自分ではじめる老後でも儲かる在宅仕事の成功術!

今はやりのプチ起業やビジネスで稼ぐ!年金に頼らない貧乏脱出儲ける方法を紹介しています!

和解を覆し国家間の対立はグローバリゼーションの終えんとも言える?

FC2 トラックバックテーマ:「2020年の個人的流行語大賞は?」
世界が注目した、自由の国の大統領選挙。

波乱に満ちた4年間、アメリカには、何が残されたのか?

フランスの歴史人口学者は、言う。

“もしケインズが生きていたら、トランプ大統領について何と言ったでしょうか”

“ケインズはトランプの事を、さほど酷評する事はなかっただろうと、私は思う”

“1929年の世界恐慌でルーズベルト大統領が復興に向け、どう決断したのかは
おぼろげですが、ケインズは確かに、こう言いました”

“ルーズベルト大統領は、素晴らしく正しい!と…”

ノーベル賞を受賞した経済学界の重鎮は、言う。

“気になるのは、今の時代、ナラティブが、どのように変化しているか?です”

“人々の話しを全て知っているわけではないですが、トランプ大統領は、ある
ナラティブ(語り口)を、大いに増幅させたと思います”

“アメリカが、世界で最も資本主義的な国である事が、強調されました”

“常に世界のトップで企業の利益や株式市場を重んじる国であると、トランプは
アメリカ国内の、そうしたスピリットを高揚させたと思います”

“だから、アメリカは世界一高額な株式市場を、維持できているのです”

“それは、自信過剰だと言える状況ですがね”

フランスの歴史人口学者は、言う。

“人間として見た時にはケインズはトランプに嫌悪感を抱いたかも知れません”

“しかしトランプの経済学的なセンスには魅了されたのではないでしょうか?”

“グローバリゼーションの負の効果について、トランプは正しい判断を下した
からです。 トランプの保護主義について、ケインズは称賛したと思います”

“最も重要なアクターである、米中の動向を見極めるべきです”

“1980年頃から現在までを、直近のグローバリゼーションとするならば、
ニクソン大統領やキッシンジャーが、中国と和解した大きな転換が、
グローバリゼーションの始まりでした”

半世紀前、東西冷戦の中、突如、和解に至った、2つの大国。

その後、経済開放路線へと向かった中国は世界の工場としてアメリカとともに
グローバル化の波を世界に広げる事となる。

それは、資本主義の大きなターニングポイントだった。

“ところが現在、起こっているのは、米中の和解を根本から破棄する事です”

“台頭する中国は、アメリカにとって国家戦略上のライバルと映っています”

“米中間で勃発している対立は、グローバリゼーションの終えんとも言えるのです”

グローバル資本主義の先導者だった自由の国が目覚めさせた赤いドラゴン。

利用したのか?  利用されたのか?

資本主義の駆け引きのさなか、パンデミックが襲った。

“更に中国は、アメリカさえも超越し、新たな全体主義社会のモデルとして、
台頭し始めました。 全体主義はウイルス撲滅の初期段階で効果を発揮します”

“社会的・政治的な統制を可能にするからです”

“まだ、その先は分かりませんが…”

“今のところ中国は、徐々にヨーロッパにとっても日本にとっても民主主義的な
価値観を持つ全ての人にとって脅威となって来ています”

“このような世界情勢におけるヨーロッパについて、お話ししましょう”

“今、ヨーロッパは、完全なる無秩序状態にあります”

“コロナ危機の経済的な影響に対して、迅速な対応が求められますが、官僚
主義とグローバリゼーションの中にある、ヨーロッパの多国籍メカニズムは、
明らかに、何かを決断しにくい仕組みなのです”

“復興計画をまとめるにも、膨大な時間を要します”

“ヨーロッパは、分裂と機能停止に陥っています。これは戦争ではありません”

“マクロン大統領は、コロナとの戦争という滑稽な発言をしていましたが、
これは戦争などではなく、支配階級の失敗なのです”

“あえて言うならば、全員が敗北した戦争でしょう”

パンデミックが、あぶり出した、この世界の危うさ…。

それは、資本主義の宿命か?  民主主義の限界か?

20世紀半ば、富が増大し、広く行き渡った時代があった。

世界の進歩を疑わない時代があった。 そのリーダーを自負していた自由の国。

あの豊かさは、どこへ行ったのか?

冷え込む実体経済。 止まらない倒産・失業。

一方でV字回復し、加熱する株式市場。 パンデミックが加速させる格差拡大。

浮き彫りになった、いびつな構造…。

その源流をたどった時、何が見えて来るのか?

“キッカケを作ったのが、オイルショックですよね”

“高度成長という近代資本主義の中での1度きりのボーナスを得てた時期が
終わったという事の象徴”

半世紀前の危機。 その翌年… 資本主義の潮目の変化を、データは示す。

1つの時代の終わりと始まり?

その水面下で、今につながる大きな流れの変化が、起きつつあったのか?

資本主義の今、これからを考えるための旅は続く…。

高度成長を象徴する人物たちが、次々に表舞台を去って行った、1974年。

1つの時代が終わろうとしていた。

‘景気は一段と冷え込み、日本経済は、戦後初めてのマイナス成長へ急降下
した’     前年のオイルショックの余波は、大きかった。

既に、変動相場制に移行していた日本。

アメリカのドルへの威信が揺らぐ中、資本主義社会は、新たな秩序の模索の
時を迎える。 アメリカ政府は、泥沼化するベトナム戦争の戦費と医療費負担
などに、苦しんでいた。

不況とインフレが同時進行するスタグフレーションに陥り、成長の方向性を
見失っていたのだ。 苦境のさなかにあった、1974年。

ワシントンのとあるレストランで、後に、アメリカ経済の在り方を、大きく変える
事になる逸話が生まれた。 テーブルの上のナプキンに描かれた1本の曲線。

後に言われる、ラッファーカーブ だ。 生みの親、ラッファー博士は、当時の
政府関係者たちを前に、こうアイデアを説明した。

税率と税収の関係は、デリケートだ。

税率を、ある水準以上に高くすると、人々のやる気を失わせ、税収は下がって
しまう。 大事なのは、最も税収を高くできる税率に設定すること。

そうすれば、減税しても、税収が増える可能性はある。

いたずら書きのような、1本の曲線が示す、冗談のような話し。

これが後の80年代、なお赤字に苦しむアメリカ政府の政策を支える理論的な
根拠となる。 減税しても税収は確保され、民間の自由な活動を促せば、
経済は活性化される。 後の、レーガノミクスだ。

くしくもラッファーカーブ誕生と同じ74年、新自由主義の理論的支柱ともされる
ハイエク(1899-1992)は、ノーベル経済学賞を受賞した。

70年代は、経済学の主役交代の時代でもあった。

スタグフレーションの中、その有効性に疑問符が突きつけられた、ケインズの
(1883-1946)影響力は影を潜め、代わって、ハイエクの威光を受けた
フリードマン(1912-2006)が表舞台に登場する。 彼は言った。

‘市場にお金を投入せよ、富は、したたり落ちる’ と。

大蔵省出身の異端の経済学者は、言う。

“実体経済の量的拡大が止まった後は、誰が儲けるか?という話しになった”

“今度はモノを作るよりも、それ以外のところで儲からなければいけないので
金融の世界の中で儲けよう、儲けたいという圧力、あるいは欲望が、ちょっと
擬人化して言えば、資本の中に生まれて来て、あるいは資本家の中で生ま
れて来て、資本市場の発展で、どうやって増やすか?と”

こうして迎えた、80年代。 70年代にまかれた種が、一斉に開花する。

自由競争、そして、金融経済の加速だ。

お金はモノを交換するためではなく、お金自体を増やすためのものに変わった
かのようだった。     コロンビア大学教授は言う。

“80年代、アメリカや各国で市場経済のルールの書き換えが始まった”

“不平等を加速させるルールへの変更だった”

“人々は利益を求め、短期主義に走ったのだ”

富を生むルールの変更。 それは、思わぬ副産物を、もたらす事になる。

イギリスの中央銀行で金融政策委員も務める経済学者は、言う。

“私たちは当時、情報通信革命が訪れる事を、まだ知りませんでした”

“マイクロソフトは1970年代後半に創設され、コンピューターが幅広く使われ
始めました”

“80年代の新たな全く異なるタイプの、産業構造への道が開かれました”

“コンピューターの登場による新たな産業構造は、グローバルに広がりました”

“現在に至る、無形資産の潮流とともにね”  形なき資産?それは一体、何?



ビジネスに必要なポイントカード!
楽天サイト内と外でポイント貯まる!
楽天カード (年会費永年無料)
楽天ポイントがプミアムに貯まる!
楽天プレミアムカード (年会費永年無料)
アンケートで楽天ポイントが貯まる!
楽天リサーチ
ウェブ検索で楽天ポイントが貯まる!
楽天ウェブ検索

起業とネットビジネス
● 会社や組織に属さない新しい働き方とは?
● お金をかけずに起業するには?
● 元手をかけずに1人で事業を起こすとは?
● 起業や開業に必要な初期費用とは?
● ネットワークビジネスも審査が必要とは?
● ブログでお金を稼ぐテクニックとは?
● 7つの習慣の原則とは?
● 成功する秘訣の共通点とは?
● 副業して収入を増やす方法とは?
● 転職や再就職の心構えとは?
● 会社を辞めてプチ起業するとは?
● フリーで働くノマドワーキングとは?
● 主婦の仕事にアフィリエイトとは?
● スマホやケータイで儲けるとは?
● 電子マネーのお金を増やすとは?
● ネットワーカーという新しい仕事とは?
● ネットワーカーの新しい働き方とは?
● 週休3日の導入は広がるのか?
● 週休3日の働き方とは?
● 週休3日制度の改革とは?
● 脱・非正規のチャンスとは?
● 正社員化とは?
● さまざまな人材を正社員にするとは?
● 好景気バブルの再来なのか?
● 世界同時株高になるのか?
● 短期の景気回復とは?
● コンビニの飽和時代とは?
● コンビニの激化するサービス競争とは?
● 中古品アプリで消費が激変とは?
● フリマアプリの急速な普及とは?
● インスタグラマーで儲けるとは?
● 動画を投稿して稼ぐユーチューバーとは?
● ゲームが仕事?プロゲーマーとは?
● データサイエンティストとは?
● 現金を持たないキャッシュレスとは?
● キャッシュレス化が進むとどうなる?
● キャッシュレスは本当に便利なの?
● キャッシュレスで現金が不要になる?
● 電力買取制度の問題とは?
● 世界を覆いつくした資本主義とは?

このサイト内で検索する
安心して買い物できるオフィシャルサイト
大きいサイズのレディース服専門通販
ハッピーマリリン
肌着・下着・インナーが豊富に揃う!
グンゼ公式通販
毛髪を育む薬用育毛エッセンス!
メディカライズ スカルプエッセンス<医薬部外品>
女性のための薬用育毛剤!
ハーバー(HABA)薬用 麗豊(れいほう) 女性用育毛剤
自宅でカラダを動かす幸せを!
KATION SPORTS & WELLNESS
現地オプショナルツアーならベルトラ!
Finland Top Page
旅行用品の専門サイトです!
トラベラーストア
テレワークやおうち時間にメガネを!
・ゾフ公式オンラインストアサイトトップ
バルミューダの空気清浄器でウイルス対策!
ベルメゾンネットで販売中!
パソコンを買うなら豊富な品揃えのデル!
Dell G top page
大切な個人情報を守る!
ウイルス対策はノートン!
フルラインナップスポーツ用品専門店です!
スポーツオーソリティ(SPORTS AUTHORITY)公式通販サイト
毎日どこかでTVCM中!総合テレビ通販!
ダイレクトテレショップ
オンラインストアだからこそ豊富な品揃え!
ニューバランス公式オンラインストア
ロフトネットで新しい生活を始めよう!
ネット限定アイテムも!「文房具の会」開催中!
ガンプラ買うならプレミアムバンダイ!
プレミアムバンダイ
フォトブック作成やプリントサービスもOK!
フジフイルムフォトブック
ソースネクスト
・Zoomの会議を自動録画できる全録KAIGIO

健康を考える人の食事は、こちら!
糖質を控えたい方、塩分を控えたい方
脂質を控えたい方、ダイエット食品
たんぱく質を控えたい方、ヘルシー食品
ニチレイフーズダイレクト です!!
プロフィール

幸二郎

Author:幸二郎
当サイトはリンクフリーです。