?   “はい…”   どんなものですか?
“アカウントに、ご希望の数のフォロワーを付けて販売します”

希望の数ですか?   “はい。 数は、そちらで決められます”
例えば1万のフォロワー付でも買えますか?  “1万の場合は35ユーロです”
35? “はい”   安いですね。 “ええ”   フォロワーの国籍は? “色々”
※ インスタのフォロワーの事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


どれくらい売れました? “それは言えません…”  どうして? “プライバシー
ですから…” プライバシー? “ええ、税務当局にも…” 知られたくないと?
“そうです”  あなたの年齢は? “15歳です”   15歳? “ええ…”

買います。 支払いを済ませました。 購入したアカウントには最初から7500人
のフォロワーがいました。 僕の新しいオンライン友達です。 リアルなものも
ウソくさいものも。

そして、何人かは子供です。 水着の少年たちが僕の新しいフォロワーです。
その仕組みは分かりませんけど…。 ちょっと検索しただけで、大量のフォロ
ワー販売業者が見つかります。 サイトは、いかにも、まともな企業風。

何通かメールを送りましたが、どの業者も、質問には応じてくれませんでした。
そこで、別のルートから有力なフェイク・アカウントの業者に連絡を取り、
ビジネスの宣伝になるのなら… と、OKをもらいました。

身元は明かせないとの事で、さるホテルの一室で会う事に…。
フェイク・フォロワー販売業者は、言う。

“複数のサイトを運営している。 オランダでフォロワーを買おうとすれば、私の
サイトに行き着くよ。 国外で試しても、結局は、私のもとへ行き着く”
え? かなりの大物業者ですね!   “はい!

あなたのビジネスについて、説明してもらえますか? “ソーシャルメディアの
マネジメント業だ。 有名人を作る。 フォロワーが多ければ、スターになれる。
今じゃ、お金次第で、誰にでも、そのチャンスがあるんだ! お金さえ出せば、
名声は、買う事ができるんだよ!”

つまり、あなたは… 地位や名声を売っているのですか?   “そう!
例えばファッションブロガーは、フォロワーの数をブランドとの交渉に使う。
ファッションに興味を持つ100万人のフォロワーがいれば、スポンサー契約も
夢じゃないさ!”

フォロワーの増やし方は?  “初めは、1万から2万のフェイク・フォロワーを
付ける。ほんの少しだがね…”  え?少し?   “少しだよ…”
コンピューターで作られたフォロワーですか?  “ああ”  見た事あります。

大勢をフォロワーしているのに、何も投稿しない。  でも、もっとリアルな
タイプもありますよね?  “それはまた、種類が違うんだ普通のフェイク・
フォロワーは、名前も奇妙で、プロフィール写真すらない事がある”

“それより一歩進んだタイプは、ネットから、プロフィールをコピーしている”
“クローンだよ!”   どうやって?   “簡単さ!”
“我々のウェブサーバーは、常に、インスタグラムのプロフィールを検索してる”
“そこから写真と紹介文をコピーして、新しいアカウントを作成するだけだ”

プロフィールの無断コピーは、法律に違反しませんか?
“しないだろう… それはそうと、気を付けた方が良い!”
“インスタに投稿された内容は、何でもコピー可能だから!”
インスタのどこかに、僕のクローンがいるかも?   “ああ!”

アカウントは、どこで作られるのですか? 国内ですか?   “インドが多い”
“実際に人々が手作業でイイネやフォローする、いわゆるクリックファームだ”
“今は、ソフトウェアもある。 そっちの方が速いよ!”

僕のフォロワーを増やせますか? 例えば、今、この場で。   “できる!”
“以前は、イイネやコメントを大量に付ける事しかできなかったが、今じゃ、
お安い御用だ!”

写真を撮り、ハッシュタグを付けて投稿しました。   “イイネをつけよう…”
1万は?   “ああ…”   いつもなら、200イイネが精いっぱいです。
多くて300。 普段は150ってとこかな?

“今、イイネが…”   ついた? 凄いな… もう118? たった2分で…。
“1000を超えたよ!”   即効ですね! クレイジーだ。 もう3500近い…。
ウソだろ? 4000だ…。 6000超えました。 セレブの仲間入り!
1万160…。   “気分はどうだい?”

最高ですよ! 勘違いしたくなっちゃいますね! 僕は人気者だって…。
これなら、どんな投稿も注目される。   “まあね…”

人気は、お金次第!インフルエンサーたちを見る目が変わってしまいました。
ニューヨークは、インスタグラムに最も多く登場する街です。 ここは、インスタ
映えスポット! 人々が、動画や写真を撮っています。

イイネやフォロワーを買っている人がいるかも?と、つい考えてしまいます。
フェイク・アカウント問題は、どの程度、広がっているのでしょうか?
その答えを、インスタグラムの担当者に、直接、聞きたかったのですが…。

インスタグラムの本部は、ニューヨークにあります。 フェイク・アカウント問題に
ついて、メールやTELしてみましたが、ダメでした! 代わりに、ある会社を
訪ねてみる事にしました。 ビジネスは、インスタグラムの欠点を暴く事です。

この会社がフェイク・フォロワーを検出する事で、広告主はインフルエンサーの
信用度を計れます。 ビジネスは順調。 大企業の顧客を、いくつも抱えて
いるそうです。 年齢は?(と、この会社の創業者に聞く)

“僕の歳ですか? 28歳です。 会社は、まだ2年足らずです。 今のインスタ
グラムは、ちょっとした無法地帯です。 一方に、フェイク・フォロワーを売る
悪徳業者がいて、また一方に、ブランドや代理店がいる”

“悪徳業者に一部の金を、かすめ取られながらも、ブランドや代理店、インフル
エンサーたちは稼いでいる。 実態は、誰にも分かりません。 悪徳業者は
システムをうまく利用して、自分たちは、ちょっとしたおこぼれをもらうだけだと
言います”

“しかし、じっくりと分析してみれば、どれだけの規模で、こうした行為が行な
われ、どれだけのお金が動いたかが分かるはずです。 違法ではないので、
やる人も多い…”

この会社が開発したソフトウェアは、異常な動きを検知します。 そしてフォロ
ワーの増加率や、出身国、1人のインスタグラマーが得るイイネやコメント数の
平均値などを分析するのです。

こうして、ボットと呼ばれるフェイク・アカウントを、あぶり出す事ができます。
大量のボットを抱えたアカウントを見られますか?

“もちろん。 フェイク・フォロワーが付いたアカウントを検索できます。
“見ている人の20%以上がフェイクという条件で、検索しました”
皆、成長速度が急激です。 この人物のフォロワーは… 7日間で200%近く
増えています”  急ですね。  “色々と、見るべき点がありますよ…”

“ここにフェイク・フォロワーの比率が出ていますが、43%近くがフェイクです。
こういうのを、階段型と呼んでいます。 ボット業者は、これでバレないつもり
なのですよ…。 フォロワーを買って、減らして、また買って、減らす…”
有名人のアカウントは、どうですか?
※ インスタのフォロワーの事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


“世界中の大物インフルエンサーを調べられます。歌手やサッカー選手等…
これは自身を持って言える事ですが、フォロワーが1億を超えるアカウントは
どれも、かなりのボットを抱えているものなのです”

“有名歌手のフォロワーは、20%近くがフェイクです”   買ったのですか?
“それは、誰にも分かりません。 分析はできても、真実まではね…”
かなり衝撃的な話しですよね…。

“みんなが見るのは、きらびやかなページだけ… 裏にはカラクリがある。
それを探るのが僕らです” 世の中に流通するフェイク・アカウントの数は、
およそ1億。

オランダも例外ではありません。 ソフトウェアを使って、少し調べてみました。
成長の仕方が不自然なインフルエンサーに、13%のフェイク・フォロワーを
抱える女優。 しかしこの女優には、ほとんどフェイク・フォロワーがいません。

オランダの、ある作家のフォロワーは3万から4万人。 その内の50%がインド
30%がトルコ、7%がインドネシアからのフォロワーです。 つまり、ほとんどが
フェイクって事! そこに注文が?

フェイク・フォロワー販売業者は、言う。  “ああ… フォロワーの販売数だ。
250、250、1200、5000 … と、注文は、ひっきりなしだ。誰でも買っている。
買った事ないと主張するインフルエンサーも、1度は考えた事があるはずだ。
“そいつのライバルは、フォロワーを買っている”

“オランダの顧客には、中高生や小学生もいる… 人気者になりたいのさ”
“そこまでやるなんて… 哀れだよ”     小学生も?   “ああ”
まだ子供でしょ?   “子供のために、親が買うんだ”   うそ!
“ハリウッドスターだって買ってる”

“2千万のフォロワーを抱えた大物が追加で500万買った。 理由なんか分か
りゃしない。 よくある事さ…。 我々は、ニュース記事を手配する事もある。
特定のセレブに、世間の注目を集めるためだ”

ネット・メディアとも関係が?   “実は、あるんだ…”
“お金を出して、大手サイトの記事を買う”  誰が記事を書くのですが?
“ウェブライターなんて山ほどいる”

“例えば、大型ニュースサイトでもさ… あそこは良質な記事が多い”
“複数のライターがいて、編集スタッフは、毎日、ネタを探している”
“中には、買収可能なライターもいるのさ! 合法とは言えないが…”

つまり、ネットの記事をお金で買って、セレブの事を書かせて、さりげなく宣伝
する。 それって… イカサマですよね?   “そうかもね…”

インスタグラムでの競争は、こうしたイカサマによって、加熱して行きました。
写真家の女性は、4万2000人のフォロワーを持つ、トラベル・インフルエンサー
です。 過去の不正を悔やむ彼女に、話しを聞きました。

インスタ歴は、長いのですか?  “長いわ。 初めはとても美しくて、クリエー
ティブなツールだったけど、今では完全にマーケティング・ツールよ”
確かに。   “数字を競うゲームね”

“今は、数字が全て。 SNS上のフォロワーやイイネの数が、写真家としての
仕事のチャンスにも直結してしまうの… 私は、このゲームを降りて以来、
フォロワーの数を伸ばしてない。 マスコミに取り上げられない限りはね…”

“作品をみてもらう以外に、オーガニックに成長する方法はないの…。
急速にフォロワーを増やすなら、アルゴリズムを騙すしかないわ…。
それは、数字を見て、仕事をくれるかも知れない人を、騙す事にもつながる”

どんな種類のイカサマを知っていますか?  コメント・ポッドに参加してたわ。
一種のグループチャットよ… メンバー同士でコメントを… 交換するの”

お互いにイイネやコメントを、付け合うって事ですか?  “そうよ。 自分を
人気者に見せかけるためにやるの…例えばこれは…イイネを交換するための
グループ。 自分の投稿にリンクを貼って知らせると、他のみんなは、そこへ
行ってイイネを押さなきゃいけない… メンバーは1万人よ”   1万人?

未読メッセージが、2万件って書いてある。 いちいち、イイネを付けるの?
“拡張機能を使えば、ロボットが全部やってくれるのよ!”  すごいな…。
“そうでしょ?”   これなら、誰でも… すぐに人気者だ。  “自己満足の
ためなら、ただのマヌケ。でも、お金を儲けていたらイカサマよ”

実在の人物たちが、イイネやコメントを付け合うためのネットワーク。 今では
企業も、この裏ワザに注目しています。本物とフェイクの境界線は今や曖昧。
ロシアで人気のソフトを使えば、実在の人物にコメントを発注できます。

コメントを買って、人気者を装えるのです。 モスクワに住む女性は、主婦業の
かたわら、自分のビジネスを持っています。 企業のインスタ・アカウントを
管理しながらアプリを使って商品の人気を上げるのです。 地元サロンによる
まつげエクステンションの宣伝も、その1つ。

“片方の目にだけ、まつエクした写真を、サロンのインスタ・アカウントに載せ
ました。 そして、アプリで5つのコメントを発注したのです。 例えば、価格は、
どれくらい? 写真のようなまつエクをしてもらうには、いくらかかるの?という
質問。 後は、素晴らしいまつげだわ!とか…”

“なんて正確な仕上がりなんでしょう! みたいな褒め言葉も… 都合の良い
コメントだけを選んで採用しました。 その結果、サロンのまつエクを希望する
お客さんが、増えたのです”

コメントのアプリでは、ギブ アンド テイク が、基本。 コメントしてもらうには
彼女も、また、依頼に応じたコメントをしなくてはいけません。   “これは…
写真家のアカウント”

“ビジネスマンに最も大切なのは集中力。 そう思いませんか?ですって…”
イイネして、コメントも書き込むのですか?   “そうです”
“投稿に書かれている問いかけに、答える形で書き込むの…”

“ポジティブな内容のコメントを、依頼されています。 エクステ用の髪の毛を
売る業者。 100%天然毛ですって…”  どんな事を書きますか?  “依頼
されているのはポジティブなコメントです”

“まずは… 髪の美しさを紹介する動画を見なきゃいけないみたい…”
動画を見てから、考えて書くのですか?  “イケてる髪ね。 私も欲しいって
書くわ…”  本心?  “いいえ…”  ウソもつきますか?  “たまにね…”

“でも、できるたけ自分の意見を書き込むようにしています”  そこに葛藤を
感じる事は?   “あります…美容関係の依頼では仕上がりがヘタだと
思ってもコメントでは褒めなくちゃいけない時があるのです”

“だけどネガティブなコメントは書いても採用されないから、時間の無駄になる
だけ…依頼主が用意したコメントをコピー&ペーストするだけの時もあります。
でも、良い仕事ですよ。 大金を稼ぐチャンスをくれます”

ロシアでは、発注に応じてコメントを書く主婦のネットワークが数多くあります。
コメントアプリだけでも、およそ10万人。 購入者の数は、想像もつきません。
お金で買ったコメントや自作自演のレビューにどんな意味があるのでしょう?
※ インスタのフォロワーの事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


誰もが、騙し合って荒稼ぎする状況が、野放しになっています。
あなたからフォロワーを買ったとしてそれが誰かにバレる事はあり得ますか?

フェイク・フォロワー販売業者は、言う。   “どこで買うかによるね。 上手く
やれば決してバレる事はない。 フェイクは必ず見つけ出せると考える連中も
いるが、そいつは間違いだ”

“どんなものでも、用意してみせる。 我々は、数多くのサイトを持っている。
そこに登録すると、無料でフォロワーが手に入る。 その代わり、インスタ・
アカウントの情報を、入力してもらうんだ。 ユーザー名と、パスワード…”

“すると彼らのアカウントに、自由にアクセスできるようになる。 実在する
人物のアカウントだ。 クローンやボットとは違う。 今や我々は、数百万の
アカウントにアクセスできる。 好きな方向に操れるのさ…”

と、いう事は、この場で僕に10万のフォロワーを付ける事もできる? たちまち
人気者だ。 すごいですね! 信じられない…。   “簡単さ…”
業者は、ボットとクローンと、一般のアカウントを操っていました。

SNS調査会社の創業者は、言う。  “一般のアカウントは、見破られにくいの
です”  便利な商売道具ですね。   “規制の対象ですよ”

“他人のアカウントを乗っ取る行為は、インスタグラム・サービスの利用規約に
違反しているはずです。 ボットでもないし、クローンでもない”

“こういうアカウントは、一筋縄ではいきません。 レベルが違います”
人間ボット。   “ええ。 こういうものは、問題の質が違うのです”
やっかいもの?   “そうですね…”

“インスタの世界を支える信頼関係を揺るがすものは、全て、排除されるべき
存在です。 僕なら、危ない商売はしません…”  儲かるのに?
 “色んな起業家がいるのですよ…善人や悪人や金の亡者も”

モスクワでは、コメントアプリの創業者の出版発表会にも、行ってみました。
大盛況。   “ウワサなど気にしない。 私たちはカルトだ”
“お布施のように、お金が集まる。 みんな幸せで、金持ちになる”

新たなビジネスに関わる人物は、身元を隠したがるもの。
しかし、コメントアプリの創業者は、むしろ注目を浴びたがっています。
コメント・ビジネスに関わる人々にとって、教祖のような存在です。

コメントアプリに、ガイドラインのようなものは、ありますか?
コメントアプリの創業者は、言う。   “ないよ。 自由に使える”
フェイクと本物の区別がつかないと、問題になると思いませんか?

“う~ん… 思わないな… 人は見栄を張りたがる生き物だ。 問題があると
したら、そこだよ。 フォロワーがたくさんいる人物の美しく加工された写真を、
本物と見分けられない人も、中にはいるだろう…”

“問題かも知れないけど… 私の知った事じゃないね!”
政治家のコメントアプリ利用を、禁じる規則は?   “ないさ。 問題ない。
コメントアプリは、政治とは無関係だ。 ただの道具だからね。 良いも悪いも
ないよ。 ナイフと同じだ”

“ナイフは武器にもなるし、パンを切る道具にもなる。 使う人次第だ…”
個人的には、怖い気がします。 インスタグラムは人気があるのに、不正が
まかり通っていますよね。 お金さえ払えば、誰でも、理想の人物のフリが
できる。  “それは、他のソーシャルメディアでも同じだ。 仕方ないよ”

それでも、何か、できませんか?  “あはは… (笑いながら)無理さ、ここは
ロシアだよ”  無理?   “他の問題で手いっぱいだ。 あはは…(と笑う)”
あなたは、人が望むものを売っている。 でも、むなしくないですか?

フェイク・フォロワー販売業者は、言う。 “分からないな… そこまで深く考え
ない… 正直、どうでも良いと思ってる”  “この方法で稼いでいるし順調だ”

“もしも、これから1年以内に、インスタグラムに取って代わるような新しい
ソーシャルメディアが登場しても、私は、今と同じように、うまくビジネスにして
行くだろう。 需要は、常にある”  何の需要?  “ステータスだ”
インスタグラムは沈黙し、問題を知る人は少ない。 なぜです?

“インスタグラムも、儲けているんだ。 彼らは、広告用のプラットフォームを
運営している。 広告が消費者に届いていないと広告主に知れたらインスタ
グラムの収入はガタ落ちだ。それなら、あえて騒がない事の方を選ぶだろう。
自分たちのシステムが抱える大きな欠点を、世間にさらけ出すよりはね…”

世界的な大企業の中には、インスタグラム向けの広告費を、大幅に削減した
ところもあります。 広告の透明性に疑問を抱いたからです。 インスタグラムの
成長は、いつまで続くのでしょうか?

このビルの中にインスタグラムのオフィスがあります。 話しを聞く事はできる
のでしょうか?  “ボットや偽アカウントについて調べています。 話しは
聞けますか?”  ‘お引き取りを…’   やっぱり、ダメでした。

取材には厳しく、不正には寛容。 インスタCEOは、シェアする力で世界の
透明性が高まると、言ったそうです。 でも、僕の頭は疑問だらけ…。
人気とは何か? どうやって作るのか? 何が本物で、何が偽りか?
このまま行くと、未来は、どうなるのか?

写真家の女性は、言う。   “こういうのを見ると、暗い気持ちになる…。
ウソをついても構わないと、子供たちに教えるようなものでしょ? 正直者は
バカを見るんだって… そんなの良くないわ!”

“社会のためにならない。 子供にウソをつくのが普通だと思わせるなんて!
でも、インスタグラムでは、それが普通なの… たかがインスタじゃない!”
10億人が…。   “使ってるわ”

“世界人口の7分の1。 すごい人数でしょ? 架空の場所とは言えない。
ほとんど実在の世界よ! 私は、システムの奴隷。 他のみんなと同じね。
だけど、あらがおうとはしてるわ! まるでゲームよ。 毎日、対戦しても、
まだ諦められない…”

かつてのインスタグラムは、素敵なアプリでした。 今は、むなしい看板です。
裏では、多くの人が、自分をごまかしています。 まるで巨大なサーカスです。
アルゴリズムが人気者を決める。 でも、その人気は、お金で買える。

SNS調査会社の創業者は、言う。  “インスタグラムは、重要度が高そうな
コンテンツを選びます。 より多くのコメントや、イイネが付きそうなコンテンツ
だけを選び出して、表示しようとします”  つまり、人気は作り出せる?

“確かに、人気は… 人為的に作り出せるものです。 インスタグラムは、
情報源にもなる”

“10代の少女たちに、朝起きて見るアプリを尋ねたら、インスタと答えますよ。
いつか世の中の信頼が全て失われて、何も信じられなくなる日が来るかも。
これは悲観的な見方ですが、あり得なくはないと思います…”

インフルエンサー、アカウントを売る15歳、ロシアの主婦に、仮面を付けた
販売業者… 誰もがフェイク・ビジネスで儲けています。 信用が失われつつ
ある中でも、パーティーは続くのです。
※ インスタのフォロワーの事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


みなさん、現在、若い女性に人気のインスタグラマーって、ご存知ですか?
街で若い女性に聞いてみました。 インスタグラマーの印象は?
“流行の最先端感がある… 私たちにとっては、憧れです”

インスタグラマーとは写真共有アプリのインスタグラムにオシャレなファッション
や風景やグルメなどの写真を投稿し、多くのフォロワーがいて、若い女性に
絶大な影響力を持つ人のことをいいます。

しかも、今や一般人でも人気に火が付き、プロのインスタグラマーとして、
それだけで生計を立てている人がいるのです。

そんな人たちは、そもそも、普段は何をしているのか? どうやって、お金を
稼いでいるのか? どうやって、フォロワーを増やしているのか? そんな
インスタグラマーの謎に、密着してみました!

まずは人気インスタグラマーって普段、何してる?待ち合わせたのは、お昼の
渋谷。 早速、普段、どんな行動をしているのか、見せてもらいましょう!

自身がモデルとなり、個性的なファッションを発信し、流行に敏感な女性から
支持を受け、フォロワー数約3万2000人のファッション系インスタグラマーさん。

そんな彼女の今日の予定は? やって来たのは、今、インスタ映えするパン
ケーキとして若い女性の間で大人気のお店。 インスタグラマーは、インスタ
映えする流行りのスポットは、必ずチェック!

ここは、本棚の扉の奥に個室があるユニークな店内。 超分厚い、オムレツの
ような人気のパンケーキ! 早速、写真を撮るのですが、店内が薄暗いのは
よくあること! そこで取り出したのが、スマホ用の照明!

料理を明るく、ハッキリ、綺麗に、美味しそうに撮るための照明は、常に携帯
しているのがインスタグラマーの日常です。 撮影したら、早速、インスタに
アップ! すると、1423件のいいねをゲット!

一方、リポーターが向かったのは、別のインスタグラマーのもとへ。やって来た
のは、パンケーキとはうって変わって出世の石段で有名な東京の愛宕神社。

石段の下で、センターを陣取って写真を撮っている彼女は、独得の色合いで
何気ない日常の風景をアートに変えるナチュラル系インスタグラマーさん。

もともと一般の方ですが徐々に人気を集め、今やフォロワー数約10万9千人。
インスタ活動の一環で、石段の撮影をしていたそう。

彼女の場合、風景を撮ったりしてインスタグラムに載せることで、その写真を
見た企業や地方自治体などから、撮影の依頼が来るのだそうです。 でも、
こんな石段で、インスタ映えするのか?

インスタグラムは海外の人も見ているので、海外のフォロワーに向け、和風な
写真も撮影してアピールしているのだそう。今や11万人近いフォロワーを持つ
彼女に、インスタ映えする撮影テクニックを伝授してもらいました。

まずは、目の前の近い部分だけを撮るのではなく、石段の全部が入るように
レンズがある方を下に向けて、地面につけて撮ります。

つまり、スマホを逆さにすれば、より低い位置で写真が撮れるのです。
すると、石段全体が入るだけでなく、空の抜け感まで綺麗に入るのです。

また写真を撮る時には、シンメトリーを基本に中心線を意識すると、カッコイイ
写真が撮れるそうです。

さらに、撮影の時に自分の手を入れるとオシャレな印象に変化するそうです。
そのため、彼女の写真には、手を入れ込んだ写真がたくさんあります。

ここからは、取った写真をオシャレに加工して行きます! 石段の写真を、
編集機能を使って、まずは、フィルターで色の濃度調整をします。 次に、傾き
調整で、石段を真っ直ぐにし、真ん中の鎖に合わせて水平に傾けます。

インスタグラムのさまざまな編集機能をフルに活用してオシャレにした写真を
アップしてみると、早速、フォロワーからコメントをいただきました。

こんなインスタグラマーたちですが、どうやって、お金を稼いでいるのか?

パンケーキ店を出たファッション系インスタグラマーさんが次に向かったのは、
渋谷駅からほど近い貸し会議室。こんな所で、一体、何をするのでしょうか?

“今回、化粧品の案件で送っていただいた商品を、いかに可愛く撮ろうかなと
思っています。 結構、指示書の内容がいろいろ書いてあったので、キレイに
内容通りに撮れるようにと考えています…”

この場所に来たのは、化粧品会社からの依頼を受けた、商品撮影のため。
インスタグラマーたちは、こうした商品をオシャレに撮影してインスタに投稿し、
自身のフォロワーに紹介する事で、企業から収入を得ているのです。

では、彼女の1カ月の収入は、一体、どのくらいなのか?

“例えば、現在、フォロワーが3.2万人いるので、相場的に1フォロワーあたり
1円くらいの計算で、月に10本やったら、20~30万円ぐらいかな…”
※ インスタグラマーの事を、もっと知りたいなら → 楽天市場


だからこそ、フォロワーを増やす活動は大切! でも、インスタグラマーって、
どうやってフォロワーを増やしているのか? 商品撮影の後、原宿に移動した
彼女は、一体、何をするのでしょうか?

“この後は、レセプションに招待してもらったので、今夜は3つパーティーに
行かなきゃいけないんです…” なんと、この日は、パーティーを3軒ハシゴ!

パーティーに参加する事は、インスタグラマーとしてのブランド力を高め、
フォロワー獲得にも繋がるのだそうです。

①有名ファッションブランドのオープン記念レセプション
②大手スポーツブランドのイベント
③代官山のレストランのイベント

彼女は休む間もなく、次々と会場を移動し、ようやくこの日は終了。 ただ単に
写真を投稿するだけじゃなく、自分のブランド力を上げるため、こんなに活動
していたなんて、インスタグラマーって、なかなか大変!

自身のブランディング活動は、早朝から始まることも…。 ハワイを筆頭に、
さまざまなリゾート地を旅し、女性が憧れるラグジュアリーな旅の写真が人気。

フォロワー数約3万3000人もいる、トラベル系のインスタグラマーさん。
それにしても、朝の7時30分という早朝の銀座で、何をするのでしょうか?
“今日は、今から写真を撮りに行きます”

やって来たのは、世界一の朝食で有名なお店。 この日は開店前の店内で、
この夏おすすめのパワーサラダの撮影。 撮影するのは、12種類の野菜が
とれるブレックファーストサラダと、パッションフルーツのジュース。

デジイチのカメラをカバンの中から取り出すと、すぐに撮影開始!色々な角度
から撮ったり、自分の手を入れ込んだパターンも撮影。

“朝食でサラダなので、仕事してる感じも入れたい…” そう言ってカバンの
中から取り出したのは、商品撮影の時には、いつも持ち歩いているパソコン、
雑誌、手帳、小物などを小道具として使用しているそう。

女性ウケする小道具で、食事風景もオシャレな空間に演出する。更に撮影の
ための洋書や海外の雑誌まで持ち歩くほど。 これが彼女流オシャレ女子の
フォロワーを増やすテクニックだそう。

こうしたインスタグラマーの動向は、経済ジャーナリストたちも注目していると
いいます。

“サービス・商品を宣伝したい企業に対して、そういう影響力を持っている
インスタグラマーを紹介してあげるという仲介ビジネスも出て来ています。
どんどんインスタグラムを使ったビジネスが、多層的になって、奥行きが
広がって来ています”

経済ジャーナリストが言うように最近ではインスタグラマーを使ったブツ撮り、
出張サービスが流行っているのだとか…。

ブツ撮りとは、企業の商品を撮影すること。 これまでプロカメラマンに頼んで
いたのを、人気のインスタグラマーが撮影。 その理由は?

“プロのカメラマンだと男性が多いのですが、インスタグラマーは女性が多い
ので、女性に対して共感する写真を撮影できる事がポイントです”

今回、ブツ撮りする商品は、ティーバッグ。 という事で、スイーツ系の写真が
得意なインスタグラマーさんが撮影。 紅茶の周囲を手作りスイーツで彩り、
いわゆるインスタ映えする空間を作り、女性ウケを狙います。

さまざまなビジネス展開を見せる、インスタグラム。 次に、インスタグラムの
変わったイベントがあると聞き、六本木ヒルズにやって来たリポーター。
会場に入ると、そこにいるのは、学生ばかり…。

イベントの内容を聞いてみると、インスタ就活という、フォロワーの多い就活生
だけが参加できるイベントなのだそう。 このインスタ就活イベントの参加
資格は、フォロワー数1500人以上の学生のみ!

何でも、ここ最近、企業によっては、インスタのフォロワー数が多いと採用に
有利だというケースもあるようです。

そのため、このイベントでは、フォロワー数が多いというメリットをいかに有効
利用するかの具体的なアドバイスをしているそうです。 それにしても、
フォロワー数が多いと、なぜ、就職活動に有利なのか? 主催者は、言う。

“フォロワー数が多い人は、情報を見つけて来るアンテナの高さ、情報を見つ
けて来て自分なりにそしゃくして、それをアウトプットするそしゃく力…さらに、
それを良しと思ってくれる人が見に来てくれる、波及力みたいなもの。この
一連の流れがフォロワー数をたくさん持っている人の特徴じゃないかと思って
います。だからフォロワー数が多い人の方が採用ターゲットに近いという事で
集まってもらっています”

今や、1つの肩書き(仕事)として成立し始めている、インスタグラマー。
あなたは、どう思いますか?



ビジネスに必要なポイントカード!
楽天サイト内と外でポイント貯まる!
楽天カード (年会費永年無料)
楽天ポイントがプミアムに貯まる!
楽天プレミアムカード (年会費永年無料)
アンケートで楽天ポイントが貯まる!
楽天リサーチ
ウェブ検索で楽天ポイントが貯まる!
楽天ウェブ検索

起業とネットビジネス
● 会社や組織に属さない新しい働き方とは?
● お金をかけずに起業するには?
● 元手をかけずに1人で事業を起こすとは?
● 起業や開業に必要な初期費用とは?
● ネットワークビジネスも審査が必要とは?
● ブログでお金を稼ぐテクニックとは?
● 7つの習慣の原則とは?
● 成功する秘訣の共通点とは?
● 副業して収入を増やす方法とは?
● 転職や再就職の心構えとは?
● 会社を辞めてプチ起業するとは?
● フリーで働くノマドワーキングとは?
● 主婦の仕事にアフィリエイトとは?
● スマホやケータイで儲けるとは?
● 電子マネーのお金を増やすとは?
● ネットワーカーという新しい仕事とは?
● ネットワーカーの新しい働き方とは?
● 週休3日の導入は広がるのか?
● 週休3日の働き方とは?
● 週休3日制度の改革とは?
● 脱・非正規のチャンスとは?
● 正社員化とは?
● さまざまな人材を正社員にするとは?
● 好景気バブルの再来なのか?
● 世界同時株高になるのか?
● 短期の景気回復とは?
● コンビニの飽和時代とは?
● コンビニの激化するサービス競争とは?
● 中古品アプリで消費が激変とは?
● フリマアプリの急速な普及とは?
● インスタグラマーで儲けるとは?
● 動画を投稿して稼ぐユーチューバーとは?
● ゲームが仕事?プロゲーマーとは?
● データサイエンティストとは?
● 現金を持たないキャッシュレスとは?
● キャッシュレス化が進むとどうなる?
● キャッシュレスは本当に便利なの?
● キャッシュレスで現金が不要になる?
● 電力買取制度の問題とは?
● 世界を覆いつくした資本主義とは?

このサイト内で検索する
安心して買い物できるオフィシャルサイト
大きいサイズのレディース服専門通販
ハッピーマリリン
肌着・下着・インナーが豊富に揃う!
グンゼ公式通販
毛髪を育む薬用育毛エッセンス!
メディカライズ スカルプエッセンス<医薬部外品>
女性のための薬用育毛剤!
ハーバー(HABA)薬用 麗豊(れいほう) 女性用育毛剤
自宅でカラダを動かす幸せを!
KATION SPORTS & WELLNESS
現地オプショナルツアーならベルトラ!
Finland Top Page
旅行用品の専門サイトです!
トラベラーストア
テレワークやおうち時間にメガネを!
・ゾフ公式オンラインストアサイトトップ
バルミューダの空気清浄器でウイルス対策!
ベルメゾンネットで販売中!
パソコンを買うなら豊富な品揃えのデル!
Dell G top page
大切な個人情報を守る!
ウイルス対策はノートン!
フルラインナップスポーツ用品専門店です!
スポーツオーソリティ(SPORTS AUTHORITY)公式通販サイト
毎日どこかでTVCM中!総合テレビ通販!
ダイレクトテレショップ
オンラインストアだからこそ豊富な品揃え!
ニューバランス公式オンラインストア
ロフトネットで新しい生活を始めよう!
ネット限定アイテムも!「文房具の会」開催中!
ガンプラ買うならプレミアムバンダイ!
プレミアムバンダイ
フォトブック作成やプリントサービスもOK!
フジフイルムフォトブック
ソースネクスト
・Zoomの会議を自動録画できる全録KAIGIO

健康を考える人の食事は、こちら!
糖質を控えたい方、塩分を控えたい方
脂質を控えたい方、ダイエット食品
たんぱく質を控えたい方、ヘルシー食品
ニチレイフーズダイレクト です!!
プロフィール

幸二郎

Author:幸二郎
当サイトはリンクフリーです。